昨日生まれた命

さんぽ道75 118s
凛々しい姿です。
多分昨日辺りに生まれたばかりでしょう。

さんぽ道75 069-2trs
美しい模様

しかし美しい模様です。
この模様にはどんな意味があるのでしょうか。
そしてどんな規則性が隠されているのでしょうか。

さんぽ道75 084-2s

数十マイクロメーターの驚異的な緻密なデザインに驚かない人はいないでしょう。

さんぽ道75 288s
貴婦人の後ろ姿です。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

産みたての卵いりませんか

ハス 061-2s
産みたての卵

今日はカラタチのところに行って,卵やら幼虫やらを探しました。
するとアゲハが飛んできました。
私はすぐ身をひそめ,動かないでいました。

アゲハは産卵場所を探すように飛び回り,カラタチの先端に卵を産み付けました。留まって0.5秒,産み付けるのに腹をまげて1秒。早業です。
そうか,これから成長する葉の最も若い葉に産み付けたか。さすが。アゲハもよく知っているなあ。

アゲハが飛び去ってすぐ写真を撮りました。産んでから10秒もたっていません。

産みたての卵いりませんか。

このままにしておきましょう。立派なアゲハチョウになるまで。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

ちょっと安心。今日のさんぽ道

さんぽ道夕方のさんぽ道
 今日は3.11の地震から100日。改めて被災された方々にお見舞い申し上げます。
 夕方そんぽ道に行きました。先週,アゲハの幼虫が出ていないことに加え,ホタルも数えるほどだったのでとても心配になったのでした。ひょっとして地震の影響か,異常気象かと思ってしまいました。しかし,どうやら杞憂でした。アゲハの幼虫も確実に出ていましたし,ホタルの食べるカワニナもいっぱいいました。どうやらこれからがピークと言うことで納得できました。ほっ。
キタテハキタテハ
ゴイシシジミ去年と同じ場所にいたゴイシシジミ
クロアゲハ去年大量発生したクロアゲハも2齢までになっていました。(写真は1齢)
ホタルの出る場所これがホタルの出る場所です。夕陽が一瞬輝きました。
 農薬をやめて環境保全米(農薬5割減)に切り替えて,五年でホタルが群舞する元の姿に戻ったそうです。
カワニナも豊富このように網でひと掬いするだけで大量のカワニナ,エビ,小魚が捕れます。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
 というわけで,もう一雨きたら一気にホタルは出てくるでしょう。来週は気温も高め。夏至になります。あせらず待つことにします。今日はむしろいつものさんぽ道のチョウやトンボ,幼虫や花になぐさめられました。
ニッコウキスゲニッコウキスゲ
 ゼンテイカとかニッコウキズゲとか平地のこの花は山の湿原に咲く花とちがうのでしょうか。どうもどう見ても同じなんですが・・・。それにしてもおもしろい雄しべの並びですよね。

さて,この後は・・・『世界の名峰BS=hi』

さて,この後は・・・ヒャクニチソウに止まっていたアゲハ。そこにモンキチョウが来たよ。さあ,どうなるでしょう。
 先客のアゲハのところに飛んできたのは,白いので,モンキチョウ♀ですね。このあと,どうなったのでしょう。
モンキチョウ♀そうです。図体の小さいモンキチョウが乱暴にアゲハを追い出したのです。強いですね。モンキチョウって。
アゲハ八月が終わりだというのに日差しが強いです。
シギ沼へ行ってみました。おっ。シギだ。あーっ。シギというのも種類が多いんですね。何シギなんでしょうね。なかなかわかりません。教えて下さい。

今日の番組
『世界の名峰 グレートサミッツへの招待』NHK-BS-hi
楽しみにしていた番組です。ちなみに9/1はマッターホルンです。
プレミアム8 <紀行> 世界の名峰 グレートサミッツ 「マッターホルン~天を突く孤高の頂~」9月1日(水) 午後8:00~9:30 スイスとイタリアの国境にそびえるマッターホルン(標高4478m)。天を突くピラミッド型の山容は氷河が削り出した。標高差1200mの大岸壁を登り、その頂を目指す。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

アゲハダブル『鉄の骨』

キアゲハキアゲハ
クロアゲハクロアゲハ

そんなに離れていない場所から600mmで狙うという撮り方。
なかなかフレームに入ってくれません。
曇天続きの夜。撮影は昼の間に限られてしまいます。すっきりと晴れた夜を待ちます。折しも新月に向かう時期です。月の出も遅くなりチャンスがあるかも・・・(にんまり(T_T))

今日の一冊
『鉄の骨』池井戸潤
鉄の骨鉄の骨
(2009/10/08)
池井戸 潤

商品詳細を見る

ゼネコンの談合を題材にした本。ドラマでもやってましたね。一昔前に随分話題になった贈収賄がらみの政治との癒着と業界での利益配分の仕組みを描いて秀逸。

『新田 デジタル アーカイブス』の設立について
ずっと考えてきたことなのですが,自分達の時代のふるさと,そしてふるさとの昔をきちんと記録として残していきたいと思っているのです。ふるさとの学校が,道が,昔の建物が,遊んだ山が,次々となくなっていきました。仕方のないことだ。時代は変わったと思ってきました。でも一方では,大切なものや記憶がこのまま失われていっていいものかしら・・・と感じてもいました。
わたしにできること。みなさんのアルバムから昔のふるさとをお借りして,後世に記録として残すこと。これだったら少しできるかもと思いました。わたしのふるさとを残していこう。
いよいよ始動するつもりです。

クリックしてね
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村