描き加えられた星-東山魁夷絶筆の意味-

IMGP2474-2s.jpg
海から昇る天の川

先日宮沢賢治の「チューリップの幻術」の話をしましたが,最後に引用した川端康成が妙に懐かしくなってしまって,ちらちらと「巨匠の眼」という本をめくっていた。
巨匠の眼


現在,岩手県美術館では「巨匠が愛した美の世界 川端康成・東山魁夷コレクション展」が開かれています。川端康成のコレクションと親交のあった東山魁夷のコレクションを展示して彼らが求めた美の世界を浮き彫りにしようという企画展です。新資料展示もあります。行けるといいですね。

さて川端と深い交友のあった東山魁夷が川端康成の死を知ったのは天草灘を見る九州天草下島の下田温泉の旅館から星の光を見て,妙に気にかけて床についた夜でした。
1972(昭和47)4月16日でした。川端が自殺したのは。
空に低く上弦の月が懸かっていた。弓弦を水平に張って,安らかな,ひかえめな月の姿だった。その真上に,明るい,大きな星が一つゆらゆらりと光り輝いている。
その星は何か尋常ではないものと感じさせた。澄んだ涼しげな宵の明星であるが,その閃き,迸(ほとばし)り出る光睴(こうこん)は,今にも,空に流れ出して,透明になり,消え去ってしまうのではないかとさえ思われた。生命の瞬間の輝きとも見えた。
この後,眠りを絶たれたのは川端の訃報を知らせる電話でした。

何とも魅力的な文章ですが,ステラナビゲータで東山魁夷が天草の下田温泉で見た星空を再現してみました。

川端が死んだとき-2
川端康成が死んだ,1972(昭和47)4月16日の宵の刻の星空

三日月が懸かり,その上に一際輝く金星が見えます。星の名前を入れてみましょう。確かに忘れられない夕暮れの星空です。

川端が死んだとき-2ロゴ入り
川端康成が死んだ,1972(昭和47)4月16日の宵の刻の星空

話はここからです。
今日話したいことはこの川端が死んだ日から27年経った東山魁夷の最後の作品「夕星」についてです。

まず東山魁夷が最後の力を振り絞り,構想を固めていった「夕星」の習作から見てみましょう。
「夕かげ」と名付けられた平成7年の習作です。

夕かげ 平成7
習作として描いた「夕かげ」1995(平成7)

そして完成したのが1999(平成10)年です。東山の最後に辿り着いて仕上げた作品は「夕星」というタイトルになりました。
そうです。彼は画面真ん中に輝く星を描き加えたのです。

夕星-2
東山魁夷の絶筆「夕星」

星が描き加えられた意味はなんだろう。
「巨匠の眼」の著者は,「夕星」の作品解説でそのように読者に語り掛けます。

私は「星を描き加えた」意味が分かるような気がします。東山魁夷が「描き加えた星」こそ,川端の死を知らされた,あの天草の地で見た星そのものなのです。1972(昭和47)年4月16日。この日の金星の光度は-4.4等。金星の出は8:05。入りは22:37。

東山魁夷は最後の作品に川端康成を永遠の星の光として描き加えたのです。
美を追究する仲間として尊敬の念をもって自分ができることはやり遂げて東山魁夷はこの世を静かに去りました。今日東山魁夷の作品は美の星となり光り輝き続けています。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

二十六夜待ち

名月とISS 199-2s
夜明けに沈む月


二十三夜待ち塔の石碑は以前よく見たものです。

十五夜の満月が過ぎ,日に日に月の出は遅くなり,二十三夜は下弦の月となる。その月の出は日が改まる夜中過ぎということになります。
月待ちの行事はやがて庚申信仰と結びついて,念仏を唱える講がよく開かれました。一晩中念仏を唱え,邪気を払いました。ここで庚申信仰の図像等を見てみましょう。庚申塔の本尊は青面金剛。下に「見ざる,聞かざる,言わざる」の猿が描かれています。この意味が「私の罪を見ないで下さい。聞かないで下さい。言わないで下さい」ということなのです。
庚申の夜は60日ごとにやってきます。ですから年に6回ほど庚申の日があります。この庚申の日の夜は寝ている人の身体から虫が抜け出して,天帝にその人の罪や穢れを報告する夜なのです。ですから人々はこの日の夜だけは夜更かしをして念仏を唱えたりしながら罪や穢れを払っていたのです。

