FC2ブログ

1,2,3がなくて4の月

IMG_9885-2s.jpg
8月20日 月齢1

8月19日に新月を迎え,今日は月齢5となる。今日のタイトル「1,2,3がなくて4の月」というのは三日月の日が曇っていて撮れなかったので3がなくてという意味である。
夕刻の薄暗さがどこからともなく訪れ始めると昼の暑さが遠のき,晩の風が吹く。夏の夕暮れは干からびた昼の景色を赤赤と燃え立たせて終わる。そんな時に自然と空に目印を探し始める。宵の月をである。

中空に浮かんでいても,山の端を際立たせていても,月は何かいつも人を惹きつけ,終わらない物語を紡ぎ続けてきた。昔の人が月を崇め,月待ち信仰を繋いできたのもよく分かる気がする。昼の農作業にけりを付けた百姓が話を交わしながら,間もなくの月の出を待つ楽しみを味わうひと時。やがて地平線をほのかに明らめ,しずしずと月が恥ずかしげに顔を出す。念仏を唱える声にも少しずつ喜色が混じる。

映画やドラマで場面の繋ぎによく月がアップで出てくることがある。
その場合,月は夜という時間帯を表したり,時間経過を表したり,場面の転換を表していたりする。また,いっときの間をつくる場合にも使われている気がする。月はこの世にありながら放下されたものの代名詞になっているのかもしれない。この世にありながらこの世から投げ出された存在なのだ。人が月を観るというのはこの世から投げ出されたものに自分が対峙していると解されてよい。その場合その人は大げさに言うけれど,自分を捨てているのだ。自分自身を月に投げ出してもぬけの殻になっている。
これによく似たものに川のそばにいる人の背中が思い出せる。その人は川面(かわも)をまるで放心したように眺めている。そこには明らかに無時間がその背中に刻まれている。川や海に一人で対している人は一旦この世から遠ざかっているように見える。実際そうだ。およそそこでは言語に依らない感情処理が自働的に進行している。まるで機械が夜中にひっそりとバックアップを取っているように表面には出てこない調整機能が人間に睡眠の間に働くように・・・。これらの類の話は今までにダビット・カスパー・フリードリヒの絵や「リバー ランズ スル ーイット」等の映画の話をした時に触れてきた。雰囲気がよく分かるようにフリードリヒの「海辺の修道士」をもう一度見てみよう。投げ出された人間の無時間が背中によく出ている。

海辺に立つ修道士
デビット・カスパー・フリードリヒ『海辺に立つ修道士』(部分)1809-10
この絵について書いた記事「振り返らない」という行為の意味は「 こちら 」を見て下さい。

およそ海と対峙し,こちらに背中を向けている人間はこれで世界が閉じている。つまりこの世との関係性を絶った,投げ出されてある人のことを意味している。海だけではない。川面に目を送ってみるとよい。人はたやすく自分を投げ出すことができる。この放り出されてある身をつくるのに水辺は実に適している。井戸を覗いてみるとよい。井戸の底の水に簡単に吸い込まれていくのである。

IMG_0157-2s.jpg
8月21日 月齢2

どうも月には水辺と同じように人をこの世から放り出して,異世界に憑かせる魅力があることは確かなようだ。閉じられた世界にいる者はけっして〈ふりかへる〉ことはありません。水辺に立つと言うことは,自分では解し得ない現実の脈絡もない筋書きを,水という鏡に他人事のように写し出すためでしょう。

西行の歌と言ったら桜だが,山家集の中には桜が一番多く230首も詠まれているそうだ。しかし月の歌も多い。『西行』を書いた高橋英夫氏は「西行は現世に浄土を見ようとした人そして西行にとって花は浄土からのたよりだ」と言った。月もまた言葉に依らない浄土から手紙である。

「西行の歌う月の歌の総括」という記事を読むと西行の月の歌は「四季ごとに季節表示できる歌は 221首、季節不明の西行の月の歌は 175首、従いまして、月の歌の合計 396首でした。」とありました。かなりの数です。

