fc2ブログ

オシラサマの祭日について

DSC_8230-7g2-s.jpg
マッスに挑む 今朝11月29日 蕪栗沼

今日もオシラサマについての話の続きですが,特にオシラサマの祭日について書いてみたいと思います。
オシラサマについては,あの柳田國男も「大白神考(おしらがみこう)」であれやこれやと逡巡しながらだらだらと文庫本で219ページ余りも書いています。それだけ難しいんだと思います。親友ニコライ・ネフスキーが突然ロシアに帰ったと思ったら,全く音信不通になり,結局はスターリンの粛清で彼も,そして妻のイソさんも殺されていたと分かったのは昭和26年頃ではなかったでしょうか。オシラサマでつながっていたネフスキーと柳田。もう躊躇はしていられない。ネフスキーの深い学問を思い出の国,日本で残してあげたい。そう柳田は決心して書き始めたのでしょう。

まずはオシラサマの岩手県での分布図からです。
1591085241オシラサマ
「岩手のオシラサマ分布図」いちのせき市民活動センター「伝説調査ファイルNO.6「オシラサマ」」から

岩手だけではなく東北六県,更に全国的にオシラサマとは言わなくても同じような信仰が残っています。これは,すっかりオシラサマが養蚕だけではなく,庶民の生活そのものまで浸透していたといってもいいでしょう。つまり祈祷,占い,神降ろし等を執り行う巫女によって村の津々浦々まで入り込んでいたのでしょう。大正九年のネフスキーの登米市来訪に伴い,高橋清治郎が見つけただけでも佐沼中心に六人の巫女がいて,すべてオシラサマを祈祷や神降ろしに使っていたのですから,大正になっても信仰の一般化がかなり進んでいたと思われます。そしてその信仰が女性中心に行われていたと言うことも生活に深く入り込んでいたと思わせます。
さあ,そこでオシラサマの祭日です。これがいろいろですが,およそ「正月十六日」「三月十六日」「九月十六日」の三回になるというのです。年に三回も祭日があること自体が珍しいです。
まず,「正月十六日」ですが,「オシラサマ遊び」の日です。当然十六日は月齢16ですからその年の初めての望(満月)の次の日だということで,農村ではこの日にその年初めての墓参りが行われます。仏の正月です。女達の月暦による講の活動がいよいよ始まる意味もあるのでしょう。この日女達は集まり,オシラサマの衣裳を新しい衣裳にします。今までの来ていた衣裳の更に上に着せてあげます。そしてオシラサマと一緒に遊び,お茶を飲み,楽しく食べながら時を過ごすのです。この儀式にはどこか女達の,御先祖様を祭る儀式と重なるような気がします。
では「三月十六日」はどうなのでしょうか。三月もやはり満月の沈んだばかりの日です。わたしは三月が春彼岸と山の神を祭る(こちらでは三月十二日)女の講と結びついているような気がします。春彼岸に入りますと,まず村の女達は巫女を呼び,今年の作柄を占ってもらったり,口寄せの先祖の話を聞きます。そして無病息災を祈ってもらうのです。そしてお彼岸中日に百万遍念仏を行います。

そこでわたしは新田の石碑の建立月を調べてみました。
石碑月別建立数
迫町新田の石碑月別建立数

三月と九月が飛び出て多いことに気付きます。その内,約半数は馬頭観音です。ただ,断わっておきますが,オシラサマに関係した石碑はありません。あくまで石碑の全体的な数と馬頭観音碑と関係づけているだけです。
九月はどうでしょう。九月十九日は特にいろいろな寺社の祭日が集中しています。そしてこの日九月十九日に馬頭観音建立数がずば抜けています。下の図を見て下さい。
図1
九月に建てられた石碑の建立月日調べ

オシラサマもこれらの三月の春彼岸,九月の秋彼岸を中心とした寺社祭日に同じように祭られます。農作神の迎えの三月,お帰りの九月,そして作を占う正月とオシラサマも祭られていきます。社会を支える女達の手によって祈られ,巫女という女によって祭礼は執り行われ,山の神信仰を支える女達によって深く信仰されたオシラサマです。

この話はつづきます

スポンサーサイト



オシラサマとは何か

今日はネフスキーが情熱を傾けた「オシラサマとは何か」と題して書いてみます。もちろん以前にも「オシラサマ」についての記事は書いてきましたが,さらに詳しく書いてみます。

