FC2ブログ

新田駅のある風景写真展―駅との思い出―始まる

IMG_9085-2s.jpg
「新田駅のある風景写真展―駅との思い出―」始まりました

新田駅のある風景写真展―駅との思い出―始まりました
最後の追い込みは徹夜でした
でも予定通りに始めることができてほっとしています。

写真応募お待ちしております
今日撮ったものでももちろん大歓迎です。
今の写真でもアルバムに残る昔の写真でも,新田駅周辺を走る列車の写真でもOKです。サイズも自由です。応募された写真はすぐお返しいたします。
応募,連絡お問い合わせは伊豆沼農産0220-28-2986伊藤までお願いします。

展示期間  令和2年8月13日~9月30日
表彰式    令和2年9月5日 入賞者には追って連絡
募集期間  令和2年8月30日まで
展示場所  伊豆沼・内沼サンクチュアリーセンター新田館

同時開催 武川健太(鉄道写真家)写真展

DSC_0765-2s.jpg
大正10年頃の新田駅構内

走っている蒸気機関車は8620型ですね。
会場は昔の懐かしい話でいっぱいでした。

たんぼに水入る 033-2s
私の写真も入れました

私もちょっと写真を入れましたが,今回武川健太氏の写真も入れることができました。
武川氏の写真で会場が明るくなりました。


スポンサーサイト



頻発するクマの目撃情報

IMG_6573s.jpg
クマを捕獲しようとするわな

最近当地ではクマの目撃情報が相次いでいる。
何年も前からクマの目撃情報が防災無線から流れることはあったが,こんなに頻繁に続くことはなかった。
私も朝晩と散歩しているが長沼近くでどうやらクマがごそごそしている様子を感じて,逃げ帰ってきたことがあった。まず普段人が入らない場所の草がなぎ倒されていることで,あれっと感じた。クマはこうした自分が通過した跡を残す。残すことで後から来る者に何かしら知らせているようだ。こんな予兆が感じ取られたらよく耳を働かせるといいと思う。草をかき分ける音でも小動物の立てる音と体の大きい動物が立てる音は全く違います。釣り人が入っていないで草をかき分けているような音がしていればほぼクマだと思っていい。

IMG_6575s.jpg
わなの様子

市当局と猟友会の皆さんが寄せられた情報を元にわなを仕掛ける場所を選びます。入口は山側にしてあります。今までに檻の中の餌を食べた様子はないそうです。小動物が食べた跡はあったそうですが・・・。

自然が好きで山にもよく行く私ですが,クマの生態も知りたいと思っていますが実際その機会にはめぐまれていません。
栗駒山へ行った際にも何度かクマと遭遇したり,ニアミスしています。そこで分かったことはクマも案外人の近くにいるものだ。電柱に沿って刈り払われた歩きやすい所を通ったりしています。そして意外と自己主張していて,ここにいるぞと通過した草むらで体をごろごろさせたり,草を倒してメッセージを与えています。また,通過した所に糞をして後から来る動物たちに分かるようにわざと痕跡を残したりするようです。何か食べているときは案外集中している様子です。ですから食べている場合にはそっと音を立てないように離れるようにした方がいいようです。

栗駒山 604s
栗駒山でのクマの足跡  雪が残っている季節は足跡があってすぐ分かります。


クマ200mm
以前遭ったクマ トリミングなし 200mm

このクマに出会ったのは八月のお盆に入ろうとする時期でした。

当地に出ているクマは今のところ牛小屋の近くに出たりしていますが,家畜を襲うわけでもなく,タケノコを食べたり,どこか人間を避けるような行動を取っていると猟友会の方は言っていました。それにしてもクマはどういう行動を取っているのか予想だにつきません。宮城県のホームページのクマ目撃情報を見ると4月からもう304件の情報が出ています。各月100件ペースはやはり多めかもしれません。クマが里の方に来るのはブナの実が不作だからだとよく言われます。ブナの花の開花数が少ない年は実の結実度も低くなって麓にデントコーンや栗などを求めて降りてくると言われます。ブナの実が豊作・不作だった年とクマの目撃情報の件数とを比べてみました。まとめたのが次のような表になります。

宮城県 ブナの開花・結実結果宮城県
  開花結実クマの目撃件数
平成 17年豊作 4.7 4.3 
18年皆無10.2672
19年凶作1.51.3282
20年凶作3.71.7439
21年並作3.32360
22年皆無3.20.5538
23年凶作3.71.5262
24年並作 2.8 2.2908
25年 豊作 3.75.0 509


