Merry christmas from Kabukurinuma

クリスマス蕪栗 160-2gs蕪栗沼からメリークリスマス

クリスマスの朝はヒシクイの大群の大合唱で始まりました。
美しい朝にヒシクイ達が歌いながら蕪栗沼の上を何度も回り続けました。 


クリスマス蕪栗 487-2s
歌い続けるヒシクイ達

素晴らしいクリスマスに出会えたことに感謝します。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

源初なる風景

蕪栗沼霜月晦日 130-2gs
源初なる風景-蕪栗沼-

太古の昔からこの風景はありました。
そして毎年毎年続いてきたのでした。

まるで時間がなくなったような気持ちになります。
毎朝毎朝繰り返されます。

まるで人間など全く関係ないかのようにです。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

夜汽車-ガンは3万羽を超えて-

夜汽車 024-2s
夜汽車

ガンやハクチョウの賑やかな夜が戻ってきました。
2016/10/7現在のサンクチュアリーセンター発表のマガンの数は「 32,546 羽 」でした。
ハクチョウも毎晩渡ってきています。かなり増えてきたでしょう。

今更ながら昨日のカシオペアクルーズは松島駅へ行けばよかったなあと後悔しています。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

今日の伊豆沼情報と梁(やな)のある風景

陸東 042-2s
梁(やな)のある風景   陸羽東線 東長沢-瀬見温泉

川をせき止め,鮎を捕る梁漁というのを初めて見ました。
なるほどうまく作られています。
「今年は漁はいかがですか」と尋ねると
「今年は変だ。例年の1/10にもなってないよ。」と言っていました。
何かあるんでしょうか。

さてせっかくですからマガンが渡ってきたという伊豆沼のお話もしましょう。
夜に朝に随分マガンの鳴き声を聞くようになりました。もう相当数渡ってきていると思います。

マガン来た 048-2s
今朝のマガン

今朝は,こちら伊豆沼は雨です。
ガンは,刈り取られた田んぼに50羽ほど集まっていました。ここは蕪栗沼の北東方面です。まだ稲刈りが進んでいませんので,昼間はこうした稲刈りの済んだ田んぼを探すとマガンたちを見つけることができます。この群れは全部マガンでした。さて今朝伊豆沼や内沼,蕪栗沼を回ってみて感じたんですが,あまりにもハスが広がりすぎて水の開口部があまりない状況です。これでは10万を超えるマガンの塒(ねぐら)は大丈夫だろうかと思いました。マガンたちは開かれた水面部分に着水して夜を過ごします。これからどんどん伊豆沼にやってくるでしょうから塒を変えることなんかも起きるかもしれません。これは内沼も同じです。特に水位が下がったりしたら十分な塒がなく,移動することも考えられるかもしれません。ある程度ハスを刈り取るといいんですね。

マガン来た 021-s
こんな感じでハスが密生しています。水面の開口部がとても少ないです。

マガン来た 011-s
今朝飛んでいたマガンたち

獅子ヶ鼻にいて,マガンが飛んできた方向からすると蕪栗沼や内沼で夜過ごしたガンたちのようです。

もう一つ気になる写真を見て下さい。
マガン来た 033-s
アレチウリが占拠した土手

この土手は伊豆沼の東岸部です。3月に焼き払った土手です。一斉に特定外来生物のアレチウリがぎゅうぎゅうに占拠しています。この特定外来生物は悪影響を及ぼす可能性があるので特定外来生物に指定されています。焼き払った場所にこのように一気に広がります。他の植物を飲み込んでいきます。すぐ隣は田んぼなので対策が必要になるでしょう。減反のため耕作されなくなった田んぼ等にもすぐ侵入してきます。オオハンゴンソウ,セイダカアワダチソウ,オオキンケイギクなども特定外来生物に入っています。いずれも耕作放棄地や荒れ地で独占状態をつくっていますが,今年などは特にアレチウリが目立ちます。

マガン来た 082s
アレチウリ
これがアレチウリの部分です。蔓状に伸びていき,一本が数十メートルもの長さにまで伸びていきます。そしてトゲの部分が花の終わった実です。このトゲが堅くて,触ると痛くてちょっと触れない程なのです。ちょっと恐ろしくなるほどの武装です。


これからの季節は伊豆沼情報も多くなるでしょう。鉄道の写真ものせたいのですが,両方うまくやる器用さがないので大目に見て下さい。コメント欄も復帰させます。何か伊豆沼の鳥情報で聞きたいことがあったらお気軽にコメント下さい。分かる範囲で鳥の仲間などにも問い合わせてお答えできるようにいたします。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村