FC2ブログ

アゲハダブル『鉄の骨』

キアゲハキアゲハ
クロアゲハクロアゲハ

そんなに離れていない場所から600mmで狙うという撮り方。
なかなかフレームに入ってくれません。
曇天続きの夜。撮影は昼の間に限られてしまいます。すっきりと晴れた夜を待ちます。折しも新月に向かう時期です。月の出も遅くなりチャンスがあるかも・・・(にんまり(T_T))

今日の一冊
『鉄の骨』池井戸潤
鉄の骨鉄の骨
(2009/10/08)
池井戸 潤

商品詳細を見る

ゼネコンの談合を題材にした本。ドラマでもやってましたね。一昔前に随分話題になった贈収賄がらみの政治との癒着と業界での利益配分の仕組みを描いて秀逸。

『新田 デジタル アーカイブス』の設立について
ずっと考えてきたことなのですが,自分達の時代のふるさと,そしてふるさとの昔をきちんと記録として残していきたいと思っているのです。ふるさとの学校が,道が,昔の建物が,遊んだ山が,次々となくなっていきました。仕方のないことだ。時代は変わったと思ってきました。でも一方では,大切なものや記憶がこのまま失われていっていいものかしら・・・と感じてもいました。
わたしにできること。みなさんのアルバムから昔のふるさとをお借りして,後世に記録として残すこと。これだったら少しできるかもと思いました。わたしのふるさとを残していこう。
いよいよ始動するつもりです。

クリックしてね
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

夕立の前『おじいさんのランプ』

夕立夕立前
さよならさよなら
こんちはやっぱまた来たわ

暑い日が続いています。
どうか皆様ご自愛下さい。
家では,打ち水をします。少し気温が下がり,犬も涼しそうです。

今日の一冊
『おじいさんのランプ』新美南吉
有名な童話ですよね。ラストがとても印象的で,よく憶えています。
ランプ売りをやめようと決心した巳之助という主人公が,帰りの山道の池の畔で,売れ残った五十余りのランプすべてに火を点して,池の周りの木に架けていきます。
いい光景です。山の中の池の水面(みなも)に灯りが煌々と映ります。黒い木々も夜の中に浮かび上がります。そして石持て向こう岸のランプめがけて投げつけます。投げた石がランプに命中すると,パリーンという音が夜の世界に響きます。そして,灯りがひとつ消えます。
ランプという時代が終わっていく哀しさがしみじみと伝わってきます。ある文明の終わりにいる人々の愛惜の念がこの物語のラストに見事に描き出されているのです。そのラスト,早速読んでみましょう。
それから巳之助は池のこちら側の往還《おうかん》に来た。まだランプは、向こう側の岸の上にみなともっていた。五十いくつがみなともっていた。そして水の上にも五十いくつの、さかさまのランプがともっていた。立ちどまって巳之助は、そこでもながく見つめていた。
 ランプ、ランプ、なつかしいランプ。
 やがて巳之助はかがんで、足もとから石ころを一つ拾った。そして、いちばん大きくともっているランプに狙《ねら》いをさだめて、力いっぱい投げた。パリーンと音がして、大きい火がひとつ消えた。
「お前たちの時世《じせい》はすぎた。世の中は進んだ」
と巳之助はいった。そしてまた一つ石ころを拾った。二番目に大きかったランプが、パリーンと鳴って消えた。
「世の中は進んだ。電気の時世になった」
 三番目のランプを割ったとき、巳之助はなぜか涙がうかんで来て、もうランプに狙《ねら》いを定めることができなかった。
 こうして巳之助は今までのしょうばいをやめた。それから町に出て、新しいしょうばいをはじめた。本屋になったのである。


『新田 デジタル アーカイブス』設立について
ずっと考えてきたことなのですが,自分達の時代のふるさと,そしてふるさとの昔をきちんと記録として残していきたいと思っているのです。自分が趣味として写真をやるようになってからも,ふるさとの学校が,道が,昔の建物が,遊んだ山が,次々となくなっていきました。そして,私たちを育ててくれた人々もです。仕方のないことです。時代は変わったのさと思ってきました。でも一方では,大切なものや記憶がこのまま失われていっていいものかしら・・・と感じてもいました。
わたしにできること。みなさんのアルバムから昔のふるさとをお借りして,後世に記録として残すこと。これだったら少しできるかもと思いました。わたしのふるさとを残していこう。
いよいよ始動するつもりです。

クリックしてね
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

羽化しました。クロアゲハでした。『小暮写真館』

オスでした7月19日10:00羽化
サナギになって2週間余り,ついに羽化しました。昨日の夜,サナギが随分黒くなっていて,あれ,そろそろだと思っていました。見事に羽化していました。おめでとう。初めまして。
たまご卵発見
6月12日でした。卵を見つけ,家で飼おうとしたのでした。そのとき,卵の中は少し黒くなり始めていました。
アゲハかわいい1齢になったのは次の日でした。2日ほど経ったら(6/15)
アゲハ3生まれたなと思ったらすぐこんな格好です。2齢になりました。
4齢4齢。どうも光沢のある表面。どこかでクロアゲハの幼虫の特徴だと読んだことがあります。ひょっとしてクロアゲハなの。(6/22)
5齢-2(6/24)すぐ5齢になりました
幼虫どんどん大きくなります
蛹7月5日蛹になりました。
羽化27月19日午前10時。ついに羽化しました。
羽化堂々とした風采。前羽と後羽の間に白紋があります。オスでしょうか。
サナギの抜け殻明るく透き通った抜け殻
写真を撮った後,暑い夏の空に飛ばしてあげました。力強く羽ばたいてまぶしい空に消えていきました。わたしの今年の夏の思い出が去っていくようなさみしさを感じました。そして,今日,梅雨が明けました。

今日の一冊
『小暮写真館』宮部みゆき
なんだか,すごい話題になっていますね。すぐにでも読みたいです。ところで宮部みゆきの何がいちオシですかと聞かれたら,わたしは最初に読んだ『火車』がすごかったと答えてます。
小暮写眞館 (100周年書き下ろし)小暮写眞館 (100周年書き下ろし)
(2010/05/14)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


クリックしてね
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

7月のさんぽ道のチョウ『食草ハンドブック』

7月のさんぽ道7月のさんぽ道
こちらはむし暑い日が続いていますが,皆さんいかがお過ごしですか。26日の部分月食も見られなかったまま10日以上も星は見ていません。七夕あたり晴れてくれないかなあと期待しています。
さて,今日はさんぽ道にあったサルトリイバラを見てみましょう。おっ。随分食べた跡が・・・。ひょっとして。そうです。サルトリイバラはルリタテハの幼虫の食草です。いました。いました。
サルトリイバラサルトリイバラ
ルリタテハ幼虫ルリタテハの幼虫でしょうか。違うな。幼虫図鑑で調べてみよう。
ひょっとしてトラガの仲間か。
おっ。これはゴイシシジミだ。
ゴイシシジミゴイシジミ
イチモンジアサマインモンジ2012.8.29訂正
イトトンボ

というわけで,今日もむし暑かったさんぽ道リポートでした。

今日の一冊
『食草ハンドブック』
しかしインターネット版「幼虫図鑑」はすぐれものですね。検索しやすいです。
昆虫の食草・食樹ハンドブック昆虫の食草・食樹ハンドブック
(2007/04/01)
森上 信夫林 将之

商品詳細を見る

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村