セル内の色と数値は,緑が豊作(数値は豊凶指数のこと3.5以上が豊作を示す),黄色が並作(豊凶指数2以上3.5未満)オレンジ色が凶作(1以上2未満),赤色は皆無(1未満)という意味です。

最近の2019年のブナの作柄を見ましょう。
2019ブナ作柄
国立研究開発法人 森林研究・整備機構「ブナ等結実度データベース」から

ほとんどが青四角の「凶作」となっています。ブナの結実度は思わしくなかったようです。ブナが不作でもミズナラなどのどんぐりがある。どんぐりがなくてもトチの実があるというようにクマが段階的に餌を採ることができる豊かな樹種をもった森林が必要なのでしょう。
「クマを山に留め置くには人工林に広葉樹を導入し,広葉樹との混交林にしていくのが有効で,かつ根本的な解決方法だと考えられ」ます。クマだけではありません。カモシカもイノシシもサルも安心して山の中で暮らせるのです。また麓の山里の過疎化による荒れも山から下りてくる動物にとっては自然と人里に入るきっかけをつくっていることも確かでしょう。森林の針葉広葉混交樹林化が望まれます。とは言え,当地の山林は殆どが私有です。行政によるリードが必要になっていきます。


ただ「クマが出た。こわい」だけでなく,クマから現在の自然や気象を学ぶきっかけとしたいものです。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

男語り女語り3-永浦誠喜さんプロフィール-

宮澤賢治写真帖夕暮れの水面 伊豆沼

この特集「男語り女語り」は,今は故人となられましたが,登米市の永浦誠喜さんと伊藤正子さんというお二人の昔話の語り部が実は全く同じルーツを持っていたこと。明治元年生まれのよふさんの話を聞いて育った(正子さんは祖母よふさん-母よしのさん経由)お二人だったということから,二人の語りの相違点を「男語り女語り」と称して追ってみたレポートです。その違いを知るためにまず二人の「雉も鳴かずば」を取り上げて比較してみました。
実はお二人の語りを実際にインターネット上で聴くことが出来ます。
「東アジア民話データベース」というサイト内の「日本民話データベース」のページの「宮城県」を開くと宮城の語り一覧が出てきます。以下の語り部の方のお話が聞けます。「日本民話データベース」は( こちら )
伊藤正子さんの語り 宮城県登米郡迫町
永浦誠喜さんの語り 宮城県登米郡南方町
佐々木健さんの語り 宮城県宮城郡利府町
早坂きよしさんの語り 宮城県加美郡色麻町下本町
只野とよさんの語り 宮城県遠田郡小牛田町(現 美里町)
佐藤玲子さんの語り 宮城県

このように今は絶対に聞くことができない語りを肉声で聴くことが出来ることは素晴らしいことですね。

賢治が見た伊豆沼靄懸かる朝

さて今日は永浦誠喜さんのプロフィールを紹介しましょう。
まずは永浦誠喜さんと伊藤正子さんのお二人の関係をもう一度確かめましょう。次の系図をご覧下さい。Mは明治の略,Tは大正の意です。太い線は昔話の伝承の流れです。

DSC_3712-2s赤枠入り日本の昔話11 「永浦誠喜翁の昔話」(昭和50)日本放送出版協会p304から部分引用

こう見ると二人とも祖母よふさんの孫であり,内孫としての永浦誠喜さん,外孫としての伊藤正子さんということになります。従ってお二人はいとこ同士です。誠喜さんはよふさんに毎夜直接に話を聞いて育ち,正子さんは母よしのさん経由でよふさんの話を聞いていたことになります。大正十五年生まれの正子さんが生まれる前年に明治元年生まれの祖母よふさんは亡くなっていたそうです。正子さんは生前の祖母よふさんの話を実際に聞く機会はなかったようです。しかし,よふさんの語り魂はしっかりと場所を隔てても正子さんに受け継がれていきました。伊藤正子さんのプロフィールは以前に記事にしたのでそちらをご覧下さい。その記事は( こちら )

