赤い月-月食の思い出-

月食銀河-2gs
赤い月-月食の思い出に寄せて-(これは合成創作です)

1/31の皆既月食はブルームーンでブラッドムーンそしてルナ・エクリプス(月食)という話題性の高い天文現象でしたね。
私自身天気予報で一喜一憂しながら,楽しみにしていました。最初から最後までこの長すぎる月食をたっぷりと楽しみました。かなりハードでした。月食途中で月暈(つきかさ)も見えたのはラッキーでした。1月最後の日が満月ですから月めぐりを見ると,なんと3月もブルームーンが見られますね。ラッキーな年です。

さて今回の月食をアップしてから,気持ちとしてはもう次の天文ハイライトへと進み,ゆっくりと撮った写真を楽しむということがないような気がします。次々と写真をとるものですから一枚の写真をじっくりと眺めることがないのです。写真が世の中にフラッシュバックのように投げ込まれて次々に沈んで死んでゆくという感じですね。投票されない写真がそのままうち捨てられる風潮が蔓延し,刺激性の高い一枚に人気が集まって,世の中に広がってスタンダードになっていくわけです。

実際,私もそうです。月食時の月を丹念に眺めたり,写真で気付かされる大切なプロセスを省略してしまっています。まるで祭りが終わったら次だと案外あっさりと切り替えてしまっている自分がいます。だから手法的には敢えてプリントしてじっくり見てもらうという方法が逆に今の時代は大切なのかもしれません。加速しすぎる眼や意識や感情にブレーキをかけながら対象をしっかりと記録したいものですね。

Blue Moon with Last train  2010.1.31 Blue Moon with Last train『20:52』

この写真は8年前の2010.1.31の写真です。やはりこの夜はブルームーンでした。今回の月食のためにプリントして昔の月食ということでいろんな人に見せました。そしたら大きな反響がありました。その時に思ったのです。じっくりと見てもらうことで写真の質が実に深まっていくのだなと。実に当たり前のことですが写真の見せ方にもう少しこだわろうと思わされました。パソコン上では駄目かもしれません。写真の魅力と質は,色,輪郭,グラデーション,深さ,いろいろですね。大切なのは写真のディテールです。その情の全てを知ってこそ作品の良さが理解されるのでしょう。

そういう点で今日の1枚目は改めて月食時の赤い月をしみじみと見たいと思って敢えて合成にしてみました。説明したいのですが微妙な違和感がかえって見る人に強い印象を与える効果があります。この違和感は画角の違う写真同士で生まれてくるのです。背景は180°の画角で撮っています。月食時の月は200mmで撮っています。かなり違和感があります。しかし赤い月が冴え渡るように見えます。このように写真のフィクションでの効果が期待できます。ただ合成した写真について,人が見た場合のその人の心理的な影響もあります。まず合成を許さない人もいます。つくられたものと感じるのです。一方おもしろい写真と受け止める人もいます。1/31の月食の赤い月がもう一度私の中に思い出として再現されるにはこのような写真になったとしか言えません。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

Blue bloodmoon ring-月食時の月暈-

月食リング-2gs
Blue bloodmoon ring-月食時の月暈-

あまりアップされてもいないようだし,局地的なことだと思うけれど,アップした月食の写真について「いちのせき写真館」のオリオンさんから丸い影をご指摘いただいたので載せることにしました。皆既に入る前の9時28分頃でした,月暈が確認できました。画面では月の上半分に月暈が確認できると思います。かなり珍しいことかもしれません。
写真は月暈が出たシーンを土台に月食の一連の流れの写真を組み合わせ,さらに電車の写真を組み合わせました。

