FC2ブログ

伊豆沼で見られなくなったチョウ

スミナガシおっと,スミナガシ

ふとチョウのことを書いてみたくなりました。
伊豆沼でスミナガシを見つけてもう10年以上経ちます。沿岸部ではよく見るアオスジアゲハやスミナガシですが,伊豆沼でシックに黒く光るスミナガシを見た時には全身が凍り付くような感動に包まれました。捕虫網を持つ手が震えました。タテハチョウの仲間は大きめで見栄えがよく敏捷に飛ぶ速さや力強さは格別ですね。
しかしそれ以来伊豆沼でスミナガシを見ていないのでいなくなってしまったのかもしれません。思い返すと10年単位で山の植生は変わるし,それにつれて伊豆沼で見られるチョウも随分変わりました。
例えばウラギンスジヒョウモンチョウもこの頃全く見ませんね。そこで丁度私がスミナガシに出会っていた平成7年の高橋雄一氏の「伊豆沼・内沼および周辺地域の昆虫」を見てみました。するとチョウ目は7科58種が報告されていました。

ヒオドシヒオドシ

その内容はセセリチョウ科7種,アゲハチョウ科5種,シロチョウ科6種,シジミチョウ科11種,タテハチョウ科20種,テングチョウ科1種,ジャノメチョウ科8種となっている。
実はこの中のタテハチョウ科の中にスミナガシはなかったのです。
ちなみに伊豆沼で見られたタテハチョウ科の20種を以下に掲げてみます。
ウラギンスジヒョウモン,オオウラギンスジヒョウモン,ミドリヒョウモン,ウラギンヒョウモン,メスグロヒョウモン,イチモンジ,アサマイチモンジ,コミスジ,ミスジ,ホシミスジ(これは珍しい),オオミスジ,キタテハ,ルリタテハ,ヒオドシ,クジャクチョウ,アカタテハ,ヒメアカタテハ,ゴマダラチョウ,コムラサキ,オオムラサキの20種です。

日曜6.10 061-2sゴイシシジミ。そろそろゴイシシジミの出ている頃とササの葉の裏をひっくり返してみました。あらっ,雨を避けるように4羽のゴイシシジミを見つけました。葉の裏のアブラムシを食べていました。

日曜6.10 162-2sダイミョウセセリです。西日本では後翅の真ん中に白い斑がはっきりと浮かび上がるそうです。心なしか,うっすらと白く見えていますね。

こうして見るとチョウも生息状況が変化するとその影響が直撃されるものだと感じます。また環境の変化は周囲の民家の屋敷林や庭の植物等と深く関わってくるのです。どうも平成7年辺りを境にチョウを取り巻く環境が大きく変わったようです。一体何が原因なのでしょうか。今となっては予想することも難しいですね。

伊豆沼 439-2s
ウラナミアカシジミ


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

昨日生まれた命

さんぽ道75 118s
凛々しい姿です。
多分昨日辺りに生まれたばかりでしょう。

さんぽ道75 069-2trs
美しい模様

しかし美しい模様です。
この模様にはどんな意味があるのでしょうか。
そしてどんな規則性が隠されているのでしょうか。

さんぽ道75 084-2s

数十マイクロメーターの驚異的な緻密なデザインに驚かない人はいないでしょう。

さんぽ道75 288s
貴婦人の後ろ姿です。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

産みたての卵いりませんか

ハス 061-2s
産みたての卵

今日はカラタチのところに行って,卵やら幼虫やらを探しました。
するとアゲハが飛んできました。
私はすぐ身をひそめ,動かないでいました。

アゲハは産卵場所を探すように飛び回り,カラタチの先端に卵を産み付けました。留まって0.5秒,産み付けるのに腹をまげて1秒。早業です。
そうか,これから成長する葉の最も若い葉に産み付けたか。さすが。アゲハもよく知っているなあ。

アゲハが飛び去ってすぐ写真を撮りました。産んでから10秒もたっていません。

産みたての卵いりませんか。

このままにしておきましょう。立派なアゲハチョウになるまで。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

ちょっと安心。今日のさんぽ道

さんぽ道夕方のさんぽ道
 今日は3.11の地震から100日。改めて被災された方々にお見舞い申し上げます。
 夕方そんぽ道に行きました。先週,アゲハの幼虫が出ていないことに加え,ホタルも数えるほどだったのでとても心配になったのでした。ひょっとして地震の影響か,異常気象かと思ってしまいました。しかし,どうやら杞憂でした。アゲハの幼虫も確実に出ていましたし,ホタルの食べるカワニナもいっぱいいました。どうやらこれからがピークと言うことで納得できました。ほっ。
キタテハキタテハ
ゴイシシジミ去年と同じ場所にいたゴイシシジミ
クロアゲハ去年大量発生したクロアゲハも2齢までになっていました。(写真は1齢)
ホタルの出る場所これがホタルの出る場所です。夕陽が一瞬輝きました。
 農薬をやめて環境保全米(農薬5割減)に切り替えて,五年でホタルが群舞する元の姿に戻ったそうです。
カワニナも豊富このように網でひと掬いするだけで大量のカワニナ,エビ,小魚が捕れます。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
 というわけで,もう一雨きたら一気にホタルは出てくるでしょう。来週は気温も高め。夏至になります。あせらず待つことにします。今日はむしろいつものさんぽ道のチョウやトンボ,幼虫や花になぐさめられました。
ニッコウキスゲニッコウキスゲ
 ゼンテイカとかニッコウキズゲとか平地のこの花は山の湿原に咲く花とちがうのでしょうか。どうもどう見ても同じなんですが・・・。それにしてもおもしろい雄しべの並びですよね。

さて,この後は・・・『世界の名峰BS=hi』

さて,この後は・・・ヒャクニチソウに止まっていたアゲハ。そこにモンキチョウが来たよ。さあ,どうなるでしょう。
 先客のアゲハのところに飛んできたのは,白いので,モンキチョウ♀ですね。このあと,どうなったのでしょう。
モンキチョウ♀そうです。図体の小さいモンキチョウが乱暴にアゲハを追い出したのです。強いですね。モンキチョウって。
アゲハ八月が終わりだというのに日差しが強いです。
シギ沼へ行ってみました。おっ。シギだ。あーっ。シギというのも種類が多いんですね。何シギなんでしょうね。なかなかわかりません。教えて下さい。

今日の番組
『世界の名峰 グレートサミッツへの招待』NHK-BS-hi
楽しみにしていた番組です。ちなみに9/1はマッターホルンです。
プレミアム8 <紀行> 世界の名峰 グレートサミッツ 「マッターホルン~天を突く孤高の頂~」9月1日(水) 午後8:00~9:30 スイスとイタリアの国境にそびえるマッターホルン(標高4478m)。天を突くピラミッド型の山容は氷河が削り出した。標高差1200mの大岸壁を登り、その頂を目指す。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村