FC2ブログ

忘却の河から

朝 283-2s
「忘却の河」
 その河の水を飲めば,この世のすべての記憶を失うという。

 魂の転生のために,この忘却の河の水を飲むことになる。

すると私の魂は転生して,深い暗闇の彼方から,白い鳥になって,この世に戻ってくることになる。
わたしはどうしてこの言葉を思い出したのかわからない。
この写真を撮ってから,とっさにこの言葉が浮かんだ。

そして同時にベックリンの「死の島」という絵も思い出した。ベックリン

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: なんという・・・

> 言葉になりません。
>
> 世紀末からの旅立ちか・・・
>
> 前作とのコラボレーション・・・
>
> これは、写真ではない。

「世紀末からの旅立ち」
とてもいい言葉ですね。
世紀末から0年代を過ぎた今。のほほんと過ごしてきた自分にも何か考えることが必要な気がずっとしていました。旅立ちの扉をこじ開けること。さらに精進が必要です。

Re: 素晴らしい一枚です

> 何とも言えない・・
>
> いつまでも 見つめていました
>
> 漆黒の暗闇から 夜が明けて
> 薄明の空を飛び立つ 白鳥の姿は
> まさに 黄泉の国から此岸へ向かう新しい命のようです
>
> ベックリンの「死の島」
> 印象的な絵です
>
> 少し前に NHKの番組でみました
>
> 人の記憶は 色々な点と結びつき
> 瞬時にイメージを 創りあげますね

Plateauさん。いつも嬉しいコメントありがとうございます。
この頃仕事が忙しく,満足するほど写真を撮ってはいませんが,いろいろな考えが頭に浮かんでは消えていきます。その断片がこのブログです。これからも細々とやっていきます。ところでPlateauさんのあの猫は帰ってきませんか。印象にのこっています。

なんという・・・

言葉になりません。

世紀末からの旅立ちか・・・

前作とのコラボレーション・・・

これは、写真ではない。


素晴らしい一枚です

何とも言えない・・

いつまでも 見つめていました

漆黒の暗闇から 夜が明けて
薄明の空を飛び立つ 白鳥の姿は
まさに 黄泉の国から此岸へ向かう新しい命のようです

ベックリンの「死の島」
印象的な絵です

少し前に NHKの番組でみました

人の記憶は 色々な点と結びつき
瞬時にイメージを 創りあげますね
非公開コメント