FC2ブログ

竹藪の思い出

DSC_5656_7_8_tonemapped-2s.jpg

私の家の西側に竹藪が広がっていた
西日を受けて竹藪を通したちろちろと光がよく奥の障子や畳の上を踊っていた。
雪が降って晴れた朝は天井を見ると,すぐ雪が降ったと分かった。朝の勢いのある光が雪面に反射し,回って家の隅々を明るく輝かせている。しばらく西側を見ていると雪で重く垂れた孟宗竹が障子に重く映っている。見取れていると日の光で解けた雪を勢いよく払いのける竹のすばやい動きが障子に幻灯機のように映る。青竹のはじけた拍子に舞い上がった細かい粉雪が障子全体に降り注ぐ。
風のある夜は竹林のさざめく音で夜の深さを知る。月のない夜は少し重い音で,月の明るい夜は少し乾いた音でさざめいている。
竹のさざめくその音で,風の輪郭を知ることができる。

DSC_7770gs.jpg

その竹林の中に一週間ほど蒲団を敷いて泊ったことがあった。
とても強い地震が起きたときのことだ。後で知ったことだが私が三歳の時だった。竹林の下は根がよく張っており地震の時でも安全だと言うことだった。夜の風を頬に受け,蒲団に潜り込み上を見ると,星々を交互に消すように高い竹の先が揺れていた。そうして眠りに就いた。

「 その夜から私たちと隣の寺の家族とは、つい前の孟宗藪に寝た。
 さうして簡素な竹林の生活が初まつたのである。
 月が消え、雨がふり、闇にも人人が棺をかついで来た。
 後には夜だけ裏の竹林に移つた。傾いた、壁も戸も無い私の庵室に支柱をして、兎に角私たちは辛うじて安きを得た。掛を引きはがして来て夜風をふせいだ。
 昼間は前の竹林にゐた。私たちは卓子や曲木の椅子や、籐の寝椅子やをその中に据ゑた。
 誰やらが、竹のひとつに壊れた六角時計を掛けた。青銅の仏の面を掛けてくれた人もあつた。
 その竹林からはよく海が透いて見えた。
 私は笑つて、私の竹林生活がいよいよ簡朴になることを思つた。」北原白秋「竹林生活」から

満月-2s
今夜の月 満月

こんな冬枯れた景色の中でも竹林は蒼く,芯のある風に揺れている。
ただ揺れている竹林が立てる音は外側からでは聴くに堪えない。竹の音は是非竹林の中でこそ味わってほしい。冬の竹は乾いた音を立てる。地面に落ちて揺れる木漏れ陽に呼応する音は高く晴れた空には昇らず折り重なるように次の音にかき消されてしまう。

DSC_6785-2gs.jpg

竹林の中は下生えがなくまっすぐに縦に伸びる竹の間隔を見ながら屈む必要もなくただただ歩きやすい。
林の底に広がる少し湿った竹の葉は足に優しく,狐か狸かが踏み通った獣道は奥に心地よい曲線を描いて消えている。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

霧の朝

DSC_4219-2gs.jpg
霧の朝 今朝1/24撮影 長沼

かなり雁も減ったような気はしていました。昨日発表された鳥情報です。

上の段1/9,下の段1/24
ガン類  84,948羽   ハクチョウ類 749羽   カモ類 3,160羽   合 計 88,857羽
ガン類  28,708羽   ハクチョウ類 263羽   カモ類 3,847羽   合 計 32,818羽

それでも朝の飛びたちなどは賑やかで,まだこんなにいたんだと思わせるように雁の群れが朝の空に続きます。
例年はこの大寒の時期が一番寒く-10℃という寒さのピークが訪れ,沼の景色が一変するのですが,今年はその前にもう雁も帰ってしまったような感じです。ということはこのまま春をむかえるのでしょうか。暑さでも寒さでもやっぱり来るべきものが来ないと落ち着きませんね。
1月の今日までの気象台のデータを見ると1月の最低気温の平均が「-2.839130435℃」と出ました。また一日の平均気温の平均も見ると「1.308695652℃」と出ました。参考に10年前の平均を取って比べてみました。10年前(2010)1月の最低気温の平均が「-4.047826087℃」一日の平均気温の平均「-0.134782609℃」と出ました。