DSC_7787-7gss.jpg
今朝11月27日のガンの飛び立ち 内沼

20140918064505363オシラサマ
遠野伝承園のオシラ堂

私たちが初めてオシラサマという名前を知ったのはやはり「遠野物語」でしょう。その遠野物語六九がオシラサマです。早速引用してみます。
六九 今の土淵村には大同(だいどう)という家二軒あり。山口の大同は当主を大洞万之丞(おおほらまんのじょう)という。この人の養母名はおひで、八十を超こえて今も達者なり。佐々木氏の祖母の姉なり。魔法に長じたり。まじないにて蛇を殺し、木に止まれる鳥を落しなどするを佐々木君はよく見せてもらいたり。昨年の旧暦正月十五日に、この老女の語りしには、昔あるところに貧しき百姓あり。妻はなくて美しき娘あり。また一匹の馬を養う。娘この馬を愛して夜になれば厩舎(うまや)に行きて寝(い)ね、ついに馬と夫婦になれり。或る夜父はこの事を知りて、その次の日に娘には知らせず、馬を連つれ出して桑の木につり下げて殺したり。その夜娘は馬のおらぬより父に尋ねてこの事を知り、驚き悲しみて桑の木の下に行き、死したる馬の首に縋すがりて泣きいたりしを、父はこれを悪にくみて斧をもって後うしろより馬の首を切り落せしに、たちまち娘はその首に乗りたるまま天に昇のぼり去れり。オシラサマというはこの時より成りたる神なり。馬をつり下げたる桑の枝にてその神の像を作る。その像三つありき。本もとにて作りしは山口の大同にあり。これを姉神とす。中にて作りしは山崎の在家権十郎ざいけごんじゅうろうという人の家にあり。佐々木氏の伯母が縁づきたる家なるが、今は家絶えて神の行方ゆくえを知らず。末すえにて作りし妹神の像は今いま附馬牛村にありといえり。

この話は「馬娘婚姻譚」と呼ばれ,唐の「捜神記」や「博異記」にすっかり同じ物語があるそうで,唐時代に中国にあった話が日本に伝わったと考えられます。佐々木喜善のこの話では大同という古い家での出来事ですが,おしら祭文などではよく長者伝説に乗っかった設定で語られもしています。ちなみにこの話では蚕の話は全く出てこないで,馬を吊したのが桑の木であったということしか書いてありません。娘がいなくなって嘆き悲しむ父の夢枕に娘が嘆き悲しむな臼の中に蚕の種を入れて置いたのでわたしのように可愛がってという続きの話があります。
とにかくオシラサマを見てみましょう。
遠野大晦日 514-2s
遠野ふるさと村に再現された古民家の仏壇に置かれていた二体のオシラサマ

このようにオシラサマは二体で一対が多く,男神と女神です。よく見ると男の方は頭の上に耳が立っていて馬です。物語の通りにつくられています。ネフスキーは宮城に来る途中磐城四ツ倉に立寄り,福島の神明(しんめい)様が形態上オシラサマと同じであったことを突き止めました。柳田國男はこのネフスキーの調査の情熱を讃え,その情熱を引き継ぐべく「大白神考(おしらかみこう)」を書きました。オシラサマは福島沿岸,会津ではシンメ(神明)サマ」と呼ばれ,宮城や山形東地域では「トデサマ」(尊い方という意),羽黒庄内地域では「オコナイサマ」(行法を「おこなう」という意)と云われているのです。これらはすべて信仰の御神体がオシラサマの形体と同じ点から導き出されたのでした。ちなみにネフスキー自らが採集した佐沼では「オシラサマ」で峠一つ越えた南三陸新井田では「オコナイサマ」です。更に仙台ではオシラサマのことを「オトートサマ」と呼ぶのだそうです。この呼び方だけでも地域変異が大きいことがオシラサマの解明を難しくしていました。
オシラ3-トリミ
本山桂川「日本民俗図誌」第二冊から岩手のオシラサマ 
下の段に「延宝五年」と記されているが,確認されたもので一番古いのは天正十五年だそうである

更に養蚕業と結びつき,蚕の神様となることで更に複雑な信仰様相を呈してきたのでしょう。ネフスキーは,手紙の中でオシラサマは「お知らせ」ではないかと踏んでいます。つまりオシラサマを扱う巫女達が吉凶を占う卜占(ぼくせん)の役割も担っていた点からの考えですが,やはり慧眼でしょう。日本を訪れ,柳田と初めて会ったのが大正四年だと柳田は回想していますが,民俗学黎明期のネフスキーの存在は複雑な様相を呈していたオシラサマの研究に果敢に挑み,大きな成果を上げていったことは特筆すべきことだと思われます。そして当地,宮城登米地方でネフスキーの研究を更に進めさせた高橋清治郎の存在も大きいものがあります。高橋清治郎の功績はもっともっと登米の皆さんに知ってほしいことは,石井正己氏が当地の講演で繰り返していたことでした。