ところでこの頃さっぱり本の話も載せていませんでしたが,直木賞の「銀河鉄道の父」を読みました。なかなか面白い作品で記録と現実の生活をうまくこなしている文章で読みやすかったです。父としての政次郎の,賢治という我が子に対する思いを3回の入院看病生活を軸にぶれることなく書かれています。
欲を言えばの話になりますが,「銀河鉄道の父」では,賢治の東山砕石工場時代がそっくり抜かれています。この技師時代の賢治の奮闘ぶりは眼を見張るものがあり,この時の父政次郎の支援は最大に達すると思います。技師時代の逸話を一つでも載せると,父の愛の深さは一段と際立ったのかもしれません。欲を言えばの話ですよ。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

昨日はスーパームーン

スーパームーン 029-2
昨日はスーパームーン 1/2 トリミングしています。

昨日は2018年の最初の満月で,その満月が最も近い,つまり最も大きく見えるということでスーパームーンと言われていました。スーパームーンという言葉は昔使っていませんでしたがいつ頃からそう言うようになったのでしょう。
さてここで思い出すのが先月12月4日の2017年最大の満月です。このブログでも12月2日の記事でそのことをお話ししましたが,じゃあ昨年の最大の満月と2018年最大の満月はどっちが大きいのと比べてみました。
まずは三つならべてみます。

2018月大きさ比べ-2
左 2017.6.11 2017年最小の満月  中 2017.12.4 2017年最大の満月  右 2018.1.2 2018年最大の満月

大きい小さいは分かりますが,右二つは微妙ですね。そこで距離や大きさのデータも表にしてみます。

月の大きさ比べ
2017年最小の満月 6月11日2017年最大の満月12月4日2018年最大の満月1月2日
月齢16.714.215.1
距離 40.41万 km 36.03万 km35.68万km
視直径29.7′33.6' 33.7'
輝面比0.960.981.00


昨日見た満月が昨年の最大の満月よりも距離で5.65万㎞近かったんですね。
視直径にすれば0.1′しか違わないんですが。しかし天体の0.1′は大きい距離です。優に1000kmはあるでしょう。
私などは気持ちや期待の度合いもあるのか,昨日の満月はいつもの満月より少し小さめに見えた感じもしたのですが,みなさんはどうでしたか。ちなみに満月になったのは11:24でした。月の出が17:00でしたから正確には満月過ぎの月が昇ってきたのですね。

今度の満月はひと月に2回ある満月ですから,ブルームーンとなり,皆既月食も重なります。これまた楽しみですね。

しかし,ここでは終わりません。
昨日のスーパームーンをどのように撮ったのかというと長時間露光で撮ったのです。曇りきるまでの4時間半撮ってみました。その月の光跡と以前撮った画像を重ねてみました。月の光跡と星の位置は合成なのでずれています。しかし,このように撮ると月の勢いのある昇り具合がよく分かりますね。途中光跡が切れているのは厚い雲に覆われていたからです。
4時間半-2s
4時間半の月の光跡

今年も皆さんにとってよい年となることをお祈りいたします。
ありがとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

「星と写真の部屋」の写真術-仕上げ編-

1228iss仕上げgs
雪煙巻き上げて夜明けの光 12/28未明  

昨日の記事は,今朝(28日)早くにこんな写真を撮りたいという記事でした。

木星と火星の接近とそのペアに虹を架けるようにISSが飛ぶという設定です。そこに始発電車がやってくるという構図です。

さて早起きして行ってきました。ISS通過が5:17です。
ところが,起きてみると天気予報に反して吹雪でした。現地に着くと吹雪は一向にやまず,セットしたカメラは雪だるまのようになりました。しかし,天気というのはわからないものです。今までの経験上殆ど見込みがなくても一瞬星が出る事ってあるんです。

星やISSはかすれるように雲間に一瞬だけ出てきました。
従って今日の写真は4秒ずつ撮って写っていたISSをつなげ一枚にまとめ,かろうじて木星と火星が写っていた一枚を整え,そして始発電車の一枚と比較明合成をしてなんとか仕上げました。本当になんとかかろうじてという感じです。ですから画像にも少し無理があります。とりあえず宣言して撮影したものですから結果はお知らせしないとと思いました。

結果的に見ると,何も撮影を予告しなくてもよかったなと思いました。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