スコセッシ「沈黙」を観て

沈黙

マーティン・スコセッシの「沈黙-サイレンス-」を観た。
この映画は,遠藤周作の「沈黙」が原作になっています。スコセッシが「沈黙」を読んでから28年温め続けて,今回の作品となったそうです。
スコセッシと「沈黙」って,あまり自分の中では結びつきませんでした。なぜスコセッシが「沈黙」をと正直思いました。ただ,随分昔に「ミッション」(1987)という映画を観たことを思い出しました。設定が似ていたのです。「ミッション」も名作でした。イエズス会の神父ガブリエル(ジェレミー・アイアンズ)が南米奥地のイグアスの滝近くのグァラニー族というインディオの村に布教に行きます。最後に神父は信仰を貫き,イグアスの滝に落ちていきます。この設定が「沈黙」と同じでした。この中にデ・ニーロが奴隷商人として出てきます。映画でのデ・ニーロとスコセッシとの関係は古くからですから,日本好きのスコセッシがデニーロを介して「沈黙」を大切に扱うという思いがあったのかもしれません。

わたしにとっても遠藤周作の本は読書で重く自分の中に残っています。しかし,人が知っておかなければいけない世界なのだと自分に言い聞かせてきました。キリシタン弾圧を通して,人間はこれほど冷酷なことをするのかと見せつけられました。正直,人間にがっかりしました。多分,殉教の歴史自体が苦しみの歴史で,日本もその中の一つだったのです。劇中に出てくる拷問の数々はむごく,冷酷で,果てがないほど精緻で,堅牢で,死に至らしめるには格好のものでした。これ程に人間を極限まで痛めつけることができるのも人間だという事実にがっかりしました。

DSC_0021-2s.jpg

「おらしょ」と隠れ切支丹の祈りは呼ばれました。わたしはおらしょの訥々と沈黙を壊さないように述べる祈りの言葉に驚いて,そのCDも買いました。彼らは隠れ切支丹として自分の祈りの声さえ世界に響かせることなく,ただ沈黙するだけの神に祈り続け,その信仰の証を得るために死んでいったと言ってもいいでしょう。

途中,捕まった5人の村人の中の一人,小松菜奈扮するモニカがロドリゴ神父に言います。
「死んだらパライソ(天国)に行けるのでしょう。パライソには苦しい仕事も,重い税金もないのでしょう」
そういうモニカのあどけなさというか,死を前にした明るさも映画ではのがしていませんでした。それほどに無垢に来世を待ち望んでいたことも確かだったのでしょう。忘れられないシーンです。

かみなり 005s

小説の中では切支丹の一斉摘発や集団の処刑を「崩れ」と言っていました。
そして踏み絵をして信仰を捨てることを「転び」と言っていました。ここまでに至らしめる拷問は見ていられないほどです。わたしが読んでいて思い出す隠れ切支丹への究極の拷問は,人間の身体をぎりぎりまで折り曲げて小さな木製の立方体の中に入れるというものです。

カシオペア正月 005-2s

ところで「沈黙」の映画としての完成度は実に高かったです。
最初に言った「ミッション」は監督  ローランド・ジョフィ,製作は「キリング フィールド」と同じフェルナンド・ギア,デヴィッド・パットナムのペア,ロバート・ボルトの脚本という豪華さでした。それと対をなす作品に仕上がっています。

昨年の2016年は遠藤周作没後20年,「沈黙」刊行50年に当たる年だったそうです。遠藤周作は宮城の隠れキリシタンの里にもやってきて取材しています。昭和40年辺りのことと憶えています。この取材から支倉常長がサンファンバウティスタ号でローマに表敬訪問したことを題材にした「侍」を書きました。

DSC_0023-2s.jpg

遠藤周作は人間の過酷さに目をつむることはありませんでした。人間が何をしてきたかをはっきりと見届けようとしました。
彼のまなざしはやがてマルキ・ド・サド研究に向けられていきます。このノートも講談社文藝文庫に入っています。キリスト教の信仰と人間というテーマの最奥まで辿り着こうとしたのです。遠藤周作が死んだ後,棺には彼自身の遺志によって「沈黙」と遺作「深い河」の二冊が入れられたそうです。

映画の中で神父フェレイラとその弟子ロドリゴは棄教しました。つまり「転んだ」のです。
しかし生き続けられることはできました。神は沈黙しているが,転んでも生きていること自体が大切なのだということです。そして遠藤周作の結論は,遺作「深い河」の中にはっきりと示されています。死んだ妻の生まれ変わりを見付けるためにインドへと再会の旅に出ます。
つまり苦しみ死んだ者もまた生き返り,愛する者と再会できるということなのです。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

わたしが見たスカイツリー

東京 243-2gs
私が見たスカイツリー

出張で東京へ
仕事が終わって川沿いを歩いた
浅草寺を抜けて隅田川へ


東京 412-2gs
日の出

田舎の景色ばかり撮っている自分が
歩きながら眼にする景色が
自分には何か捉えられないものに感じた

ある有名になった画家のコレクションの中に
名もない田舎の無名の作品があった
その画家のコレクションにあるだけで
その作品の出元(でもと)が懸命に探された

たった一夜で
いとも簡単に誰かによって権威づけられる作品とは何なのだろうか

いや。そう尋ねてはいけないのかもしれない。
相当する質が見いだされることはこのように実に偶然のことなのだ
と知っておくべきだということなのだろう。

作品はうち捨てられ,放り出される運命にある

そう知ってて,つくることをやめられない作家たちはざらにいる。



にほんブログ村

にほんブログ村

ただ者ではないな

内沼の土曜 986-2s
羽を広げて

伊豆沼は今朝は雨でした。
しかし昼前から晴れてすっきりした秋晴れでした。

東京国際映画祭で最優秀芸術貢献賞とWOWOW賞になったロシア映画「草原の実験」を観ました。
ラストで「えっ」となりました。ラストまで完成度が高いのに,何もあんなラストにしなくても・・・と思いました。ちなみにセリフのない映画です。監督・脚本のアレクサンドル・コットは,1973年モスクワ生まれだそうです。うーん。ただ者ではないな。監督曰く,この映画をつくるのに新藤兼人の「裸の島」が参考になったとか。

