fc2ブログ

阿弥陀如来来迎図2024

DSC_2950-72024来迎図s
2024今年の来迎図

毎年のお彼岸の中日に沈む太陽を眺めることは特別な御利益があると,「観無量寿経」に説かれている。「日想観」のことである。
四天王寺も長年途絶えていた日想観法要を復活させた。今年はと言うと,どうも天気がよくないようだ。こちらでは雪の予報である。
そこでなんとか天気の良さそうな日,16日を選んで撮影した。
以下の写真は今までのお彼岸の中日に撮影した「日想観」の写真である。

但し春彼岸は撮影地が限られる。
つまり標高の高い所は冬の通行止めが続いているので,平地で場所を選ぶしかないのです。

DSC_5851-2gs-6.jpg
2018年

DSC_5521_2_3_tonemapped-2gs-6.jpg
2020年

DSC_3003-7-1s (1)
2022年 お彼岸ではないが,ブロッケン現象。つまり阿弥陀如来来迎図である。

DSC_0478-2g-2s-6.jpg
2019年か

IMGP3136_7_8-2s.jpg
2015年辺り

もし良かったら明日の落日が見られたらそれだけで御利益があると思います。
ちなみにまず身体全体の隅々まで丸い太陽とその光を取り込み,次に眼をつぶって自分の中で丸い太陽とその光を大きく大きく再現させます。うまくいけば「日想観」が身体の奥底に成立します。
落日での瞑想です。


スポンサーサイト



霊場出羽三山のデザイン3-伝説の生成-

DSC_8265-7s.jpg
立ち込める靄  9月7日 内沼

出羽三山のデザインを方位,地勢的な点から探っての3回目
今日は「羽黒山縁起」などの内容の変化から,出羽三山が霊場としてどのようにデザインされていったのかを探ります。
出羽三山は,擬死再生の山と言われるように,人の現在,過去,未来をここ一箇所で体験し,生まれ変わることができると言います。
下の表が,その大きな枠組みとなります。
ホンチ
出羽三山の構成図

では,蘇我馬子の乱を逃れ,崇峻天皇の子,羽黒山の開祖,蜂子皇子が舟に乗り,八人の女達が踊る由良の港に着いた後,三本足の烏(八咫烏やたがらす)の導きで,正観音を発見し,羽黒山を開山したという縁起伝説は,どのように形成され,変化していったのでしょうか。

続きを読む

霊場出羽三山のデザイン2-東西軸とご来迎-

2012101705231345csブロッケン
ご来迎(ブロッケン現象のこと)

月山方位図
月山方位図

先回は上の地図,霊場出羽三山の主な拝所を地図上にプロットしてみたところ,月山の北には東補陀落,虚空蔵岳,御瀧神社,三山神社,そして阿久谷とほぼ一直線に並んだことから,見事に南北のラインに連なるように霊場がデザインされていたことを書きました。「さらに北へ方位線を延ばすと,鳥海山山頂にぴったり一致します。そして鳥海山なのに月山森という1650㍍ピークにも合致するのには,もう鳥海山の月山森ピークが月山の遙拝所であったとしか思われません」と続けました。
今日は東西の軸を見てみます。

ご存じのように羽黒山,月山,湯殿山が現在の羽黒三山と呼ばれていますが,室町中期辺りから羽黒三山と呼べば「羽黒山,月山,葉山」だった時代がありました。で,湯殿山と言うと,三山の奥の院と言われていました。上の月山方位図を見ますと,葉山は月山,湯殿山と東西軸でほぼ一致します。地図で調べてみたら,葉山は月山の真東ではなく7度程南に位置しています。「

葉山は,すなわち昭和30年まで葉山山中にあった天台宗の御山医王山又注連山大円院をさします。大円院は薬師像、不動尊を安置し、境内に雷神、三猿を祀り、開祖とする役行者像を安置する寺として知られていました。また、葉山修験道場の霊山でもありました。

と,書かれているとおり,葉山は,薬師如来が本尊で,葉山修験道の霊場だったのです。しかし,1665(寛文4)新庄領と白岩領の境争いの結果、大円院は新庄領と決定したりする境界裁判に揺れ動いたりしながら,往時,万治元年(1658)に12あった宿坊が、安永5年(1776)になると6坊に半減して,江戸中期から急速に衰えたようです。
こうして羽黒三山は,「羽黒山,月山,葉山」で,湯殿山は三山の奥の院という枠組みが,現在では変化して「羽黒山,月山,湯殿山」の時代となりました。月山を中心とした東西軸で見ると,月山でご来光(日の出)を拝むとまさに葉山の上から日が昇る光景が見られます(正確には7度の違いは,春分の日,秋分の日の7日ずれとなります)。そして葉山頂上から見ると,日の入りは月山の頂上を真ん中にして見事に沈んで行くでしょう。霊場出羽三山は,まず方位を基軸とした,実に見事なデザイン空間であることが分かります。これらの方位による霊場のデザインはどのような考え方で進められていったのでしょう。このデザインに,奥州平泉の都の立地条件や胆沢城の立地条件,また遠く,奈良,京都などの都の立地条件などを重ねることで,当時の都や霊場の選定や立地条件などを探ることができます。ただ方位の考え方も北東の鬼門より以前は,北北西の戌亥が採用されていた等の陰陽道等の考え方の変遷もあるでしょう。更なる研究の余地があります。
さて,この月山,湯殿山,葉山によってつくられる東西軸ラインで,太陽や月,星の運行等の天文的な特徴をピラミッドのように出羽三山でも見出すことができます。「ご来迎」つまりブロッケン現象のことです。これが出羽三山では,西に傾いた夕方の太陽の光で現われる「ご来迎」を大切にしたきたという特徴があります。

続きを読む

霊場出羽三山のデザイン

IMGP3136_7_8-2s.jpg
宇宙,自然地形のデザインに浮かび上がる場所の風景

無事に出羽三山秋の峯入りから山伏号が授けられ,戻って来ました。
羽黒山伏の厳しい行に触れ,多くのことを学びました。
さて,今回から数回にわたり,広大な霊場羽黒山を全体から見直してみます。自然や天体と見事にリンクさせている羽黒山の霊場としてのデザインを見てみます。まず,羽黒山,月山,湯殿山の三つの山で羽黒三山と呼ばれていますが,その場所や関連する代表的な拝所を地図上にプロットしてみました。
すると,・・・・。
月山方位図
月山方位図

続きを読む

新田中学校「天の祝福を歌う」

新田中合成-7sロゴ
新田中学校「天の祝福を歌う」

新田中学校の皆さん
 今年も皆さんの素晴らしい希望の歌声をありがとう
 65人の皆さんが歌った「歓喜の歌」は,天高く舞い昇り,天体のすべての々を讃え上げました。そして今は,皆さんに天の祝福が休みなく降り注いでいます。
ヒマラヤシーダの上には-4.7等の金が輝いています。また,上弦を迎えようとする齢6のは木を引き連れて歌に聴き入っていました。そして,木と金の間には土が輝いていました。
星々の祝福と家族の祝福,先生方からの祝福,新田地区の皆さんの祝福。全ての祝福を祈る新田中学校の歌声がいつもこの世界に鳴り響いています。ありがとう。皆さんの果てしない希望の歌声に力づけられました。
皆さんのこれからの活躍をいつも応援しています。
そしてメリークリスマス
この写真をクリスマスのプレゼントとして感謝の気持ちを込めて贈ります