FC2ブログ

夏の名残り

夕方のガン9.24 046-sss残っているハクチョウの昼寝
 さて「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉通り,今年の夏のあの暑さも収まり,朝晩に冷えて靄が立つようになりました。彼岸花が咲きそろっています。
 こちら伊豆沼も朝靄に包まれた日の出はまた格別なものがあります。しかし,台風15号の豪雨で極限まで増水した沼の水は,なかなか引きません。地元の漁師さんの話ではこういった増水のことを「差し水」というのだそうです。

 マガンは日を増して多くなっており,それでも昼は空を飛び交うマガンの姿以外は静かなのんびりとした感じです。観察館前にいる北帰せずに残っていたオオハクチョウ二羽が昼寝をしていました。夏の名残りの暖かい日差しを受けてほとんど熟睡状態で,私が近づいても,ただ目を開けるだけです。

夕方のガン9.24 081-2-ss西日を受けて

 日没近い頃,ねぐらの沼に戻るマガンの群れが集まります。その中にめずらしい鳥などいないかとチェックしていると,辺りは暗くなってきます。明日の晴れを約束するかのように夕暮れが冴え渡ります。
 マガンは,ねぐらの沼に着水するとき急降下をして羽根を翻したりする独特の着水をしますが,これを「落雁(らくがん)」と言い,薄暗くなった沼に空気を切るような急降下の羽根の音が響きます。野生の力強さを感じる音だなあと思います。

 夏の名残を残したこの頃の伊豆沼の風景です。

ちょっとひと押し
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
いつもご覧いただきありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: あっ あの白鳥だ!

>  観察所の前の土手にいる白鳥ですね。

はい。そうです。残留組のハクチョウは今佐沼の方にいます。佐沼の橋から見える土手にいます。

>  しかし、きれいに撮るものですね。
>  けっこう疲れた色をしていましたが・・・。

ハクチョウも10月に入るとやってきます。サギは蕪栗の4号線側にいます。

>  毎日いい天気ですが、稲刈りはあまり進みませんね。
>  夕日がきれいなので、浅水の「月輪城」があったと言われる山から、栗駒と舟形の中間に沈む太陽を眺めています。

「月輪城」ですか。今度行ってみます。
ところで,N中の野球コーチのT氏とyachoさんの話をしました。盛り上がりました。いろいろいつもありがとうございます。

あっ あの白鳥だ!

 観察所の前の土手にいる白鳥ですね。

 しかし、きれいに撮るものですね。
 けっこう疲れた色をしていましたが・・・。

 毎日いい天気ですが、稲刈りはあまり進みませんね。
 夕日がきれいなので、浅水の「月輪城」があったと言われる山から、栗駒と舟形の中間に沈む太陽を眺めています。
非公開コメント