    1月の最低気温平均,一日の平均気温の平均
2010年  「-4.047826087℃」  「-0.134782609℃」 
2020年  「-2.839130435℃」  「1.308695652℃」

かなり今年は暖かい。そして今年の一月の「一日の平均気温の平均」が-(マイナス)から+(プラス)に転じています。もう残っている雁も帰り支度かもしれません。

DSC_4088-2s.jpg
霧の朝 今朝1/24撮影 長沼

さて昨日は私の石碑の話があり,無事終わって安心しました。これから最後にデータベースの調整をしてデータを公民館に置いて更新していくことにしました。ところで最近の発見はあまり聞き慣れない名の石碑を見つけたことです。
DSC_3117sno244.jpg
「理明(まさき)大明神」享保八年正月十三日

「理明」と書いて「まさき」と読むのです。今から60年前に書かれた村史には書いてありましたが,不思議です。どんな由来があったのか。これから調べることになります。

DSC_4261-2gs.jpg
霧の朝 今朝1/24撮影 長沼

さて今度の日曜は箟岳・白山祭(県重要無形文化財)です。「1月の第4日曜日例祭では弓神事(流鏑[やぶさめ])が行われ、稚児が矢を射てその年の天候を占います。恒例の正月行事は大晦日から始まり、元三会、修正会、大般若会を経て例祭に至ります。」「 」内引用。是非行ってみたいと思います。

DSC_3990-2gs.jpg
霧の朝 今朝1/24撮影 長沼


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

映り込む「浄夜」

DSC_0379-2gs.jpg
飛行機雲

「浄夜」 リヒャルト・デーメル

二人の人間が葉の落ちた寒々とした林苑を歩んでいる。
月は歩みをともにし、彼らは月に見入る。
月は高い樫の木の上にかかり、
一片の雲さえこの天の光を曇らさずにいる。
その光のなかに黒い枝が達している。
女の声が語る。

私は子供を宿しています。でもあなたの子供ではありません。
私は罪を背負ってあなたのお側を歩いています。
私はひどい過ちを犯してしまったのです。
もはや幸福があるとは思いませんでしたが
でもどうしても思いを絶てなかったのです、
生きる張り合い、母親の喜びと義務を。
それで思い切って身を委ねてしまったのです、
身震いしながらも、私は見知らぬ人に我が身を任せてしまい、
そんな自分を祝福さえしたのです。
それなのに、今になって、人生は復習したのです、
今になって私はあなたと、ああ、あなたと巡り会ったのです。

彼女はこわばった足取りで歩く。
彼女は空を見上げる。
月はともに歩む。
彼女の黒い眼差しは光のなかに溢れる。

男の声が語る。
きみの授かった子供を
きみの魂の重荷にしてはならない。
見たまえ、この天地万物がなんと澄んだ光を放っていることか。
万物が輝きに包まれている。
きみは僕とともに冷たい海の上を渡っていく、
だが特別な温かさがきらきら輝きながら、
きみから僕へ、僕からきみへと行き交う。
この温かみが見知らぬ子を浄めるだろう。
きみはその子を僕のため、僕の子として産んでおくれ。
きみはこの輝きを僕に運び、
きみは僕をも子供にしてしまったのだ。

