FC2ブログ

林の中に居て

IMG_0345-2s.jpg
林の出口

林の中に入る
実にひんやりとした層に入る
まるで祖母の陶製の枕に火照った胸を押しつけた時の刺すような冷たさだ
どうしてか林の中では,あんなに騒いでいた羽虫達の音も急に途絶え,遠のいて静けさだけが降(ふ)り続いている
今私は雑木林の中に居て,倒木に腰を下ろし,林床に落ちているまだらな日だまりを見ている。その日だまりで劃された眩しさの中に光沢を持った肉厚の葉を付けた稚樹が背を伸ばしている。ここから見上げると天蓋となっている木々の枝葉の隙間がこの日だまりを偶然にも作り出していることに驚きすら感じる。殆ど奇蹟だ。そしてその奇蹟に乗っかってこの稚樹は確実に自分の生をものにしている。
何かを期待して林の奥の暗がりをじっと見つめる。期待するのは枝枝を渡るリスのような軽いものではない。静まり返った林の中に微かな,でも身に応える程に拡大されて聞こえる枯れ枝を踏む音だ。その音で凍った沈黙の林に戦慄が走る。アナグマやキツネのような重さを感じさせる小動物が望ましい。しかしそんな望みは長続きするはずもない。もう思考は林の中の暗がりの豊かさをつくる様々な木々の幹の微妙な明るさの違いに移っている。シイカシ類のごつごつした黒い縦のひび割れのリズムやホオノキの暗めのグレイや若いケヤキの撫でる樹幹のなめらかさに次々と心は奪われていって,その思考の断片はことごとく林の沈黙の泉の底に沈んで行く。

IMG_0495-2s.jpg
林床に差し込む光

しかし,この林の木々の間につくられた空間は何とも素晴らしい。この木同士の離れ方は絶妙と言うしかない。互いの息が掛からない,それでいて木の独り言が独り言として微かに隣に届けられるこの距離と空間は何百年かけてつくられたものだろうか。そしてこの絶妙な空間にはチョウや羽虫が直線の飛翔の加速を許す思いやりさえ感じられる。杉林とは比較にならない程の豊かな暗がりのグラデーションだ。まるで薄暮が終わる前の世界が最後に発光する瞬間に似ている。