月曜朝 230-2s
朝の時間

夜は楽しみにしていたグレートトラバース「日本百名山一筆書き」の田中陽樹くんを観ました。
いやー。タフだなあ,やはりただ者ではなかった。
全編の中で行ってみたいなと思ったのは谷川岳の縦走路です。細いまっすぐな尾根道きれいでした。東北をあっさりと通り過ぎたのにはちょっとがっかりしました。

本は赤坂憲雄「柳田国男を読む」を読み終わりました。
柳田国男を読む (ちくま学芸文庫)柳田国男を読む (ちくま学芸文庫)
(2013/07/10)
赤坂憲雄

商品詳細を見る


今までの彼の著作の中で一番すーっと頭に入ってきました。
なかなかいい本です。

そして高倉健の追悼映画いろいろやっていますけど,この一本と言われたら「単騎千里を走る」かなあ。「ぽっぽや」もいいなあ。
単騎、千里を走る。 [DVD]単騎、千里を走る。 [DVD]
(2006/09/22)
高倉健、リー・ジャーミン 他

商品詳細を見る

もちろん,高倉健もただ者ではないですね。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

ヒマワリ畑-遠藤周作と熊井啓-

DSC_0054-2-1s.jpg
ヒマワリの花に夏の光


7月22日,天皇、皇后両陛下が宮城県を訪れた。
まず全国で14か所あるハンセン病療養所の一つ「東北新生園」を訪問されたのだ。新聞にはこう書いてあった。
 ◇半世紀かけ全14施設の入所者と懇談

 天皇、皇后両陛下は22日、宮城県登米(とめ)市のハンセン病国立療養所の東北新生園(とうほくしんせいえん)を訪れる。全国には14カ所(国立13、私立1)の療養所があり、両陛下の視察は13カ所目。ただ、唯一訪問していない大島青松園(おおしませいしょうえん)(香川県)の入所者とも施設外で会っており、今回の訪問ですべてのハンセン病療養所の入所者と懇談することになる。〈毎日新聞〉
天皇、皇后両陛下が半世紀をかけて全国にあるすべてのハンセン病療養所を訪問され,自ら声を掛けられたことは病気と偏見と差別の歴史を天皇陛下自らが身をもって正そうとすることになります。天皇陛下・皇后陛下に心より御礼申し上げ,敬意を表します。
 実は東北新生園は私の家の近くにあります。不治の病と言われたハンセン病は,私の子どもの頃は「らい病」と言われていて,あまり遊びに行くなよと家の人から言われていました。それでも友達と新生園に釣りに出かけたり,虫を捕りに出かけていたのです。よく山を散歩していた新生園の人たちとも会いました。

DSC_0404_2_3_tonemappeds.jpg
夕闇迫るヒマワリ畑

新生園の近くにいて,ごく当たり前のように子供時代から過ごしてきた私が,外からの目でハンセン病に向き合うことになったのは北条民雄の「いのちの初夜」を読んでからでした。そして大変な迫害の歴史があったことも知りました。そして遠藤周作の「わたしが・棄てた・女」を読んだりもしました。自分の勉強不足を心から悔いました。遠藤周作の作品は私にいつも倫理性の高さを要求してきました。かくれ切支丹の受難の歴史は,同じ人間がどうしてこんな残酷なことができるのかと涙を流したのも事実でした。人間社会の行き過ぎた厳しさを遠藤周作はいつも見逃さず私に教えてくれていたのです。

ひまわりの丘 041s
見渡す限り

そんな時,偶然に熊井啓の「愛する」〈1997〉という映画を観ました。この映画は,遠藤周作の「わたしが・棄てた・女」を原作にしているのです。ハンセン病の絶望,差別,偏見の中で,ミツという女性の,ハンセン病患者への愛を,素直に,強くいだき続けるその姿。人間を救うのは人間。

愛する [DVD]愛する [DVD]
(2007/12/14)
酒井美紀、渡部篤郎 他

商品詳細を見る


わたしはこの映画の上映会を企画し,東北新生園に勤めている友達に相談しました。
返事は「無理だと思うよ」の一言でした。がっかりしました。
でも今回の天皇・皇后陛下の来園は,私のあきらめかけていた気持ちを強く揺り動かすこととなりました。

DSC_0099-2gs.jpg
午後の光

遠藤周作と熊井啓。
素晴らしいコンビだと思います。
日本映画の底に流れ続ける,私たちが忘れてはいけないものをきちんと伝えていく人々です。


天皇・皇后両陛下は東北新生園の奥にある納骨堂に進まれ,深く手を合わせられました。

私は知っています。その手を合わせられた納骨堂の後ろの林には今を盛りと白いヤマユリが風に揺れて天皇・皇后両陛下に優しく手を振るように揺れていたのでした。

北条民雄は「いのちの初夜」によって文学賞を受賞しました。その翌年これからというときに彼は12月に死んでしまいました。その後,川端康成によって全集が編まれることになりました。
8/7から北條民雄の出身地である徳島県で,文学特別展「北條民雄-いのちを見つめた作家-」が徳島県立文学書道館で開かれます。(そのサイトは こちら )

クリックしてね
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村