このオシラサマの解明は変異を繰り返し,様々なバリエーションが存在していますが,
・正月,三月,九月の十六日がオシラサマノ祭日ということの解明
・長者伝説等の物語の伝播や説教節への発展経路の解明
・オシラ遊びという遊ばせる神様の意味
・巫女によって支えられていたオシラサマ信仰の解明
などをまた扱っていきたいと思います。

この話はつづきます

ネフスキーは,佐沼で何を調べたか

DSC_1833-7gs.jpg
冷えた朝 内沼

先回はニコライ・ネフスキーが大正九年八月二十八日と二十九日,佐沼にやって来て高橋清治郎の手助けを受けて,口寄巫女オカミン)に会い,調査した。夜は高橋宅に一泊した。口寄巫女の両手にはオシラサマがあった。オシラサマが神を降ろす重要な依り代であったのだ。ネフスキーはこの時「オシラサマ」の研究に熱中していて,大正九年の2月以来から調査を重ねていた。佐沼での調査が終わり,遠野の佐々木喜善を訪ねて小樽へ帰った。そしてすぐの九月九日,髙橋清治郎にお礼の手紙を書いている。(下図)

ネフスキーからの手紙5
ネフスキーからの手紙5-(1)
そして史料番号(4)の九月二十七日付けで更に写真を撮って送ってもらう旨の手紙をよこしている。

ネフスキーからの手紙4

さて,佐沼に来たネフスキーは口寄巫女オカミン)に会って,何を見、何を感じたのでしょうか。
九月二十一日付の柳田國男への手紙に書いてあります。ちょっとオシラサマのその部分を読んでみましょう。
(前略)一、佐沼町黄金町にゐる伊藤さよのもの
  御神体は一本しかない。真竹でできている。(以下も皆同じ)もう一本があったがゆずりましたって。御衣裳は五色の絹(毎年一枚ずつ掛ける・重に赤い)。本当は無地ですが,模づきあるのは皆あげられたものだ。オシラサマは神づけの時の幣束を入れたものです。祈念の時之を用ゆ。仙台ではオシラのことをオトートサマといふそうです。
一、佐沼町松栄寺内の遊佐かめよのもの二体。こしらへ方は同様。祭日は正月十六日。その日には新しい御衣裳の一枚を掛ける。オシラサマは淤母陀琉(おもだる,か?)の命と訶志古泥(かしこで,か?)の命である。あるオカミンが廃業してオシラを川へながした処が,さかさに流れたから(下流の方へ)又拾っておわびしましたと云う話もありました。かめよのつき神は不動尊です。
一、佐沼町丸の内、永浦たまきのもの
オシラは二体。御衣裳は全部モスリン。御祭日は旧暦の十二月十七日(新しい切れ一枚を掛ける)。御祈祷の時に之を用ゆ。その時つき神のお守り(お札)を出す。オカミンのつき神は塩竃大明神である。
一、南方村字十三間町の高橋綾寿一の家にあるもの(右の人はめくらです。妻はオカミンだったが先年死んだ)
切れは五色の絹。頭は秘密になって居りますが実は頭の方へ縫い針を入れるのです。オシラはイザナギとイザナミだそうです。(右は高橋翁の調査に依る)
一、佐沼町横町にゐる高橋みののオシラ
体数―二体。長さ―一尺斗り。木―真竹。きれ―紅い絹。(きれの)長さ―二尺四寸(二つに折って掛けるもの)。幅―一寸五分位。
両尖は裂いてある。これを頭から掛けるので頭が見えません。頭は鞠のようでは円くって平つたいまめです。恰も一銭の銅貨を二枚重ねて竹の上へ乗せた様に見える。則ち(図の如く)。縁日は十月十七日と正月十七日。
頭の方へはハナエの三四粒が入ってゐるそうです。オシラは八百万神を代表するものだそうです。神憑(かみつけ)の時に持っていた幣束に師匠が絹の切れを結附けて与へたものだそうです。右のオカミンの憑神は木花さくや姫だそうです。憑神祭は毎月十二日に行ふ(重に三月と十月)。稀にオシラの只一本だけを有っているオカミンもある。之は宗旨によって違うのだそうです。右のオカミンの宗旨は日蓮宗です。
オカミンと云う言葉を人民が使うだけ、彼等連はお互いにミコと云ふ名前で呼ぶそうです。
高橋清治郎の有っている宝永二年の記録には和歌と書いてあります。(伊能氏の話では遠野でもイタコを丁寧に呼ぼうとする場合、必ずオワカサマと云ふそうです)。
一、佐沼町横町にゐる目々沢サダヨのオシラ、やはり二本。作り方は前と同様です。少しく力を入れると頭が動きます。竹の棒に、確かに御幣が巻き付けられてゐる。下から見ると頭の中へ真綿が入ってゐる。オシラの祭は正三九月の十七日。正月の祭には必ず絹一枚を掛ける。オカミンの憑神は大泉の千手観音だそうです。(憑神祭は正月八日と九月八日)前祈祷の時はオカミンの前に供えてあるオハナエへオシラ二本を挿して弓をたたき,数珠をすりながら降ろしますのだそうです。
一、佐沼町黄金町にゐる伊藤さよのもの  
一、佐沼町松栄寺内の遊佐かめよのもの二体。
一、佐沼町丸の内、永浦たまきのもの
一、南方村字十三間町の高橋綾寿一の家にあるもの
一、佐沼町横町にゐる高橋みののオシラ
一、佐沼町横町にゐる目々沢サダヨのオシラ、
たった一日で六人もの巫女を調査している。二月から調査を依頼されていた高橋清治郎の支援も大きかったと思われる。