IMG_0445-2s.jpg
続いている坂

林の魅力を伝えることは難しい。
写真に撮っても,ましてや文章にすること自体が至難の技だといつも感じている。それでも林のことを書きたいと思うし,写真で表現したいといつも思っている。そんな時私は,いつもツルゲーネフの「あいびき」を読み返している。ツルゲーネフの書いた「あいびき」の林は白樺の林である。また少し引用してみます。
秋九月中旬というころ、一日自分がさる樺(かば)の林の中に座していたことがあッた。今朝から小雨が降りそそぎ、その晴れ間にはおりおり生ま煖かな日かげも射して、まことに気まぐれな空合い。あわあわしい白雲が空一面に棚引くかと思うと、フトまたあちこち瞬く間雲切れがして、むりに押し分けたような雲間から澄みて怜悧(さかし)気げに見える人の眼のごとくに朗らかに晴れた蒼空がのぞかれた。自分は座して、四顧して、そして耳を傾けていた。木の葉が頭上で幽(かす)かに戦(そよ)いだが、その音を聞いたばかりでも季節は知られた。それは春先する、おもしろそうな、笑うようなさざめきでもなく、夏のゆるやかなそよぎでもなく、永たらしい話し声でもなく、また末の秋のおどおどした、うそさぶそうなお饒舌しゃべりでもなかッたが、ただようやく聞取れるか聞取れぬほどのしめやかな私語の声であった。そよ吹く風は忍ぶように木末を伝ッた。照ると曇るとで、雨にじめつく林の中のようすが間断なく移り変ッた。あるいはそこにありとある物すべて一時に微笑したように、隈くまなくあかみわたッて、さのみ繁くもない樺のほそぼそとした幹は思いがけずも白絹めく、やさしい光沢つやを帯び、地上に散り布しいた、細かな、落ち葉はにわかに日に映じてまばゆきまでに金色こんじきを放ち、頭かしらをかきむしッたような「パアポロトニク」(蕨の類い)のみごとな茎、しかも熟(つ)えすぎた葡萄めく色を帯びたのが、際限もなくもつれつからみつして、目前に透かして見られた。
読んで見ると分かるように視覚だけでなく,聴覚の働きも大きいことが分かる。「そして耳を傾けていた。木の葉が頭上で幽(かす)かに戦(そよ)いだが、その音を聞いたばかりでも季節は知られた。それは春先する、おもしろそうな、笑うようなさざめきでもなく、夏のゆるやかなそよぎでもなく、永たらしい話し声でもなく、また末の秋のおどおどした、うそさぶそうなお饒舌しゃべりでもなかッた」
林の木々が立てる音でも季節は分かると言うのである。確かに音をよく聞くことは空気感を掴むのに適している。「あいびき」の最初はこのように音で林を聞き分けて始まっている。盲目の宮城道雄の随筆でも聴覚による優れた描写がたくさんあり,むしろ私には新鮮に感じられる。音の質や遠近にこんなにも豊かさと深みがあるのかと驚かされる。例えば夏,音のない昼下がり,扇風機をかけ,すべて開け放った座敷に一人でいるとかすかに首を振る扇風機の音で「まるで自分自身を乗せた舟が凪いでいる海の真ん中を漂っているように感じる」と書く。また霧が出た湿った朝,雪が降った朝など聞こえて来る音の透明性やくぐもり方で天気が知れると書く。まったくそうである。優れた描写は聴覚の助けに依る。

IMG_0205-2s.jpg
林への道

これによって私は林に居て思う。
聴覚の世界を大切にすることは視覚を助ける。まさに「四顧して,耳を傾ける」のである。
実はすぐれた聴覚による表現がツルゲーネフ,梶井基次郎の「闇の絵巻」に代表される夜を描いた文学やロマン主義文学,自然主義文学の作品に多く見受けられる。これはまさに林という特性に依ると思われる。林は,木々がつくる暗がり,また圧迫感,天蓋のように振りかぶる枝葉,かすかなる光など,ある程度の閉塞感や見通しが利かない世界である。視覚が十分に発揮されない場合は人はよく補助的な感覚を動員してくる。丁度暗闇では聴覚が冴え渡ったりするのとおなじである。つまり何にせよ観察と表現は,まずすべての感覚を総動員させ,時間を掛けて行うことで林を感じることが可能となります。このことを私は以前「感覚遮断の文学」として谷崎潤一郎「陰翳礼讃」「美食倶楽部」を取り上げて話したこともありました。


林の写真がうまく撮れない私にはこの聴覚による感覚の鍛錬が必要だということでもあるのでしょう。わざと目隠しをして世界に立つことや触覚などの皮膚感覚だけで構成させてみたり,嗅覚や味覚の鍛錬を行うことなど教育の中でも感覚を研ぎ澄ますプログラムは多く実践されています。現代人も周囲の世界をより多層的に受け入れるための訓練は意義あることと感じます。




にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

ミツバチの季節-分封という奇蹟-

DSC_3873-2.jpg
生まれて間もなくの働き蜂(メス)

五月の空は眩しい
その空に女王バチは高く高く舞い上がった
この飛んでいる女王バチは今生まれて初めて空を見た
緑なす大地を見た
そして目指す太陽を見た
今まで築いてきたすべてを捨てて太陽の前に世界を作る
ためらいなどない
もうこの世に投げ出されてしまった
千にも思える我が子達が黒い雲の集団となって添い従ってくる
その中でもオス蜂達は身体が空中分解するほどの,すべてのエネルギーを出し切って女王バチに近づいていく
一番早く女王バチに追いついた者だけが交尾を許される
しかし交尾を終えたオス蜂は死んで落下する
オス蜂にとって最後に聞く何千もの唸る羽音は
死の前奏曲だったのだ
黒い塊の蜜蜂の集団は変幻自在に形を変える
丸くなり
たなびく雲のようになり
楕円形になり
密度を濃くしあるいは広がり薄まり
これ程の飛行のダンスは見たことがない

