あれから9年の6月14日

地震2日前の天の川レタッチ版g2s
あれから9年の6月14日

「あれから9年」とは,忘れられない岩手・宮城内陸地震から9年ということです。
あの地震の2日前,私は偶然にも震源地付近でこの天の川の写真を撮っていました。あんな地震が起こることも知らずに・・・。

今でも地震の深い爪痕は残り続けています。駒ノ湯に行くと涙が出るようです。それでも山は今年もお花畠にきれいな花が咲き,星空もきれいなままです。

未だに見つからない6人の方々や歯をくいしばって元のように生活できるよう頑張っている方々がたくさんいます。心より「頑張って」としか言えませんが忘れないことと未来のために今日の写真を贈ります。

今日の写真は原版から特別に再レタッチしたものです。




にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

賑やかなる神の庭

焼石岳2016 444-2gs
賑やかなる神の庭

「今年の雪渓は小さいな」と思った。
雪解けが早い年なのかも知れない。

私が焼石岳に初めて登って撮った写真もハクサンイチゲだった。もう,ん十年も前のことだったと思う。
銀明水小屋で夜に見た満天の星やたった一人で小屋で火を焚いてさみしく感じた頃の焼石岳を思い出す。その頃は胆沢ダムもなく蜂谷部落があった。そこの店でいろいろ買い出しをした。梅雨が明けたのかしらと思われた夏休み始めに天上の楽園と思われた焼石岳の花を見たときにの美しさを知った。
もうこれ以上花が咲く隙間がないという年もあった。咲いてから雨か雪に打たれたのか,まだら状にくすんでしまった白い花びらを可愛そうだと感じた年もあった。今年はユキワリコザクラをいっぱい見ようと6月に入ってすぐ行った年もあった。
いつも期待を裏切らない素晴らしいだと思う。

午後2時を過ぎた。
頂には私ただ一人。
東の沢からどんどん雲が湧き上がる。その風に吹かれていると,何十年前の自分や景色かと思う。

焼石岳2016 529-2s
ハクサンイチゲ

を下りながら,「焼石岳,ありがとう」と思う。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

翳りゆく縦走路

焼石岳2016 504-2s
翳りゆく縦走路  焼石岳

いつもこの時期に行っている焼石岳にやっと行ってきました。
ハクサンイチゲの大絨毯に時を忘れました。
随分歩きますが,その苦労が報われるです。
最後にたった一人で頂の風に打たれてきました。


2~3回程の写真を載せます。
鉄道写真をお休みすることになります。すみません。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村