この話は続きます


ネフスキー,佐沼で高橋清治郎と会う

DSC_2444-7gs.jpg
栗駒山をバックに乱れ飛ぶ

ニコライ・ネフスキーはオシラサマの研究で登米にやってきて佐沼に居た「おかみん(口寄せ)」に会います。
その手はずを整えたのは,先に佐沼を訪れた柳田國男をお世話した高橋清治郎でした。ネフスキーは二月に高橋清治郎に手紙を送り,是非口寄せの持っている「オシラサマ」を調査したいと次のような依頼をしていたのでした。 

ネフスキーからの手紙6
ネフスキーから高橋清治郎への手紙 大正九年二月二十二日付け

この手紙に依ればネフスキーの家に居る女中が登米郡迫町佐沼出身で,巫女(おかみさん)がわたしが住んでいた佐沼にもいた。そして祈祷するときには「オシラサマ」を持っていたとネフスキーに証言したわけです。さて,登米郡といったら「高橋清治郎君」にお願いすればなんとかしてくれると柳田國男がネフスキーにアドバイスしたのでしょう。そして上のような手紙をしたためたのです。高橋清治郎は二つ返事で快く引き受けたと思われます。
そしていよいよ東北に出発です。柳田國男と一緒に東京を8月2日に出る予定だったかもしれません。しかし,ネフスキーは歯痛で苦しみ,やっと8月24日になって朝,東京を出たのでした。この時には柳田はもう久慈や釜石辺りまで進んでいました。
ネフスキーの伝記を書いた加藤九祚の「天の蛇」から,東京を出た後のネフスキーの動きをまとめてみます。
8月24日 常磐線四ツ倉駅下車 人力車で玉山温泉泊
8月25日 高木誠一を訪れる
8月26日 四ツ倉駅に近い上仁井田の御堂,鬼越の橋本家のオシラサマ調査 仙台へ移動 仙台泊
8月27日 石巻へ 石巻泊
8月28日 佐沼の高橋清治郎氏と会い,巫女(おかみん)調査  佐沼か高橋清治郎氏宅か

この佐沼での様子は,高木誠一氏への手紙(9月18日付)から知れる。
宮城県へ行って佐沼町付近にて幾度もオシラサマの御神体を拝みました。其の当地のオシラサマは,皆真竹の棒(一尺ばかり)に,上から沢山の絹片を着せたもので(重に二体ですがたまには一体のもあります),頭が見えませんです。巫女(オカミサン)が神オロシする時にのみ之を用います。オカミサンの前に供へてあるオハナエへ之をさして,弓をたたき長い数珠をすりながら神をおろします。オカミサンに言わせると,右のオシラ(又はオシナとも言ふ)は,神ツケする時の巫女の持つ御幣なんだそうです。小生の調べた御神体には実際幣束の跡が見えます。御神体の頭は少し変だと思いました。真丸いマリの様なものではなく,丸くて平つたいのです。丁度一銭の銅貨を二枚重ねて竹の上へ置いたように見えます。力を加へると少し動きます。
8月29日 高橋清治郎氏と一緒か
8月30日朝東北本線で花巻へ 午後3時遠野「高膳旅館」へ泊まる