分封 週末養蜂のはじめ方
やがてひとかたまりになる(画像は「週末養蜂のはじめ方」より)

新しい巣が決定され,ゴーサインが出されるまでこのように数時間から数日,彼らは木の枝にぶら下がっている。この間に新しい巣の場所を探したり前に見つけた場所に変化がないかを確かめたり,先達(スカウト)達が各方面を駆け回ってきては塊の上でダンスをして報告する。結局は最良な場所に決定され,ゴーサインが出される。先達(スカウト)達も互いに報告のダンスを見ていて自分の選んだ場所より最適な場所があれば心変わりして転向することもある。「こんなことを繰り返しているうちに結局すべての先達が同じ場所を選び,互いに同じダンスを踊ることになる」(『ヤナギランの咲く野辺で』ヘルンド・ハインリッチ)

新しい巣へのゴーサインはどのように出されるのだろうか。
「集塊が飛び立つ前の三十分かそこら,先達達がブンブンと音を立てながら集塊の表面や内部をそわそわと走り回る。おそらく他の蜂たちに飛び立ちの準備を促すのだろう。しかし飛び立ちはあくまで突然である。」(前掲書)

そうなのだ。発車のベルは突然に起こる。それも異次元で鳴っているようにも感じてしまう。マガンやカモの飛び立ちも毎朝,夕と繰り返されているのにゴーサインだけはいつも分からない。

先導は,すっ飛び個体(ストリーカー)と言われる蜂たちが群れの中を矢のように飛んで突進する。「新しい巣穴に着くと先達個体が腹部にあるナサノフ腺から臭いを出して仲間に入口を教える。そして数分後には何千匹ものハチが新しい巣穴へとなだれ込む」(前掲書)


DSC_3955-2s.jpg
巣板を見るとバランス良く卵さなぎセクションが出来上がっている。小さめな卵は働き蜂(メス),少し大きな卵はオス蜂。そして右下に垂れ下がっている袋に女王バチになるさなぎが詰まっている

ハインリッチは考えた。
「集塊に一気にゴーサインが出された時に外側を囲んでいる蜂たちは冷えてうまく飛べないのではないだろうか。また塊の中央部にいる蜂たちは身動きできず周囲からの熱で体温が上昇し過ぎるということはないのだろうか。集塊の中での温度調節はどのように行っているのだろうか。」
確かにそうだ。ミツバチは最低でも体温15℃以上は活動に必要だ。外気にさらされて気温が下がっている外側の連中はどうしているのだろう。それについてはビューデルが「集塊の外側にいる個体はベテランの個体が多い」そうで「それはまた採食要員でもあり,身震いも得意で低温にもよく耐えられる」個体だそうだ。(前掲書)そうかベテランが脇を固めているわけだ。中央部の高温はどうだろう。のぞいてみると「ハチたちは垂れ幕の層をつくるようにぶら下がっており,その垂れ幕と垂れ幕の間にはハチが自由に通り抜けられるほどの隙間が空いていた。この隙間が高すぎる温度を下げる通気口の役目をはたしているのだった」集塊の中央部はこのように隙間をつくり温度を下げ,あるいは密接して温度を上げたりしているのだった。
大切なことはこれらの温度調節が誰かの指示で行われているのではなく数千の個体がそれぞれ各自で行っている結果,温度が常に安定状態に保たれていることです。なんと素晴らしい。ミツバチに個はないと言われますが個が完結している社会が成り立っているのではと思います。ひたすら他益に徹することが個を支えていると言えるでしょう。全体が個であり,個と全体の境界がない仕組み。または没個性が究極の個性であるとも言えます。ミツバチの分封はまさに奇蹟というしかありません。

