FC2ブログ

柳田国男「東北旅行」覚書2

DSC_0083-2gs.jpg
夜のとばり 石巻線 7/21 鹿又-佳景山

柳田国男の大正9年8月の東北旅行についてまとめています。
そこに浮かび上がって来たのが.柳田は遠野からは合流して二人となり.釜石で佐々木喜善と合流して更に八戸まで行くことになります。そこで遠野までは案内する人が地元にいたのかどうかという疑問に突き当たったのです。というのも,一関に10日の午前中に着いていたことは確実らしいのですが,4日~9日までの行程がよく分かっていないのです。宮城県に住む者としては,柳田国男の宮城県滞在が空白ではしっくりしない気持ちです。
そこで空白の宮城旅行を少しでも明らかにしたいと,この覚書きを付けることにしました。今日はその2回目です。
8月4日(水)に仙台を出発した柳田は,野蒜,小野,石巻,女川浦まで行って,飯野川,登米,佐沼のルートを取ったことは明らかなようですからそのルートをなぞりながら確かめていきたいと思います。ここでもう一度先回の旅行日程を載せます。
柳田国男の東北旅行日程
8月2日(月)東京出発
8月4日(水)仙台出発,野蒜,小野,石巻,女川浦,飯野川,登米,佐沼-石巻辺りは遠藤源八,毛利総七郎案内か
8月7日(土)船越泊(石巻市雄勝)

8月8日(日)~9日(月)石巻,飯野川,柳津,登米,佐沼,南方-この辺りは高橋清治郎案内か

8月10日(火)一関
8月12日(木)一関出発,岩谷堂,人首
8月13日(金)遠野
8月15日(日)遠野出発
ここで2か所の太字の部分「石巻辺りは遠藤源八,毛利総七郎案内か」「(登米,佐沼,南方周辺は)高橋清治郎案内か」がただの予想なのではっきりさせたいと思っています。

それでいったい実際本当のところはどうだったのか。旅程に関係あるところを拾い出してみます。

DSC_9542-2gs.jpg
夕暮れに帰る 石巻線 鹿又-佳景山


石巻から乗った自動車が,岡の麓の路を曲がって渡波の松林に走り附こうとする時,遠くに人と馬と荷車の一団が,斜めに横たわって休んでいるとみた瞬間に,その馬が首を回して車を牽いたまま横路に飛び込んだ。小学校を出たばかりかと思う小さな馬方が,綱を手にしたまま転んだと見た時には,もうその車の後ろの輪が一つ,腹の上を軋(きし)って過ぎた。「子供の眼」
と,驚くようなシーンに出合っていた。多分この日が4日か5日のことだろう。この続きは次のようにある。
中一日置いて次の日には,自分は十五浜からの帰りに,追波川から上ってくる発動機船の上にいた。大雨の小やみの間に,釜谷の部落を見ようとして甲板に立つと・・・(略)
4日か5日から中一日置くのだから6日か7日になる。そこで船越で一泊と合う。
しかし,三陸の旅の始まりをなぜ船越まで出るところから始めたのだろうか。
とにかくも柳田は自動車で石巻-渡波-十五浜(船越)へ泊まり,発動機船で北上川を遡り,釜谷(今の大川小学校地区)を船の甲板から見ながら飯野川に着いたのである。
これらの地名が出てきた「子供の眼」の次に「田地売立」が出てくる。
・・・迫川の岸に接した一農場は細田氏という人が実際の管理をしている。細田氏は遠田の農学校出身で・・・(略)
と地主と小作人との中での田の競り売りの現状が語られている。そして飯野川辺りで聞いた話の「狐のわな」。さらに辿り着いた宿屋での大水に見舞われる「町の大水」では「この出水は一日だけで,夜の中に宮城県の方に引いて往ってしまった。」とわざわざ「宮城県」と出れば,どうにももう岩手に来ていたと見るしかない。登米や佐沼辺りがすっぽりと抜け落ちている。しばらくして「おかみんの話」に地名が出てくる。「飯野川で私が頼んだ老按摩は」「昨日月浜まで同船したおかみんは」と地名が特定できる。
どうも按摩を頼むのは宿に着いた時だろうから飯野川に泊まったようだ。
                                                              (続く)


