FC2ブログ

銀河鉄道の夜-届いていた通信-

IMG_2555.jpg
10/20「銀河鉄道の夜」朗読

DSC_8222-2ss.jpg
「銀河鉄道の夜」朗読

10/20 16:30~20:30宮沢賢治「銀河鉄道の夜」を読む会が行われ,行ってきました。この頃注目の『宮澤賢治 愛のうた』の著者澤口たまみさんの話が聞けるということで楽しみにしていました。『宮澤賢治 愛のうた』で澤口さんは大正11~13年の賢治には相思相愛の恋人がいたこと,そしてその恋愛が「春と修羅」や当時の作品に密かに,しかし確かに表現されていることに着目します。その新しい切り口は凝り固まった賢治解釈の中に五月の春の風を思わせるような新鮮な息吹を吹き込んだように思います。

さて「銀河鉄道の夜」はさすがに朗読すると長く,休憩以外の時間は予想通りすべて朗読にあてられることになりました。もう少し澤口さんの「銀河鉄道の夜」の中に見られる賢治の恋愛についての読み解きを聞いてみたいと思いました。今後の澤口さんの読み解きに期待したいと思います。当然のことですが会場の皆さんとの意見交流の場も殆どなくなり,互いに今後の宿題として次回の第3回に期待することとなりました。

深山牧場 053s
純粋な心。ひたむきさ。願いの美しさ。透明さへの希求。

私自身「銀河鉄道の夜」を読んでいて,理解できなくて何回もひっかかる箇所が特に第一次原稿の中にあります。まず一つ目は黒い大きな帽子をかぶった大人の人の存在です。二つ目はブロニカ博士とのやりとりの削除です。
まず,カンパネルラが汽車から突然いなくなった後の文章です。最終稿では削除されていますが大変気になります。

そしてそこには「黒い大きな帽子をかぶった青白い顔の瘠せた大人がやさしくわらって大きな一冊の本を持ってい」た場面です。この部分は初期形から残っていましたが最終形では削除されています。不思議なのはこの黒い大きな帽子をかぶった青白い顔の瘠せた大人が語り聞かせる内容です。その部分を引用してみます。
けれども、ね、ちょっとこの本をごらん、いいかい、これは地理と歴史の辞典だよ。この本のこの頁はね、紀元前二千二百年の地理と歴史が書いてある。よくごらん紀元前二千二百年のことでないよ、紀元前二千二百年のころにみんなが考へてゐた地理と歴史といふものが書いてある。だからこの頁一つが一冊の地歴の本にあたるんだ。いゝかい、そしてこの中に書いてあることは紀元前二千二百年ころにはたいてい本統だ。さがすと証拠もぞくぞく出てゐる。けれどもそれが少しどうかなと斯う考へだしてごらん、そら、それは次の頁だよ。紀元前一千年だいぶ、地理も歴史も変ってるだらう。このときは斯うなのだ。変な顔をしてはいけない。ぼくたちはぼくたちのからだだって考だって天の川だって汽車だってたゝさう感じてゐるのなんだから
この文章は何を言っているのでしょう。分けて考えてみます。
①この頁はね、紀元前二千二百年の地理と歴史が書いてある。
②よくごらん紀元前二千二百年のことでないよ、
③紀元前二千二百年のころにみんなが考へてゐた地理と歴史といふものが書いてある。
これはひと頃よく言われたトマス・クーンのパラダイムのことを言っているようです。普通に歴史や地理の理論はその時代その時代の考え方を土台として書かれている。一つの概念が真理として何千年も続くことはない,考え方は時代時代の枠(パラダイム)で変わるものだ。だから永遠の理論はない。歴史はある法則で繰り返すように見えたりするが,実は一回性のものであってその時その時で断絶している。つまりこの世で繰り広げられる出来事は脈絡のない夢のように明かりが点いては見えて,明かりが消えてはなくなっていく。それぞれが独立していて互いに関連性はないということです。このように考えると次の文章が分かりやすくなります。
そのひとは指を一本あげてしづかにそれをおろしました。するとジョバンニは自分といふものがじぶんの考といへものが、汽車やその学者や天の川やみんないっしょにぽかっと光ってしぃんとなくなってぽかっとともってまたなくなってそしてその一つがぽかっとともるとあらゆる広い世界ががらんとひらけあらゆる歴史がそなわりすっと消えるともうがらんとしたたゞもうそれっきりになってしまふのを見ました。だんだんそれが早くなってまもなくすっかりもとのとほりになりました。
まとめると次のように言えるでしょう。
この世で起きることはすべてが関連性もなくばらばらで仮の姿として見えてくる。これが生々流転の意味ではないでしょうか。この世の現実にあまりに固執しすぎては迷いを生じ,三毒の泉に溺れることになる。三毒とは貪=むさぼり(欲深く物をほしがる、際限なくほしがる)、 瞋=怒り(自己中心的な心で、怒ること、腹を立てること)、癡=迷妄(物事の道理に暗く実体のないものを真実のように思いこむこと)です。賢治はこうした考え方で辛い現実をなんとか収めようと格闘していたのだと思います。