当地でも分封まで秒読み段階です。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

ミツバチの季節

DSC_3750-2s.jpg
ミツバチ

ミツバチを飼っているHさんから電話が来た。「今,ミツバチの巣板作ってるから来てみねすか」
田植えも終わり,天気は雨。ミツバチの仕事にはいい時だ。早速行ってみた。
セイヨウミツバチだそうだ。図鑑を見るとセイヨウミツバチは「性質は非常に穏やかで、集蜜力が高く、分蜂性が低いため世界中の養蜂家の聞で最もよく利用されているミツバチです。」(日本養蜂協会H.Pより)とある。

DSC_3722s.jpg
巣板を作る

巣板に蜜蝋でできた板を付ける。正六角形の形が描かれているため巣作りが楽になるそうだ。蝋を電熱線で軽く溶かして張られている針金三本に固定するのだ。

DSC_3865-2s.jpg
かわいい

よく見ると可愛い。でも働き蜂の彼らの寿命は約1ヶ月。「約1ヶ月の寿命の中で働き蜂の仕事は日齢が進むにつれて移り変わります。前半の2〜3週間は内勤期、後半の1〜2週間は外勤期で、この時期に蜜の採集や花粉媒介をします。」(日本養蜂協会H.Pより)
DSC_3924-2s.jpg
女王バチ発見

あっ。画面下に少し大きく垂れ下がっている袋状のもの。これに女王バチが入っています。いつ生まれるのか。楽しみです。
女王蜂は「 通常コロニーに1匹だけしか存在せず、毎日、自分の体重に匹敵する1000卵前後の卵を産みます。成虫の体重は250mg前後と、働きバチの100mgよりかなり重いく、寿命は2~3年程度です。」(日本養蜂協会H.Pより)

毎日千個の卵を産むのか!すごい。これがミツバチの戦略なのか。
巣板9枚ほど入った一箱から一斗(一升瓶10本)の蜂蜜が採れると聞いてまたびっくりです。

DSC_3945-2s.jpg
美しい

今度は女王バチが生まれ,分蜂するところを見たいものです。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

竹藪の思い出

DSC_5656_7_8_tonemapped-2s.jpg

私の家の西側に竹藪が広がっていた
西日を受けて竹藪を通したちろちろと光がよく奥の障子や畳の上を踊っていた。
雪が降って晴れた朝は天井を見ると,すぐ雪が降ったと分かった。朝の勢いのある光が雪面に反射し,回って家の隅々を明るく輝かせている。しばらく西側を見ていると雪で重く垂れた孟宗竹が障子に重く映っている。見取れていると日の光で解けた雪を勢いよく払いのける竹のすばやい動きが障子に幻灯機のように映る。青竹のはじけた拍子に舞い上がった細かい粉雪が障子全体に降り注ぐ。
風のある夜は竹林のさざめく音で夜の深さを知る。月のない夜は少し重い音で,月の明るい夜は少し乾いた音でさざめいている。
竹のさざめくその音で,風の輪郭を知ることができる。

DSC_7770gs.jpg

その竹林の中に一週間ほど蒲団を敷いて泊ったことがあった。
とても強い地震が起きたときのことだ。後で知ったことだが私が三歳の時だった。竹林の下は根がよく張っており地震の時でも安全だと言うことだった。夜の風を頬に受け,蒲団に潜り込み上を見ると,星々を交互に消すように高い竹の先が揺れていた。そうして眠りに就いた。