353 ゆくへなく月に心のすみすみて果てはいかにかならんとすらん    西行
自分の心が月に飛んでいき,投げ出され,放下されていく様子がよく分かります。

IMG_0459-2s.jpg
8月23日 月齢4

今宵も月を探すのだろう。
そしてこの世から投げ出されるためでもなく,月を眺めてただただ放心する自分がいるであろう。



スポンサーサイト



青い池

DSC_4365-2gs.jpg
新田版青い池

北海道には大変に大勢の人が訪れる美瑛町の青い池があります。
住所は〒071-0235 北海道上川郡美瑛町字白金だそうです。一度は訪れてみたい「BIEI BLUE(ビエイブルー)」が楽しめます。

ところが我が新田にも青い池によく似た場所があるんですよ。
北海道の青い池と新田版青い池を見比べてみて下さい。新田版青い池はどこかって?
ぜひともと言う方お知らせ下さい。お教えします。

DSC_0350-2s.jpg
北海道版青い池


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

高橋克彦講演会

DSC_6264-2gs.jpg
続々とマガン到来 10/4撮影 東北本線 石越-新田


高橋克彦氏がやってきます。
おもしろい話が聞けそうです。
日時:10月7日(日曜日)開場:午後1時開演:午後1時30分
場所:栗原文化会館
講師:高橋克彦 氏浮世絵研究家・作家
演題:「蝦夷の魂」
入場料:無料
注:入場料は無料ですが、入場券が必要です
注:入場券は、9月7日(金曜日)から、各教育センターまたは各総合支所市民サービス課、栗原文化会館、若柳総合文化センターで配布



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

柳田国男「東北旅行」覚書3

DSC_0671-2gs.jpg
「晴れ間をぬって」気仙沼線 陸前豊里-御岳堂 7/27

7月28日午前3時 いよいよという時に満月が雲に隠れ始めました。皆既月食ですが日本では月入帯食となりました。食の始まりから雲に隠れてがっかりでした。

さて,3回目になった柳田国男の宮城県旅行の足取りを探る旅は資料と見比べながらやっと近づいてきたようです。汽車が三日間不通になる程の大雨の中,柳田は一人で旅を続けたのでした。その日程を予想しながら順に追っていきます。

柳田国男の東北旅行日程
8月2日(月)東京出発
8月4日(水)仙台出発,野蒜,小野,石巻(泊?)
8月5日(木)石巻から自動車で渡波,女川浦,そして稲井の沼津貝塚,(遠藤源八,毛利総七郎に会ったか?)
         その後船越まで行ったか(泊) 「子供の眼」に出てくる
8月6日(金)船越から船に乗って十五浜(泊?)
8月7日(土)十五浜経由で追波川を上る。そして飯野川(泊)
        同じく「子供の眼」に出てくる。「甲板に立って釜谷地区を見る」とある。


8月8日(日)飯野川から,柳津,登米,佐沼,南方-佐沼で高橋清治郎と会うか?
        どこに泊まったのだろうか。不明

8月9日(月)遅くに一関に着いていたのかもしれない。
8月10日(火)一関で朝,水害の状況を見ている。「町の大水」

8/10~8/12まで鉄道は不通だった。(佐々木喜善日記より)

(大正9年8月の水害)盛岡の水害の様子 大正9年8月11日毎日新聞より被害の様子
9年8月4日以来,10日まで降りつゞいた雨は,各河川の増水を見,北上川の1丈2尺(約3.6m),中津川の9尺(約 2.7m)より,雫石川・簗川等の増水あり,各方面の被害が少くなかった。
どうやら南に台風が来ていたようです。その影響でしょう。

8月12日(木)一関出発,岩谷堂,人首
8月13日(金)遠野着夕方か 高善旅館から佐々木喜善に到着したと知らせる使いが出される「佐々木喜善 日記から」 
8月15日(日)遠野出発

DSC_0739-2gs.jpg
緑陰の候 

今日は登米歴史博物館の企画展関連講座でした。「登米地方のザシキワラシ」と題して,高橋学芸員が柳田国男,佐々木喜善,地元の高橋清治郎,地元出身ながら八戸に移った中道等,ニコライ・ネフスキー達の交流から生まれてくる登米地方のザシキワラシ三話を解説しました。ここに宮沢賢治も入ります。なんとも心がわくわくする大正時代の出来事なのでした。ここに目を付けたことは素晴らしいと思います。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