随分長くなりました。今日はまずこの辺で終わりにします。続きはまた書きます。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

月を眺めて

DSC_4813-2-1tr-s.jpg
見する窓

1014日の満を撮って,次の日も同じ場所に行ってみた。するとが出る方位が一日だけなのに随分違うなと改めて感じた。太陽は確か0.3°ずつぐらいで動くのであまり移動している感じは受けないがは一日ごとに大きく動いている。
そこでどれぐらい移動しているのかを調べてみた。するとは一日でおよそ5°ずつ移動していることが分かった。5°は大きいと思う。ちなみにこの5°を全周360°で割ると360÷5=72で七十二節気はこれに由来しているのかなとか根拠もないことを思いながら「あれ」と思いました。
下線部の10/20の月の出を境に北側から出ていた月がまた東側に移動し始めているのです。月の出の方位角は10/15から一日ごとに77,72.67,63,62,61,60と北に移動していきます。これらの方位角は北を0°として北から77°,北から72°と方位を読みます。真東が90°となります。そして下線部の10/20の60°を最北にしてまた東進していくのです。

月の出入りの方位角
月 日 月出(方位)月没(方位) 正中(高度) 月齢
10 1 08:00 (103)   19:10 (254)  13:39 ( 39) 1.9
10 2 09:11 (109)  19:48 (248)  14:33 ( 35) 2.9
10 3 10:19 (114)  20:29 (244)  15:27 ( 31) 3.9
10 4 11:24 (118)  21:15 (241)  16:21 ( 29) 4.9
10 5 12:22 (120)  22:05 (240)  17:14 ( 28) 5.9
10 6 13:15 (120)  22:59 (241)  18:06 ( 28) 6.9この上弦の月で東に最大30°
10 7 14:00 (118)  23:55 (243)  18:56 ( 29) 7.9
10 8 14:40 (115)  ** ** (***)  19:44 ( 32) 8.9
10 9 15:14 (111)  00:52 (246)  20:29 ( 35) 9.9
10 10 15:45 (106)  01:49 (251)  21:13 ( 39) 10.9
10 11 16:13 (101)  02:47 (256)  21:55 ( 43) 11.9
10 12 16:39 ( 95)  03:44 (262)  22:36 ( 48) 12.9
10 13 17:05 ( 89)  04:41 (268)  23:18 ( 53) 13.9
10 14 17:31 ( 83)  05:38 (274)  24:00 ( 58) 14.9満月
10 15 17:59 ( 77)  06:37 (280)  ** ** (***) 15.9
10 16 18:30 ( 72)  07:36 (286)  00:43 ( 62) 16.9
10 17 19:04 ( 67)  08:37 (291)  01:29 ( 66) 17.9
10 18 19:44 ( 63)  09:39 (295)  02:18 ( 70) 18.9
10 19 20:30 ( 61)  10:40 (298)  03:09 ( 72) 19.9
10 20 21:24 ( 60)  11:39 (300)  04:03 ( 74) 20.9この下弦の月で北に最大30°
10 21 22:25 ( 62)  12:34 (299)  05:00 ( 74) 21.9
10 22 23:32 ( 65)  13:23 (297)  05:57 ( 72) 22.9
10 23 ** ** (***)  14:07 (292)  06:53 ( 69) 23.9
10 24 00:42 ( 70)  14:46 (287)  07:49 ( 65) 24.9
10 25 01:55 ( 76)  15:22 (280)  08:43 ( 60) 25.9
10 26 03:08 ( 84)  15:56 (272)  09:37 ( 54) 26.9
10 27 04:21 ( 91)  16:29 (265)  10:30 ( 48) 27.9
10 28 05:34 ( 99)  17:03 (258)  11:23 ( 42) 28.9新月
10 29 06:47 (106)  17:40 (251)  12:17 ( 37) 0.5
10 30 07:58 (112)  18:20 (246)  13:12 ( 33) 1.5
10 31 09:06 (117)  19:04 (242)  14:07 ( 29) 2.5

数字だけでは分かりにくいので下に図にしてみました。
月の往復運動2説明
月の往復運動

月の運動は東を中心として北へ30°,南へ30°の方位の範囲を往復しているんですね。
実はこのことを実際知りませんでした。月の写真は何回も撮っているのに,基本的なことを知らなかったんです。今後は月の出方についてこのことを役立てて行きたいです。

