弔いの歌-たつの場合2-

夜の気仙沼線3-2gs
冬空を通過  気仙沼線 1/26

平次郎が幼いたつに初めて会ったのは羽黒山参りの寄り合いの時であった。
平次郎がいる村から峠一つ隔てた入り江の村から直接立ち上がった小高い山の上に勝源院という山伏の寺があった。山伏の勝源院は羽黒山で修行を重ねて村に戻ってきた寡黙な男だった。そのうだつの上がらぬ勝源院がふとしたことから「たつ」という幼子を引き受けて育てることになった。たつは霊感の効く巫女の子どもだという噂があった。
「むっつりの勝源院様が幼子を引き受け,育てているぞ」
村人は何かある度に顔を突き合わせてそう話した。結局,勝源院はこのことで喜ばしく村人にあっさりと迎えられることになった。勝源院の上がり框には毎日野菜や魚や食べ物が置かれていた。村人がこっそりと置いていったのである。
「勝源院様のためではねえ。たつに食べさせるためだ」と村人はにこにこして勝源院をからかった。
やがて村人は勝源院を頼りにするようになった。


-12℃の朝 074-2s
キツネの保線員さん

肝入の善左衛門の家は不幸続きだった。長引いた飢饉の時に善左衛門の父や母が疫病で亡くなった。それに加えて娘も亡くなったのだ。なかなか子宝に恵まれなかった善左衛門にとっては遅くに恵まれた愛おしい娘を失ったことはこの上ない痛手となった。娘の葬儀も一段落ついた頃,善左衛門から勝源院に祈祷の申し出があった。勝源院は山形に霞地をもらった仲間を呼んで周到な祈祷を行った。しかし,連れて行ったたつが大変なものを見付けた。たつが善左衛門の家の土間を非常に怖がった。そこで土間の奥の床下を調べてみると,埋められた茶碗の中から呪術に使われた紙の紙縒り(こより)が見つかったのだ。何者の仕業かと村は騒然となった。
たつはその時から村人に一目置かれる存在になったのであった。やはりたつは特別な才能を持っていたと言うことを証明してしまったのである。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

弔いの声

神割崎 051s

死んだおっ母の声が聞えて,平次郎は目が覚めた。
まだその声が夜の中空に漂っている。懐かしい声が残っている天井の暗闇を見た。

また,声が聞えた。夢の中の声ではなかったのだ。夜の中に消え入りそうになりながら,細く歌うような女の声。

月が出ている。板戸の隙間からはっきりと月の光の帯が差し込んでいた。

「こんな遅くに,誰だろう」
平次郎は身を起こして声のする方の板戸を少し明けて外を覗き込んだ。

声の主は岬へ向かう人だと分かる。誰かの命日に当たるのだろう。
岬へ続く道のたもとから崖沿いに浜に下りて行く道がある。そこに賽の河原がある。崖の中が波でくりぬかれて出来た死者を弔う墓場だ。人が死ぬと魂はこの賽の河原に行くと言われていた。夜の道を覗き込んだ平次郎の目に提灯の明かりが動いている。
「ああ,たつだろう」

たつの夫は去年の初めにみまかったのだった。たつの夫は百姓をしていたが,冬の初めに山に木を切りに行って戻ってこなかった。切り倒された木の下敷きになって死んでいたのだった。
その夫の弔いに行くのだろう。皓々とした月の光に踊るように提灯の明かりが揺れると,たつの歌う声が風に乗って聞こえて来る。

夜気仙沼線 292-2gs

平次郎には,たつの歌声は悲しいというよりは,何か明るささえ感じられた。月夜に消え入りそうな声だがはっきりとした希望が読み取れる芯のようなものを感じた。夜に弔いに行く哀しさをどこか越えている。滲み出るような喜びが籠っていたのだ。その歌に合わせて提灯も揺れている。その踊っている提灯の奥に,広々とした海が黒く刷毛で引いたように重く広がっていた。

この岬への道を辿る者は皆死者に会いに行く。その道すがら歌は歌われてきた。
岬から賽の河原に下り,祈りを捧げ,残された者の息災を祈った。賽の河原から帰る者たちの歌は幾分安心したように穏やかな声色になった。平次郎は幾度となく海鳴りの奥に聞える女達の歌声を聞いてきた。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