永浦誠喜さんは明治四十二年四月十七日。登米市南方町青島屋敷に父清治,母みどりの長男として農家に生まれました。兄弟は上に姉きみえさん(明治三十九年)弟三人続いて妹のみち子さんの六人兄弟になります。農家を継ぎ,優れた人格で公民館長を務めたりしながら町史の編纂などにも盡力しました。NHKのど自慢の審査員も務めていらしたそうです。
昔話は四,五歳あたりから聞いていて小学校三年生の頃にはすっかり覚えてしまった。いろりに親しむ十一月から二月頃までが昔語りの時期で,特に年の暮れから正月にかけてはたくさん聞いた。薄暗いランプの下で,祖母はぼろ継ぎや足袋の繕いなどをしながら楽しく話してくれた。(中略)祖母はたとえごとがすごく上手で,「鼻をつままれても分からない真っ暗な夜」とか,「極楽浄土から吹いてくるような気持ちよい風」と言うように巧みな表現で楽しく話していた。永浦誠喜氏の昔話を採集した佐々木徳夫氏に依れば誠喜氏のレパートリーは実に二百七十五話だったそうです。その殆どが祖母のよふさんからの伝承です。誠喜氏ご自身の八人の子ども達にも昔話を伝え,学校でせがまれ語り,戦争で召集され青森の軍隊で語り,聞きたいと言えば誰にでも語ったそうです。すぐれた研究者小野和子さんが志津川で聞いた昔話が誠喜氏の昔話と似ており,聞いてみたところ軍隊で誠喜氏から聞いたものだったことが分かったこともあったそうです。

蛇足ですが私などはお二人の「忠兵衞と忠太郎」というお話はいつも心にじーんと染み渡り,目がうるんできます。「山椒大夫」の話を聞く度にやはり同じような心持ちになります。その心持ちは,昔,お祖母さん方が涙を拭き拭き,神楽や語りを聞いていたことと重なるような気がしています。

次の「男語り女語り」は,少し空けて今出てきた「山椒大夫」などの説教節についてお話したいと思います。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

男語り・女語り

永浦誠喜さんと伊藤正子さん
昔語りの名手 永浦誠喜氏(左)当時91歳と伊藤正子さん(右)74歳 2000年8月当時の写真
 「聴く・語る・創る」第11号2004年3月発行日本民話の会から
 
先回の記事は昔話「雉も鳴かずば撃たれまい」を永浦誠喜さんと伊藤正子さんのお二人に語っていただきました。(こちら">こちら
同じ話なのに語り口にも展開の妙もかなり違った味わいになっていましたね。話は嫁いだ嫁が一言も話をせず困り果てた嫁ぎ先が嫁を実家に返そうというもの。どうして一言も話さない嫁なのかと言うと,父親がへらへらとして口達者過ぎて結局は自分自身が人柱になってしまうという話が底にあります。口は災いの元ということわざの通り,減らず口をたたいてばかりいると災難は自分に降りかかってくるという教訓が込められているのかもしれません。母親は嫁ぐ娘に要らないことは話すなよ,父親のようにはなるなよという教訓を垂れたことで娘は一切言葉を話さなくなるという内容です。しかし話してみれば歌まで詠む,才の立つ嫁であったことが分かり,嫁ぎ先で幸せに暮らしたという筋です。

男語りの永浦誠喜さんの話は文字に起こしてみると文字数541文字でストレートに何も喋ろうとしない嫁の問題に入り,そこからストーリーが回想されて理由が明らかになっていきます。簡略にストレートに,まさに男性的な語り口で明快に語られていきます。一方,女語りの伊藤正子さんの語りは1598文字で永浦さんの語りの3倍の量で出来事やストーリーや登場人物の感情がよく分かるようにタイムラインで出来事順に丁寧にかみ砕くように,畳みかけるようにゆっくりと語られていきます。伊藤正子さんの語りがこんなにも分かりやすく丁寧なのは,嫁に行くということはどういうことか,昔,女性が幸せになるということはどういうことかという同じ女性へのはっきりとした助言が伺えます。つまりお二人が昔話を語ることは,それを聴いてくれる人への明確な人生訓が埋め込まれているということなのです。永浦氏の話は男の立場から嫁を考えることで,同じ女性としての伊藤氏の話は女の生き方についての思いを話の中に埋め込んでいきます。これが同じ話なのに「男語り女語り」として全く違った魅力を花咲かせていきます。

なぜ今回,「男語り女語り」というテーマで取り上げたのかというと,このお二人は全く同じ人から昔話を聴いて来たお二人なのです。永浦誠喜氏と伊藤正子氏の昔話のルーツは明治元年生まれの祖母のよふさんなのです。全く同じ昔話のルーツを持つお二人が自分が語り手になった時に自分の語りをどのように創りあげていったのかが分かるわけです。