DSC_9119-2gs.jpg
内沼の月

さて昨日は「即位礼正殿の儀」でしたが,10月22日という日付の決定はどのようにされたのでしょうか。
このような月の運動と関係があるのか,それとも昨日が旧暦の9月23日だからか,こうした暦と結びついているんだろうなあと思いました。

夕方 2013-02-13 011-2gs


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

新・遠野物語シリーズについて

DSC_7025-2gs.jpg
新・遠野物語-龍神,蛇王とは立ち昇る雲か-

今日もいきなり「龍神,蛇王とは立ち昇る雲か」というサブタイトルを付けてしまいましたが,要するに昔の寺や神社の縁起や由来等に書かれている変わった現象を自然現象で読み解くことができるのではないだろうかというのが,このシリーズの発端でした。

一枚目の写真は日の出の写真を撮っているときでした。谷から立ち昇る雲が変幻自在に動いては消えていく様を見て,ふと龍神や蛇王と崇められる水の神がこのように姿を現わして天に昇っていったのではと気付いたのでした。もちろん頭の中に,龍神が金星の下,午前三時に聖なる水を吐くという伝説(山本ひろ子「変成譚」龍女成仏の話)があって,それと風景とがつながって気付いたというだけなのですが・・・。
以前に取り上げた羽黒山縁起の中に蜂子皇子が三本足の烏(ヤタガラス)に導かれて霧の中に仏様を見たという現象も自分も山に登ったときに見たブロッケン現象に似ている,いやブロッケン現象のことを言っていると確信した時には嬉しく思いました。
また,お彼岸の中日に沈む太陽が紫の雲に懸かる時,そこに阿弥陀如来が現われるという話も実際に撮ってみると光芒と山塊と雲が不思議な光景をつくることも分かりました。その素晴らしい光景を昔の人が阿弥陀如来が現われる姿と見たことが分かるような気がしました。

このように「新・遠野物語シリーズ」は歴史的な記述と自然現象とを関連づけて,古代中世の風景を今に再現できるのではないかという意図で撮影を続けています。

DSC_7428-2s.jpg
新・遠野物語長沼に龍神立つ-

この写真も朝霧が切れる寸前ですが,まさに龍神が天に昇り始めた風景にも感じられます。

このように昔の寺や神社の縁起や由来等に書かれている変わった現象はある程度自然現象の中で謎解きができるのではないでしょうか。私がこのように思うようになったのは,昔の大きな家が残したノート(暦面裡書-れきめんうらがき-)に馬の毛が降ったとか白い白い毛が降ったという不思議な記述を見つけた時でした。よくよく調べたところ火山の噴火による噴出物だと分かりました。それからこうした昔の文書の不思議な記述と自然現象とを結びつけることにおもしろさを感じるようになったのです。

DSC_6009-2s.jpg
紅葉近づく栗駒山



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

夜の写真闇の文学3―隠されてあるもの-

DSC_7646-2tr-gs.jpg
十七の

はやはりの出の姿です
望遠鏡を覗いていると,の力強くドラマチックな出方や静かな轟音を立てて昇っていく姿がなんとも素晴らしいです。

の光によって地上の風景が浮かび上がる様(さま)は,写真の現像をしている時に印画紙に像が浮かび上がってくる様子に似ています。
在るものが最初から持っていた輪郭が顕(あら)われるというよりは全くの無から立ち昇って造形化されるように感じてしまいます。
例えば雲一つない青空なのにいつの間にか一片の雲が現れ出るような感覚です。その一片の雲は風に乗って流れて来たのではなく青の虚空の一点から突然に湧き出て来るのです。言い直しましょう。あらかじめ形を持っていたものがその通りに浮かび上がって来るのではなく,この世に顕在化されるとまるで本来とは違っているように新鮮に見えるということです。夜という見えない闇から浮かび上がるものは,同時に存在の無からも浮かび上がってこの世に形をもって現れ出る。