彼は彼女の厚い腰に手を回し、
彼らの吐息は微風のなかで口づけをかわす。
二人の人間が明るく高い夜空のなかを歩いていく。


DSC_5010-2s.jpg
遠い光

遠い昔に同人誌を出していた。その同人誌の題名が「浄夜」だった。買った黄色い表紙のドイツ現代詩というレクラム文庫でデーメルの詩を知った。そしてソニーから発売されていたブーレーズの「浄夜」を聴いた。そして改めて今「浄夜」を読んでみる。
月の光の下を歩く恋人達。女から告げられる懐妊。それも他の男との間にできた子ども。
男は易々とこう言う。
きみは僕とともに冷たい海の上を渡っていく、
だが特別な温かさがきらきら輝きながら、
きみから僕へ、僕からきみへと行き交う。
この温かみが見知らぬ子を浄めるだろう。
初めて読んで以来,この詩は私に「赦し」とは何かをいつも投げかけてきた。そう読んできたことは正しい読み方ではなかったのかもしれないという疑問を引き連れて・・・。この詩の中に「赦し」を読もうとする私がそう読みたがっていたとも言える。心の運動でも人は欲望に引きづられるものだ。仮象が存在を引き連れてくる。そうシモーヌ・ヴェイユは「重力と恩寵」で言った。この仮象というものを存在から引きはがすことは容易なことではない。しかし「清められる」ということは欲望を捨てることでしか見えてこない領域だと感じるようになった。無関心だ。あきらめだ。達観だ。そう,そのものを注視しなくなったときに仮象ではない本当の存在は現われるようだ。詩の中の男はそこまで辿り着いている。「赦し」を知っている。そう思った。
「赦し」とは何だろう。
わたしはまだ「赦し」を知らない。想像している仮象を見詰め過ぎている。
写り込んでいる景色に近づきすぎている。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

カモ類の飛翔訓練

DSC_2519-sロゴ
右へ飛ぶカモの群れ

先日夕暮れのカモの群れの飛翔の写真を載せた。
それは見事な飛翔で,その一部始終を時間を忘れて堪能した。いや,感動して眼が離せなくなったというのが本当だ。カモの群れは縦横無尽に形を変え,方向を変えながら20分以上も沼周辺を飛び続けて,やがて沼から四方八方に散っていき,伊豆沼周辺の小さな川や堤(ため池)で数羽単位で夜を過ごす。よく犬の散歩をしていると小さな堀や堤(ため池)に潜んでいたカモが人影に驚いて飛び立つ場面に出くわす。しかし夜行性のカモの実態はまだあまり知られていないし,研究されてもいないのではないだろうか。
DSC_2521-sロゴ
方向転換開始

この夕暮れのカモの群れの飛翔は,そのスピード(時速100キロにも近い),素早さ,急な方向転換など,ありとあらゆる訓練すべき飛翔の条件を練習しているようにも思われた。野生であっても訓練は必要で,それらの身のこなしを群れ全体で呼応しながら(この呼応は声一つ立てないでなされる)行っているようだ。
DSC_2525-sロゴ
先頭が入れ替わる

よく見ていると,ハイスピードで飛ぶ数百羽の群れは決定的なリーダーや先頭が率いるのではなく,次々と先頭が入れ替わっているのが分かる。最後尾だったカモが方向転換を完了すると先頭になってくる。群れの編成が自由自在になされるのだ。それも左右方向だけではなく南北にもなされている。ダイヤモンドの形の4つの頂点が自由自在に引き合ったりしながら伸縮自在に時速100キロで移動していくのだ。驚くべき訓練である。

DSC_2531-sロゴ
伸縮する群れ

ガンはこのような高度な技術を要する飛翔運動はしない。すくなくてもカモの群れの飛翔は実に芸術的であり,専門的とも言える技術だと言える。
DSC_2539-2gsロゴ
尖る

勿論接触するなどと言うマナー違反はないし,前後左右上下の鳥とのとの至近接近飛行をその限界まで繰り返す。見事である。そしてリーダーだけが多くエネルギーを消耗するような飛び方でも全然ない。一つの群れが均衡が取れたエネルギー消費になるように構成されている。全く素晴らしい。

まとめよう。
カモの群れは一瞬にして個が全体へと伝播される直感,全体が個へ伝播する直感で,世界が緻密で高速に運動する世界が成り立っている。それが野生の生存原則だと言ったらそれまでだが,これは人間の技術がまだ為し得ていないことは確かだと言える。
人間の因果律では限界のある世界がカモによって見事にクリアされている。科学的なロゴスの世界しか見てこなかった人間の落ち度であったと言えるのかもしれない。では因果律だけでは説明できないこのカモの群れの飛翔はどんな言い方をしたら納得できるのだろうか。私は仏教の「インドラの網」,縁起や因縁を使った考え方でしか説明できないのではと思ってしまう。この世の全ての生物は今在るように生きる条件が網のように広がっており,すべてのものとの関係が調節されている「お互い様」によって成り立っているとしか言えない。高速飛行のカモの群れの伸縮自在の変化はまさに「インドラの網」であった。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村