平成17年10月23日(日) 007-2s
平成29年5月31日に亡くなった昔語りの語り部 伊藤正子さん 平成17年10月の昔語りの様子

ここにみやぎ民話の会の伊藤正子さん紹介がありますから載せてみます。
 (伊藤正子さんの語りは)母のよしのさん,その母のよふさんからの伝承で、母から娘へと女系をたどって受け継がれているのが特徴です。正子さんにとって祖母にあたるよふさんは宮城県登米郡新田から隣の南方町へ嫁ぎました。そして、母よしのさんは南方町から新田へと嫁入りします。正子さんは登米郡新田で生まれ育ち、隣家の伊藤家に嫁ぎ、そこでいまも元気に暮らしておられます。つまり、伝承の水脈は新田から南方へ、そして、南方から新田へ行ったり来たりして、いま正子さんの口から溢れているわけです。祖母も母も正子さんも農家のお嫁さんです。農作業の合間を縫って、手仕事をしながら、昔話を語ってきたということです。
 なお、語り手永浦誠喜さんとは年齢の違う従兄妹同士です。
レパートリーは200話近いという。19歳で嫁ぎ子育てと農業一筋に生きてきました。幼いころ私は電灯のない農家に育ち、秋から冬の長い夜は母の語る昔話を聞いて育ちました。その数ははっきりわかりませんが、およそ200話は超えたでしょう。


調査に寄れば永浦誠喜氏の話はいつどんなに時代を隔てて話しても全く一字一句同じだったと言われます。それは伊藤正子さんの場合でもそうだったと言われます。全く驚くべきことです。全国津々浦々に居る語り部は現代では全くすたれています。宮城では仙台メディアテークが音声資料として昔話を保存しようとはしていますが語り部や語りという文化自体が忘れ去られようとしています。また昔話のドキュメンタリー映画「うたうひと」が残されたことも意義深いことです。

伊藤正子さん2
映画「うたうひと」より

映画「うたうひと」のH.Pは ( こちら">こちら )

現代の「語り」という文化はこれからどのように生き残っていくのでしょうか。コロナの時代を迎え,パソコンやスマホのディスプレイ上で「語り」は成立していくのでしょうか。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

雉も鳴かずば撃たれまい

キジキジ
雉も鳴かずば撃たれまい

今日は「雉も鳴かずば撃たれまい」という昔話を紹介します。
「雉も鳴かずば撃たれまい」というこの題名ですが,雉は草陰や藪にいて隠れています。逃げるときにはケンケーンと鳴いて飛んで逃げることはよくご存じでしょう。鳴きながら飛ぶので鉄砲でねらいを付けられ易く,また撃たれやすいのです。だから雉も逃げるときに鳴かなかったら狙われ,撃たれることもないだろうにという意味が込められています。

今日はこの「雉も鳴かずば」の昔話を宮城の歴代の昔話の名手,永浦誠喜さんと伊藤正子さんの二人に語ってもらいましょう。もう二人とも故人になられましたが宮城の語りの歴史というものも残しておきたいものです。ダイナミックな男語りの誠喜さんと順序よく丁寧に語る女語りの正子さんに敢えて同じ昔話を語ってもらうのは実はわけがあります。それは追々お話します。今日はまず二人の語りの違いを楽しんで下さい。

キジ2きれいな羽です
「雉も鳴かずば」
永浦誠喜さんの語り
あるどごで嫁御もらったんだど。
実家にいだどきには口立っていたらしいので,もらったんだげっとも,そごの家さ来たれば,まじめに稼ぐも稼ぐしするし,いい嫁御だけんつも,なじょなわけだか,さっぱり口立たねんだど。なに聞いても黙っていて,用あることも語んねような,そういう嫁御だったんだど。
なんにも口立たねから,世間の人達にもおしょすい(恥ずかしい)しするから
「なにか語れっちゃ」
って言ってもはっぱりなんにも言わねぇ。
「仕方ねえから,実家さ返すより他ねえや」
って,家の人達,みんな相談して,そして隣りの親父(おやん)つぁんさたのんで,嫁入り時持ってきた財宝馬さ乗せて,実家さ帰ることになったんだど。
で,実家さ送る途中で,山の近くでも通ったかね,どっかで
ケンケェーン
って雉ぁ叫んだんだったど。
したれば,すぐあとから,ドーンと鉄砲撃つ音して,雉落ってきたんだど。
そしたれば,その送られいる嫁御は
もの言うて父は長柄の人柱
雉も鳴かずば撃たれまい
って,隣りの親父(おやん)つぁんさ歌詠みして聞かせたんだど。隣りの親父(おやん)つぁん,たまげで(驚いて)
「ながながこの嫁御は頭いいし,口語られっけや」
って,実家さ送らねでまだ戻ってきたんだど。それからその後いろいろ事情聞いてみたれば,嫁御のお父(どっ)つぁんて人は人柱にされて生き埋めになったんだね。
しょっちゅう堤防切れでしもう長柄川つうどころあって,その修復工事してる時そのお父(どっ)つぁんが
「誰か人柱に立てっと切れなくなる」
って言ったんだど。そしたっけ
「誰も人柱になる人もねぇから,お前言い出したんだから人柱になってけろ」って,お父(どっ)つぁんが人柱にされたんだど。
で,お母(がっ)つぁんが娘が嫁御に行く時に
「お父(どっ)つぁんはよけいなことしゃべって,人柱になった。お前も人中(ひとなか)でよけいなことはしゃべるもんでねえ」
ってかたく言われたので嫁いだ先では口言わねでいだったのはこのわけだった。
「働いても,家中(えなか)のことでも,ちゃんとやるしするから,置いてみんべ」つうことになって,それからはよけいなことはしゃべんねぇが用あることは言って,りっぱに務め果たして,大切にされて死ぬまで嫁御になっていたんだどっしゃ。
んで,えんつこもんつこさげだど。