「 その夜から私たちと隣の寺の家族とは、つい前の孟宗藪に寝た。
 さうして簡素な竹林の生活が初まつたのである。
 月が消え、雨がふり、闇にも人人が棺をかついで来た。
 後には夜だけ裏の竹林に移つた。傾いた、壁も戸も無い私の庵室に支柱をして、兎に角私たちは辛うじて安きを得た。掛を引きはがして来て夜風をふせいだ。
 昼間は前の竹林にゐた。私たちは卓子や曲木の椅子や、籐の寝椅子やをその中に据ゑた。
 誰やらが、竹のひとつに壊れた六角時計を掛けた。青銅の仏の面を掛けてくれた人もあつた。
 その竹林からはよく海が透いて見えた。
 私は笑つて、私の竹林生活がいよいよ簡朴になることを思つた。」北原白秋「竹林生活」から

満月-2s
今夜の月 満月

こんな冬枯れた景色の中でも竹林は蒼く,芯のある風に揺れている。
ただ揺れている竹林が立てる音は外側からでは聴くに堪えない。竹の音は是非竹林の中でこそ味わってほしい。冬の竹は乾いた音を立てる。地面に落ちて揺れる木漏れ陽に呼応する音は高く晴れた空には昇らず折り重なるように次の音にかき消されてしまう。

DSC_6785-2gs.jpg

竹林の中は下生えがなくまっすぐに縦に伸びる竹の間隔を見ながら屈む必要もなくただただ歩きやすい。
林の底に広がる少し湿った竹の葉は足に優しく,狐か狸かが踏み通った獣道は奥に心地よい曲線を描いて消えている。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

霧の朝

DSC_4219-2gs.jpg
霧の朝 今朝1/24撮影 長沼

かなり雁も減ったような気はしていました。昨日発表された鳥情報です。

上の段1/9,下の段1/24
ガン類  84,948羽   ハクチョウ類 749羽   カモ類 3,160羽   合 計 88,857羽
ガン類  28,708羽   ハクチョウ類 263羽   カモ類 3,847羽   合 計 32,818羽

それでも朝の飛びたちなどは賑やかで,まだこんなにいたんだと思わせるように雁の群れが朝の空に続きます。
例年はこの大寒の時期が一番寒く-10℃という寒さのピークが訪れ,沼の景色が一変するのですが,今年はその前にもう雁も帰ってしまったような感じです。ということはこのまま春をむかえるのでしょうか。暑さでも寒さでもやっぱり来るべきものが来ないと落ち着きませんね。
1月の今日までの気象台のデータを見ると1月の最低気温の平均が「-2.839130435℃」と出ました。また一日の平均気温の平均も見ると「1.308695652℃」と出ました。参考に10年前の平均を取って比べてみました。10年前(2010)1月の最低気温の平均が「-4.047826087℃」一日の平均気温の平均「-0.134782609℃」と出ました。

    1月の最低気温平均,一日の平均気温の平均
2010年  「-4.047826087℃」  「-0.134782609℃」 
2020年  「-2.839130435℃」  「1.308695652℃」

かなり今年は暖かい。そして今年の一月の「一日の平均気温の平均」が-(マイナス)から+(プラス)に転じています。もう残っている雁も帰り支度かもしれません。

DSC_4088-2s.jpg
霧の朝 今朝1/24撮影 長沼

さて昨日は私の石碑の話があり,無事終わって安心しました。これから最後にデータベースの調整をしてデータを公民館に置いて更新していくことにしました。ところで最近の発見はあまり聞き慣れない名の石碑を見つけたことです。
DSC_3117sno244.jpg
「理明(まさき)大明神」享保八年正月十三日

「理明」と書いて「まさき」と読むのです。今から60年前に書かれた村史には書いてありましたが,不思議です。どんな由来があったのか。これから調べることになります。

DSC_4261-2gs.jpg
霧の朝 今朝1/24撮影 長沼

さて今度の日曜は箟岳・白山祭(県重要無形文化財)です。「1月の第4日曜日例祭では弓神事(流鏑[やぶさめ])が行われ、稚児が矢を射てその年の天候を占います。恒例の正月行事は大晦日から始まり、元三会、修正会、大般若会を経て例祭に至ります。」「 」内引用。是非行ってみたいと思います。

DSC_3990-2gs.jpg
霧の朝 今朝1/24撮影 長沼


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村