仏教で「権現」という言葉があります。よく蔵王権現とか白山権現,愛宕権現という使い方がされます。本来の姿(本地仏)とは違った,仮の姿でこの世に現れ出てくるという意味に私は取っています。では本来のものは何時どんな形で現れ出るというのでしょうか。いつも見えない形で隠されているのです。
このような説明は実にたくさんの物語のバリエーションを古来からつくってきたように思えます。
 昔むかーし。
 ある冬の夕方、ある村に旅の坊さまがやってきた。
 腹(はら)をすかせ、一軒(いっけん)一軒訪(たず)ねては、
 「どうか一晩(ひとばん)だけ泊めて下され」
と、たのんだが、どこの家でもみすぼらしい旅の坊さまの姿を見ると、
 「よそに行ってくろ」
というて、泊めてくれなんだ。
 しかたなしに、村はずれに小(ち)っこい家にやってきた。
 坊さまは、またことわられるかもしれんと思いながら、板戸(いたど)をたたくと、中から婆(ばあ)さまが出てきた。
 「宿がなくて困っています。どうか一晩だけ泊めて下され。」
 「そうかそうか、それは難儀(なんぎ)じゃろう。こんな家でよかったら泊まってくろ」
 婆さまはそう言うと坊さまを家に入れ囲炉裏(いろり)に火を焚(た)いて部屋をあっためたんだと。
 さぞかし腹をすかせているだろうと思ったが、食べさせられるような物は何にも無い。婆さまは、夜おそうなってから家をぬけ出した。金持ちの家の大根置き場へ行くと、大根を一本、こそっとぬすんできた。
 雪の上には、婆さまの足あとがくっきりとついていた。家に戻った婆さまは、その大根を囲炉裏(いろり)の灰の中にうずめて、しばらくしてとり出すと 「さあ、大根焼きでも食うてくろ。からだがあったまりますで」と、坊さまに差し出した。
 「おー、これは寒い晩には何よりのごちそうじゃ」
 坊さまはうまそうに大根焼きを食うたと。
 その夜のこと、さらさらさらさら雪が降(ふ)りつもって、婆さまの足あとをみんな消してしもうた。婆さまの気持ちをうれしく思うた坊さまが、雪を降らせたんだと。 この坊さまは弘法大師(こうぼうだいし)さんだったと。
このように,「ぼろを着た坊様は,本当は大師様だったんだと」というように大切なことは最後まで隠されている話がたくさんあります。正体が明かされないのです。様々な縁起譚の中にこうした正体が隠されている主人公が語られます。例えば安倍晴明の「ほき内伝」の話の中では身分を隠して后を探して旅に出た牛頭天王が,行く先々で申し出を断った村を滅ぼしたり,罰を与えたりします。蘇民将来の話です。
旅の途中で宿を乞うた武塔神(むたふ(むとう)のかみ、むとうしん)を裕福な弟の巨旦将来は断り、貧しい兄の蘇民将来は粗末ながらもてなした。後に再訪した武塔神は、蘇民の娘に茅の輪を付けさせ、蘇民の娘を除いて、(一般的・通俗的な説では弟の将来の一族を、)皆殺しにして滅ぼした。by wiki
これらの話はどうも真実はいつも隠されている。真実は真実の姿をしてこの世に現れ出るとは限らないと言っているように思えるのです。真実の正体は狐だったり,蛇であったりもします。言わば神の使いです。

この世の現象がそうした仮象からつくられていると考えれば,違和感が生じます。
宗教家でもあった宮沢賢治は1925年(大正14)の正は厳冬の北三陸の旅から始まりました。賢治29歳になる年でした。この三陸の旅から戻ってから森佐一に『春と修羅』において「歴史や宗教の位置を全く変換しようと」したり,2月には岩波書店の岩波茂雄に次のように手紙を送ります。「六七年前から歴史やその論料、われわれの感ずるそのほかの空間といふようなことについてどうもおかしな感じやうがしてたまりませんでした。」と書いています。実に不思議な言葉です。どんな違和感を抱いていたというのでしょうか。私たちが感じているこの空間の「ほかの空間」といふようなことについてどうもおかしな感じやうがしてたまりませんでした」というのです。私たちのいる「この空間」ではなく感じている「ほかの空間」なのです。それを科学的に「厳密に事実のとほりに記録したもの」が『春と修羅』だったと言うのです。
このように,賢治も隠されていて現在は見えないものの正体に注目していたのでした。


参考
夜の写真闇の文学」
「夜の写真闇の文学2」


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

新・遠野物語-水ニ花サク-

栗駒の星 110-2shadowraise-gs
この「新・遠野物語」シリーズは,もう今は誰も記憶していない,古き日本の源像を探り,映像で再現しようとするものです。

すべての罪穢れを一瞬で払い,成仏の道に入る灌頂の儀式では,聖なる水と香炉がまず置かれます。その「聖水を汲む」場所は,「明星来下の地」「明星の影を写す地」であり,龍神が水を吐く時刻「丑の終わり寅の始めの一点(午前三時ちょうど)」に汲むと言われます。水が生まれる時は「水ニ花開クガゴトシ。故ニ水ニ花サクトハ云ウナリ」と言われます。「水ニ花サク」という表現は実にロマンチックな表現ですが,水が湧く場所では水が盛り上がり波紋を立てていますが,そんな様子を例えて「水ニ花サク」と言っていると思います。そして聖水を汲む時間帯は,明けの明星(金星)が午前三時にすでに上がり,その明星が美しい水に映り影を落とす場所でなくてはいけないということになります。
この写真はその条件を満たしていますが,前夜も熊が現われた場所です。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村