ひころの里 351-2s
庚申塔 登米市中田町浅水長谷寺

「見ざる。聞かざる。言わざる」の猿がいますね。私の罪を見ないで下さい。聞かないで下さい。言わないで下さいという意味があるのです。

DSC_0047-2s.jpg
雲海を照らす月 栗駒山

その男が吹く能管は月の上に吹く風を思い起こさせた
男は言った。
「能管はあの世に響く音。龍笛はこの世に響く音です」

十六夜の月の出を待っていたさよ子は,その能管の音に誘われて川原に下りた

その日からさよ子は男の笛を聴くために,弁当づくりが始まった。
十六夜の月の夜だった。
男が能管を吹いていたのは三年前に死んだ妻の魂を鎮める意味もあった。一通り吹いた後人影を感じて見ると,死んだ妻が居た。
いや,初めて会ったさよ子という人だった。死んだ妻にそっくりであった。

月夜のホタル21-2s
月夜に飛ぶホタル

日々,弁当は二つつくられた。
17日の弁当は立待月の弁当と言った
18日の弁当は居待月の弁当と言った
19日の弁当は寝待ち月の弁当と言った
20日の弁当は更待ち月弁当と言った
21日の弁当は下弦の月弁当と言った

男の笛の音を聴き,さよ子は月の光で弁当を食べた。

男は言った
「明日は二十六夜です。来てくれはりますか」

名月とISS 077-2s
伊豆沼に降りる月

月齢26,二十六夜の月の夜。
さよ子は夜道を弁当を二つ持って急いだ。
まだ大文字山の山の端はほの明るくもなっていなかった。なにせ二十六夜の月の出は午前3時だからだ。

よく晴れていた。星もよく見える。

ところが,今日は月が昇らないと男は言った。
今日は妻の三回目の命日だと言った。二十六夜の晩に妻は死んだ。今夜の笛は妻をあの世に送り返す笛にすると言う。

鋭い音を立てて能管は鳴り始めた。

世界谷地 017-2s
世界谷地のニッコウキスゲの花に昇る月

妻の面影を振り切るように笛の音はやんだ。
男はすぐさま能管を思い切り折った。

あの世の妻と交信できる笛を男は自分から断ち切った。



この話は以前紹介した「京都人の密かな愉しみ」という私の好きなテレビ番組の「月待ち」という話をなぞってみました。
ご了承下さい。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

十六夜の月(再掲)

十六夜十六夜の月写る(長沼)

 今日の記事は以前に載せたものです。十六夜の月のことを書こうとして,十六夜の月の写真を探していて見付けました。ご了承下さい。

 日本の名随筆「宙」を読んでいましたら,草下英明氏の「建礼門院右京大夫の見た星空」という随筆があっておもしろく読みました。昔の星空を記録した文は少ないそうです。

 『建礼門院右京大夫集』より,その部分の訳だけ載せます。
[詞書] 十二月一日頃だったろうか、夜になって、雨とも雪ともなく、ぱらぱらと落ちて来て、叢雲があわただしく往き来し、すっかり雲に覆われはしないものの、ところどころ星が消えたり光ったりしている。私は衣(きぬ)を引き被って横になっていたが、夜が更けた時分、丑二つ(午前二時半)頃かと思った時、衣をどかして空を見上げると、みごとに晴れて、薄藍色の夜空に、異様なほどの光を放つ大きい星々が、いちめんに現れていた。非常に心惹かれるさまで、縹(はなだ)色の紙に、金などの箔を散らしたのによく似ている。今夜初めて見たような気がする。今までも、星月夜は見慣れてきたけれども、これは折も折とて、格別な気持がするにつけ、ただ物思いに耽るばかりである。
月をこそながめなれしか星の夜の深きあはれを今宵知りぬる(家集252)