ここからのネフスキーの様子は佐々木喜善の日記に書いてあるのでもう一度引用しておきます。

佐々木喜善の日記に出て来るネフスキー
八月三十一日 晴 八戸ヲ立チ、夕方遠野に着、夜家ニカヘル。トコロガ町ニネフスキー君ガ来リイルト云フ。
            明日タマヲ迎ヘニヤルコトトスル。
九月一日 ネフスキー君来ル。会フ早々学問話に耽ル。
九月二日 ネフスキー君滞在ス。
九月三日 晴 ネフスキー君ヲ送ツテ停車場マデ行く。伊能氏モ来ル。
         (刑事が外国人のネフスキー氏が何のために遠野に来たのかを探っている)

ここからはまた「天の蛇」から引用します。
9月4日 函館に着いて2泊
9月6日 移動
9月7日 小樽に帰る

これはつづきます

雨に祟られた柳田國男の宮城旅行

DSC_1823-7gs.jpg
今朝氷点下4℃の内沼

今朝は氷点下4℃
内沼に行った。ハスがない沼はマガン達が好き勝手に充満しているという雰囲気だ。
ハスがない分だけ鳥も居住空間が広がるようですごい数に膨れ上がっている。

DSC_2095-7gs2.jpg
今朝氷点下4℃の霜が降りた田んぼ

さて今日のタイトルは「雨に祟られた柳田國男の宮城旅行」
先回柳田國男が大正9年8月に東北を旅行したその日程などを書いたが,どうも特に宮城県に入ってから雨に祟られていたようだ。そのことを今日は書いてみたい。

大正9年8月4日天気図トリ
国会図書館 大正九年八月の天気図から8月4日

8月4日は柳田國男が仙台に着いた。
ところが柳田を追うように伊勢湾には台風が迫っていた。この台風が東北地方を直撃して大きな被害をもたらすのです。鉄道も8月10日から12日まで不通となる程の被害だった。柳田國男の「雪国の春」所収の「豆手帖から」(東京朝日新聞八・九月)が東北旅行の様子が書かれている。ざっとその連載の小見出しを載せてみる。
仙台方言集
失業者の帰農
子供の眼
田地売立
狐の罠
町の大水
安眠ご用心
古物保存
改造の試み
二十五箇年後
町を作る人
蝉鳴く浦
おかみんの話
処々の花
鵜住居の寺
樺皮の由来
礼儀作法
足袋と菓子
浜の月夜
さて台風に祟られた宮城入りとなった柳田國男だったが,仙台から石巻と進む。そして自動車で渡波へ進み,「中一日おいて次の日は十五浜からの帰りに発動機船に乗って大雨の小やみの時に釜谷の部落を見ようとして甲板に立つ」(「子供の眼」)とある。そして飯野川である。「町の大水」はまさしく台風被害を受けて洪水に見舞われた登米か,佐沼か,一関付近である。「安眠御用心」は蚤シラミで眠ることができない旅館の一夜を憂いている。洪水被害の大きい時に柳田國男は,佐沼辺りで髙橋清治郎と会っていたはずである。

大正九年8月10日朝まで雨トリ
大正九年8月10日の天気図 台風による洪水被害で鉄道も止まってしまった


大正9年8月 
正午の天気図
天気
(石巻)
    
4日台風接近
5日台風接近
6日台風
7日台風
8日台風
9日台風
10日晴れ鉄道不通
11日鉄道不通
12日晴れ
13日
14日快晴
15日快晴
16日快晴
17日快晴
18日快晴
19日快晴
20日快晴
21日
22日
23日快晴
24日
25日
26日霧 曇
27日晴れ
28日
29日快晴

ちょうど宮城県に入ると台風の影響を受けて,柳田國男は実に難儀するのです。髙橋清治郎との出会いも雨の可能性が大きいです。それも洪水の中の出会いの可能性も出て来ました。ちょっと可哀想な気がします。

のちにこの天気一覧と柳田國男の旅行日程と合わせてみますが,「失業者の帰農」「子供の眼」「田地売立」「狐の罠」「町の大水」「安眠御用心」「古物保存」「改造の試み」「二十五箇年後」「おかみんの話」辺りが宮城県の話である。
とにかく折角宮城県に来たのに,雨に祟られたとは残念。