FC2ブログ

世界谷地のニッコウキスゲ

世界谷地 017-2s
立ち待ち月昇る夜の世界谷地ニッコウキスゲロード(再掲)

今週の月曜,ニュースで栗駒山世界谷地のニッコウキスゲが見頃を迎えましたと報道されました。
見に行った人に聞くと,今年は花数も少なめだと少しがっかりしたように言いました。行ってみたいという思いが少し萎えてしまいました。
栗駒山の写真を撮り続けている佐藤貢さんの写真を見ると,平成17年2005年はニッコウキスゲの当たり年だったようで本当に隙間なくみっしりと咲き誇っている写真がありました。そこで平成17年という年はどんな天気だったか前年の平成16年の花が終わった辺りから調べてみました。すると結実する時期の平成16年の夏秋は例年に比べ日照時間がきわめて多く,降水量も多いということが分かりました。このことが直接影響しているなどとは言えませんが何か豊作になる条件はあるのでしょう。世界谷地は行くほどに年々乾燥化していると感じます。でも湿原は少しずつ乾燥していくのが自然なのですから止めることはできません。

世界谷地 034-2s
月明かりの栗駒山(再掲)

何度か世界谷地には通いましたが,一度夜に世界谷地に入ってみました。途中の林は夜は漆黒の闇となりますから音も懐中電灯も多めで行きました。ある夕方に暗くなったときには沢沿いでガサガサとクマの動く音がしていましたから実際恐ろしいものです。

世界谷地7.1 151-2
花の咲く順序(再掲)

ニッコウキスゲは,一日に一つずつ花が咲いてしぼむのだそうです。じっと見るとよく分かります。数えて番号を振ってみました。
以前ニッコウキスゲの増え方についての論文を読んだところ,寒さの厳しい,積雪の多い所は株によって増えて,比較的温暖なところは種子によって増えると書いてありました。世界谷地は積雪も多く,寒さが厳しい場所なので株で増えて平成17年は大豊作になったのでしょう。

ちなみに上の写真の2年前のもあったので,花の様子を見てみましょう。けっこうよかったのですね。

世界谷地7.1 098-2s
2012.7.1の世界谷地

世界谷地吹雪
1月の世界谷地は吹雪の中です



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

あれから9年の6月14日

地震2日前の天の川レタッチ版g2s
あれから9年の6月14日

「あれから9年」とは,忘れられない岩手・宮城内陸地震から9年ということです。
あの地震の2日前,私は偶然にも震源地付近でこの天の川の写真を撮っていました。あんな地震が起こることも知らずに・・・。

今でも地震の深い爪痕は残り続けています。駒ノ湯に行くと涙が出るようです。それでも山は今年もお花畠にきれいな花が咲き,星空もきれいなままです。

未だに見つからない6人の方々や歯をくいしばって元のように生活できるよう頑張っている方々がたくさんいます。心より「頑張って」としか言えませんが忘れないことと未来のために今日の写真を贈ります。

今日の写真は原版から特別に再レタッチしたものです。




にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

賑やかなる神の庭

焼石岳2016 444-2gs
賑やかなる神の庭

「今年の雪渓は小さいな」と思った。
雪解けが早い年なのかも知れない。

私が焼石岳に初めて登って撮った写真もハクサンイチゲだった。もう,ん十年も前のことだったと思う。
銀明水小屋で夜に見た満天の星やたった一人で小屋で火を焚いてさみしく感じた頃の焼石岳を思い出す。その頃は胆沢ダムもなく蜂谷部落があった。そこの店でいろいろ買い出しをした。梅雨が明けたのかしらと思われた夏休み始めに天上の楽園と思われた焼石岳の花を見たときにの美しさを知った。
もうこれ以上花が咲く隙間がないという年もあった。咲いてから雨か雪に打たれたのか,まだら状にくすんでしまった白い花びらを可愛そうだと感じた年もあった。今年はユキワリコザクラをいっぱい見ようと6月に入ってすぐ行った年もあった。
いつも期待を裏切らない素晴らしいだと思う。

午後2時を過ぎた。
頂には私ただ一人。
東の沢からどんどん雲が湧き上がる。その風に吹かれていると,何十年前の自分や景色かと思う。

焼石岳2016 529-2s
ハクサンイチゲ

を下りながら,「焼石岳,ありがとう」と思う。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村