[歌] 月を眺めながら物思いに耽ることは、これまでもし慣れてきたけれど、このような星空の夜の深い情趣は、今夜初めて知った。
さて,この記述は一体,いつの空を見て書いたのでしょうか。いろいろな説はあるようですが,文治2年,1187/1/12(ユリウス暦)で星図を見てみました。場所は琵琶湖のほとり坂本,時刻は「丑二つ」午前2時前。

星図1187
1187/1/12の星空
0.6等の土星,-2.1等の木星,-0.05等のアークトゥルス,0.98等のスピカなどが豪華に並んでいます。天気が優れなかったと書かれていたことから,真夜中に飛び起きて見た,この星空はきれいだったと思います。しかし,825年前の星が再現できるとは,ステラナビゲータというソフトもおもしろいですね。

沈む三日月沈む三日月(再掲)

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ<

月に思う

満月-2s
今夜の月 満月

山頭火という人は不思議な人です。

昭和11年5月のことでした。
山頭火は,山形県鶴岡市に入りました。鶴岡の和田光利(あきとし)の家に泊まっていました。
ある日のこと,山頭火は浴衣に手ぬぐい一本下げて,銭湯に行ってくると言って和田の家を出ました。
そしてそのまま行方不明になったのです。
和田は必死に山頭火を探しました。しかし見つかりませんでした。山頭火が見つかったのは仙台でした。仙台の俳人佐藤露江の家にひょっこり顔を出したのでした。昭和11(1936)年6月24日だといいます。彼は鶴岡から浴衣に手ぬぐい一本下げて,仙台までとぼとぼ歩いてきたのでした。
そのまま4日間仙台にいて,平泉にも行きました。平泉,鳴子に行っています。

その平泉で詠んだ句が
「ここまで来し水飲んで去る」
このあとの6/29鳴子に泊まっています。
よびかけられてふりかへったが落葉林

あてもない空からころげてきた木の実

月へひとりの戸はあけとく

彼の句には,どうしようもなく独り身であることの「さみしさ」が語られます。「遊離してやまない魂の姿」は,月に対しているときに特に刺激されていると言っていいかもしれません。

さて,山頭火が鶴岡から忽然と姿を消して,仙台にたどり着いたのが昭和11(1936)年6月24日といいますから,満月(この年の6月の満月は5日)をはさんでの前後に鶴岡から仙台までを満月近くの月明かりにさそわれて,歩き出したに違いありません。つまり鶴岡から夕刻東に出始めた満月を見て,東へ東へと憑かれたように歩き出したのかもしれません。

明日は十六夜の月。
十六夜の月の話をします。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

あの日で思い出す

朝9日 035-2s
春の雪ちらつく朝の電車

あの3月11日の夜
激しく降った雪がやんだ夜
避難所づくりに奔走した
ストーブを運び体育マットを敷き
トイレを用意し学校のプールから何回も水を汲んだ
濁った咳が絶え間なく聞こえ,うめくような声と
からからに乾いた空気の避難所から
発電機の音を避けて外に出た

急に無音の世界が
自分を押しつぶすように
のし掛かってきた
満天の星空が迫ってきた

あれから毎日
片付けと避難所のトイレ掃除と水汲みを続けた
食べ物をみんなに配って歩いた
倒れた家族の看病をした
夢も見ない泥のような眠りの夜が続いた
買い出しに出かけた
ある日,やっと肉を手に入れ,家族にカレーを作った日があった

あのカレーの味が忘れられないと
何年かたって下の子どもが言った



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