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

柳田国男「東北旅行」覚書

夜の石巻線-2gs
月と木星のランデブー 昨夜7/21 石巻線 前谷地-涌谷

「わがふるさと気仙沼線」オリジナルプリント展示7/28予定

ひと雨ほしいですね
どうしたのでしょう。灌漑用水が整備されて干害にはなりませんが,昔ではそうなっていたでしょう。
つまり人間の施した整備環境で保っていて,まるで心配がいらないように思えますが,同時に自然の変化が分かりにくくなっている状況でもあるんですね。

さて,今日は柳田国男の東北旅行についての覚書きです。その際に柳田は南方在住の髙橋清治郎を訪れています。髙橋清治郎はこの時51歳,柳田は45歳でした。大正9年の8月4日旅行は仙台から始まり,9月12日の八戸まで続きます。その旅行での記録に高橋清治郎が出てきます。
佐沼の周囲の村々には,暦の裏に其年の大事件を記入して保存する風がある。高橋清治郎氏諸所の旧家を採訪して其何十通を集めている。最も古いものが享保年中だといふ。

佐沼辺にも例の古碑が多い。最も古きは南方村にあって建治某年、尚同村の正安何年かの碑には、念仏講何十何人の文字が見える。「大正九年八月以後東北旅行」
と佐沼や南方の記述があり,「柳津の町から少し下流に大柳津がある」と柳津,中田町石森等の地名が出てきます。その旅程を見ると簡単に次のようになるでしょう。

柳田国男の東北旅行日程
8月2日(月)東京出発
8月4日(水)仙台出発,野蒜,小野,石巻,女川浦,飯野川,登米,佐沼-石巻辺りは遠藤源八,毛利総七郎案内か
8月7日(土)船越泊(石巻市雄勝)

8月8日(日)~9日(月)石巻,飯野川,柳津,登米,佐沼,南方-この辺りは高橋清治郎案内か

8月10日(火)一関
8月12日(木)一関出発,岩谷堂,人首
8月13日(金)遠野
8月15日(日)遠野出発

この記述は高橋紘「柳田國男と高橋清治郎」に依ります。

佐沼花火3-2gs
7/22昨晩の佐沼の花火
DSC_0515-2gs
7/22昨晩の佐沼の花火


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

暦面裡書

DSC_8941-2gs.jpg
さそり座に流れ星  

只今登米市の歴史博物館では「もののけたちの夏」展が開かれています。
もののけたちの夏
なかなかおもしろい視点で楽しめます。
柳田国男が大正9年の8月に宮城にやってきます。そして柳田国男は飯野川,柳津,登米,一関,北上,遠野と北上川沿いに北上していきます。その際に登米周辺を案内したのが南方在住の郷土史家高橋清治郎さんでした。この清治郎さんは柳田がつくった民俗学黎明期に地方で情熱的な研究をしていた中の一人でした。
「遠野物語」の柳田国男,「遠野物語」の話者 佐々木喜善,高橋清治郎,中道等,ニコライ・ネフスキーとオシラサマや座敷童たちが埋もれていたもののけの世界から浮かび上がって来ます。ただのもののけの展覧会ではなく地域に残る事実から掘り起こした展示は登米を語るにふさわしい視点です。先回の企画展「田村麻呂伝説」も優れた視点でしたが,今回もいい視点だなと思いました。是非こちらの方は見てほしいと思います。

さて今日は高橋清治郎さんの残しているものの展示で,あれっと興味そそられた文を紹介します。
柳田国男が高橋清治郎さんの業績で是非出版したいと言っていた本があります。それは高橋氏が登米地方の「暦面裡書(れきめんうらがき)」を整理し,模写している全10冊に及ぶ労作です。「暦面裡書(れきめんうらがき)」とは各家が昔からの出来事を記して代々受け継がれてきた当時の記録で,天文,気象,天災,事件などを記した記録です。高橋清治郎氏はこれらの記録を整理し直して丹念な字で模写をしていたのでした。その中から「宮城県登米郡石森町清野家の「暦面裡書」」の一文です。
延享元甲子年11月(西暦1743年のことです)
長さ十丈程幅貳尺餘り
赤雲東□西へ引出る
ほう子星有、世でうろうせいと云とふり光候事、則月ノ如ク
さきの方いざらいざらとして
ほうき先の如シ此年大嵐来る
甲酉引き続き貳年大ききん也

