雪滴(しづく)

朝と夕方 012-2gs
夜の絵巻

今日は,同じ場所で撮った夜と朝の写真です。

伊豆沼の渡り鳥は10/27現在で,マガンが8万弱,カモ類が1300,ハクチョウが395と出ました。朝霧が立つ夜明けは最高の景色が見られます。

夜に降った雪が冬の明るくさみしい朝の陽差しを浴びて,昼近くから解け始め,屋根に軒先に明るい音を立てた。
その音はどこか規則性がありそうで,その規則を探してもみた。
雪が降った朝はとりわけ障子が明るく真っ白に見える。熱が収まり始め,意識がはっきりと健やかに戻った子どもの私には学校を休んだ罪悪感とともに何か不思議な世界に置き去りにされた思いで居た。奥の竹林から勢いよく竹が雪の重みを跳ね返している音も聞こえた。
雪の滴は遠く近く,歯切れ良く,速く遅く,このからっぽの世界に鳴り響いている。
近くの音は何か痛みを伴うような響きで近寄ってくる。遠くの音は音と音の隙間に入り込んで,恐縮しているようにしゅんとしている。
土に滴る音,石に滴る音,金物に滴る音
熱が下がって冴え冴えとしている私の頭の中にそれらの音は点々と染みを付けるように思われた。


朝と夕方 006-2s
朝の絵巻

こんな雪の解ける滴の音を聞きたいと,一人の男が山の中のさみしい湖のほとりに移り住んだのは24歳の時だった。
野澤一(のざわ・はじめ)という青年だった。彼は,1904年(明治37)山梨県東八代郡一宮町に生まれ育った。隠遁生活を始めた湖は四尾連湖(しびれこ)だった。そして足かけ6年人里にも下りず湖畔で独居生活を続けた。

どうやら大学もあと2ヶ月で卒業という時に「春先の雪解けの雪滴を聞きたい」と言って瓢然と家を出たと言う。そして6年。彼が山を下りたのは29歳の時だった。ソローの「ウォールデン-森の生活-」を読んでのことだった。6年もの隠遁生活を続けた彼が里に下りてきてから,詩作の一部を発表したのは1934年(昭和9)であった。

私は,彼の素直で,飾らない詩を読んで,子どもの頃の雪解けの滴を懐かしく思い出した。

彼が宮沢賢治を敬愛していたことも読んだ後の解説で分かった。
野澤は賢治を読んで,「素晴らしい別の球体の中に彼自身のあくたの世界に叫ぶべきまことと美との宇宙を造ろうとしている」と手紙に書いている。

自然の中に6年も一人で居た野澤だからこそ,自然の深心を説く賢治の心を嗅ぎ分けることができたということだろうと嬉しく思った。

つつじ

つつじの花むしりてありしかば
何にやらむ心さびしく
目をとじて通りぬ
しびれの夕暮の湖辺の小径なりし


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

28の月

28の月 004-2s
28の月

朝,月の地球照がきれいだった。
28の月。
そして月の南東に-3.9等の金
どちらも早起きだなあ。

28の月 077-2gs
秋の夕暮れ

一方夕方。
伊豆沼のハクチョウやマガンは,今爆発的に増えています。
もう見応えがありますよ。



にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へにほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

夏の記録

秋 010-2gs
記録

この夏に彼らが成長した記録
蔓の伸ばし方 絡まり合い 葉の向き
すべてはこの夏がもたらした表現の記録だ
人間の時間で4か月 120回の太陽が上がり120回の夜が繰り返された

花びらは散った。

秋 011-2s
記録

彼らはかすかな場所を占領し始めた
そしてやがて視界をさえぎり始め
葉を茂らせた

113-2s.jpg
記録

葉は日々向きを変え,蔓は絡まり合い,うごめき続けた
雨に打たれ,雷の閃光を浴びた
終わろうとする彼らに言うべきことはない
彼らの表現は続く


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

「全肯定」を生み出すもの

敬老会 095-2gs
飛行機雲

ここでフンボルトを取り上げてから,突然「全肯定」と言う言葉を使い始めた私でしたが,それは人が自然のそのままを,そのままに,無条件に受け入れる態度のことを言っています。

自然の中に暮らしている私たちですから,「全肯定」という意味は,自然に深く同化して,その存在しているものを肯定して感じ入るという事を言っています。
例えば陽が昇り,次々と表情を変える空の色に,雨上がりの靄が消えていくときの虹に,雲海の重なり合う雲のひだに,晴れた雪の朝の光る結晶の細やかさに,そうした変化する自然を深く畏敬の念をもって感じ入ることを「全肯定」と言い表わしています。

朝の光が雲につくる真珠のような深い色合いに溶け入ることです
立木たちの離れて立つ微妙な間隔は,リスたちが走り回るために用意されたものと思える肯定感に浸ることです。

実はフンボルトの見方や考え方が,自然と科学と芸術を深く結びつける「結束点」のようになっていることに気付いていました。
自然に深く感じ入っている者が深い表現まで行き着いていることに気付いたのです。このブログでも取り上げる宮沢賢治が,フンボルトが,西行が,ソローが,ゲーテが,中西悟堂が,明恵上人が,柳田国男が,折口信夫が,実は自然に深く感じ入り,そこから思考の触手を伸ばしていくスタンスの取り方をしています。賢治の詩にも出てくるエルンスト・ヘッケルなどはフンボルトの弟子とも言えるほどフンボルトに傾倒していました。

9月土曜 229-2gs

ではどうしてフンボルトが世界でこれ程有名なのに日本にいる私たちに知らされていなかったのでしょうか。実はフンボルトの人物そのものが広く伝記として紹介されるのが日本では1989年という遅さだったと言われます。ピエール・ガスカール「探検博物学者フンボルト」です。これがフンボルトの伝記としての本邦での紹介の初めだったと言われます。これは意外でした。

上り-2s
月昇る

自然と科学と芸術を深く結びつける「結束点」となっているフンボルトの姿勢に近いのが,日本では宮沢賢治でもあったと私は感じています。つまり宮沢賢治の詩人としての自然の見方が実に19世紀的で,西洋で発展した自然観にシンクロしていると言えるのではないかと思えてくるのです。古来より日本では自然と芸術は深く結びついてきましたが,芸術的に自然を見て,科学という表現領域で表現する分野が薄かったのではなかったかと感じさせる部分があります。この辺りをよく見ることは実に興味深いことです。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

全肯定って

9月土曜 225-2gs
雲流れる

「全肯定」とは,そのままを認めることです。
自然のそのまま,世界のそのまま。
人のそのまま。

ありとあらゆるものに深く同化して,そのある姿に感じ入ることです。
これはもう生き方のスタンスそのものです。

朝の光が雲につくる真珠のような深い色合いに溶け入ることです
立木たちの離れて立つ微妙な間隔は,リスたちが走り回るために用意されたものと思える肯定感に浸ることです


9月土曜 229-2gs
北を目指す

フンボルトは「自然の諸相」の結びを親交のあったシラーの詩でしめくくりました。

山々の上には自由がある。納骨堂のにおいは
澄み切った大気のところまで昇ってこない。
人間が苦しみを引きずってこない限り,
世界はどこでも満ちて欠けることはない。


そう。
そのままで満ちているのです。そのままで満ちていることに気付くことが全肯定なのです。

そのままでいてくれてありがとう
愛おしいものだけが愛おしいのではありません。
この世の全てが愛おしいと気付く瞬間

それは愛という概念の縛りからも解き放たれてある自由なのです。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