メスメス
次に伊藤正子さんの「雉も鳴かずば」です。
伊藤正子さんの語り
むかぁしむかしね。
あるどごろに,うんとへらへらっつうお父(どっ)つぁんがいだったんだど。あることねぇこと,いっそ語って,そこの部落を騒がせたり,村を騒がせたりしてたんだど。
そこに長柄川って川があって,雨降るたんびに橋が流されるんだと。毎年流されるから村の人達(したつ)が集まって
「いったいこの橋,なじょに架けたら流されねんだべや」と相談してしたんだど。そしたら,そのへらへらっつうお父(どっ)つぁんが
「なにな,人柱立てっと流されねぇどや」って語ったんだと。
「んだら,人柱立てて橋を架けたらいいんでねぇが」
「だれ,その人柱になる」
誰もいながったんだど。村の人達(したつ)は
「お前がその口出ししたんだからお前を人柱にするべ」
断ったがとうとう人柱になってしまったんだど。
さあ,お母(がっ)つぁんはうんと悲しんだんだど。そごに娘が一人いたんだど。年頃になって嫁御にいくことになったんだど。そしたらお母(がっ)つぁんが
「あのな。おら家(え)のお父つぁんは口語ったばかりに人柱にされでしまった。お前もな,口語んなよ。よけいなこと語ってだめだぞ」そうかたく語ったんだど。
さあ,嫁御にいったげっともなぁんにも語んねがったんだど。聞かれても頭で「うん」とか「やんだ」とかぐらいしか言わねがったんだど。
「さあ,器量はいいし,よく稼ぐし,朝は早くおきっし,なぁんにも言うことはねぇ嫁御だったんだげっとも唖(おっつ)嫁御もらったんではわがんねっちゃ」
「したらば実家さ返せ」となったんだど。
隣りの親父(おやん)つぁんを頼んで馬っこさ乗せられて実家さ帰ることになった。
そしていよいよ実家さ返される日になって嫁御は
(お父(どっ)つぁんが人柱にされて悲しんでんのに,おれがまた嫁御出されていったのならばお母(がっ)つぁん,なんぼ悲しむべがなぁ。泣くべなぁ。)と思って涙ぽろぽろ,ぽろぽろ流れて板の間が濡れてしまったんだど。そしたら姑お母(がっ)つぁんが
「なんだ。お前。こご汚したのが。化粧水か」と怒られたんだど。それでもなにも語んねがっと。
そして隣りの親父(おやん)つぁんが来て,馬っこに乗せられて実家さ返されたんだど。泣きながら行ったど。途中まで行って山道に差し掛かったところ,雉が
ケンケェーン
って鳴いたと思ったら,ズドーンと鉄砲で撃たれたんだど。そしたら嫁御が馬っこの上で

わが父ももの言うて長柄の人柱
雉も鳴かずば撃たれまいぞや

と歌詠みしたんだど。そして更に

今朝姑(はは)にお化粧水かと問われしが
送られ妻の涙なるらん

と詠ったんだど。
これには隣りの親父(おやん)つぁんも驚いて
「唖(おし)嫁でもなんでもね。こんな立派な歌まで詠むんだから」と引き返してきたんだど。それからというもの必要な時にはちゃんと語ってよい嫁となり幸せに暮らしたんだどっしゃ。
 えんつこもんつこさげた


どうでしたか。同じ昔話なのに全く違って聞こえますね。
語りの構成やストーリーの展開の工夫でこんなにも違って聞こえるものなのです。お二人とも語りの達人です。でもこれだけの違いがあること自体が驚きです。私がなぜここにお二人の語りの全文を載せたかというと,実はこのお二人,全く同じおばあさんから,この話を聞いて育ったお二人なのです。
この続きはまた次に。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村