どうやら1743年に大きな彗星が見えたという記述です。この記録が特筆され,石森の旧家清野家に残っていたのです。
そこで1743年辺りに大きな彗星はなかったかをステラナビゲータで調べてみました。すると,

1744延享元年クリンケンベルク彗星
「C/1743X1 クリンケンベルク彗星」と出ました。この彗星は「シェゾー彗星とか1744年の大彗星」とも言われ, 軌道も太陽のすぐそばを回るようになっており,光度が-3等と出る強烈な彗星だったようです。大嵐,大ききんと彗星出現が不吉な大きな影響をもたらしたと思われます。

そこで更に調べると,佐竹藩佐竹南家「御日記」に,延享元年正月「栗駒山が噴火し、特に仙台領で多く焼けた。仙台領で雷のような音が鳴り響き、石が秋田領の方に崩れた」という文があり,大彗星が訪れた年に栗駒山も噴火爆発するという年にもなっている事に行き着きました。250年も前のことながら暗然とした気持ちになりました。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

春を待つ心

梅鉄道 017-2gs
ウメの花電車 東北本線 新田-石越

 東北の春というのは,おぼろな春霞の背景から少しずつ浮き上がってくるものですから,やがてある朝に待ち続けていた春がはたと存在感を表すことに驚かされます。長く待ち続けて心があきらめ色に染まる頃にやって来るのが東北の春です。その喜びはいつかはと待っている手紙が何年も経って,忘れていた時にやっと届く驚きの気持ちにも似ています。こんなおぼつかなさが東北の春にはあります。これだけすぐ欲を満たすことに慣れた資本主義という現代で,遠くのものを我慢強く待ち続けるテンポがまだ東北にはあるのです。その待ち遠しいという明確さに欠けた時間が実は私たち東北人の心を育ててきました。それは一年中青々とした常緑の,生命に満ちあふれて平均化された南方の気候にはない「思い」でしょう。

DSC_5901-2gs.jpg
春を待つ夕暮れ

実際,太宰治の「津軽」に出てくるような,客人を迎える主人の行き過ぎるくらいのもてなしや寺山修司の喜びの奥にひそむ悲しみ色は,厳しい雪と寒さに一旦死んでしまう東北の景色が作り出しているものです。だからこそ一旦死んでしまった死者の景色から再生する奇跡に満ちた春を迎える喜びが東北には満ちています。

そんな春が今やっとこちらにもやってきています。
うれしいです。


にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へにほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

115年を経た二つの石碑

岩井崎 458-2s 岩井崎 479s
明治29年(1896)三陸大津波の石碑    2011年3月11日東日本大震災の石碑

ここは本吉小泉地区です。
津谷川の河口であるこの地区でも東日本大震災では甚大な被害がでました。7年経とうとしている現在でも工事はまるで果てしもなく続いているような気がします。115年を経た二つの石碑はすぐ近くにあります。

写真左の石碑は今から122年前に建てられた三陸大津波の年に後世への教えとして建てられました。碑文を読んでみます。

明治廿九年六月十五日午后八時暴潮汎
溢倐忽間溺死者二百三十一人郡民三千
三百八十人縣内総三千五百人也益三□(不明)罹

有縁無縁三界万霊塔

此災死者殆三万人而負傷者及家屋耕地
流失また副之世以為前古未曾有大海嘯鳴
呼天降災亦酷矣哉  仝年十二月建□(不明)



写真右の石碑は高台に建てられた小泉小学校の校門にあります。

しみじみ考えました。
歴史が引き継がれていたならば・・・。何を私たちは勉強していたのだろう。
必要なことを習ってきたのだろうか・・・。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