FC2ブログ

陰翳ある緑

DSC_2450-2s.jpg
緑の中の「雨ニモマケズ」

つい先日のことでした。
テレビで「四次元の賢治-完結編-」というオペラを放映していました。中沢新一が脚本を書いたと憶えていたので観てみました。中沢新一がつくろうとしている「レンマ思考」という世界解釈の枠に賢治の考えはどのように溶け込んでいくのだろうという興味もありました。とても素晴らしい完成度の作品でした。
今日はまたつらつらと作品を観た感想と賢治について書いてみます。

賢治はすべてが幸せによって統一される世界を望んでいました。その秩序付けられた世界は宇宙原理とも言っていい自然の法則と同じ方向を向いていることで成り立っていました。すくなくてもそう望むことは賢治でなくても万民みなそういうおもいでしょう。
たゞひとつどうしても棄てられない問題はたとへば宇宙意志といふやうなものがあってあらゆる生物をほんたうの幸福に齎したいと考へてゐるものかそれとも世界が偶然盲目的なものかといふ所謂信仰と科学のいづれによって行くべきかといふ場合私はどうしても前者だといふのです。すなわち宇宙には実に多くの意識の段階がありその最終のものはあらゆる迷悟をはなれてあらゆる生物を究竟の幸福にいたらしめやうとしてゐるといふまあ中学生の考へるやうな点です。(書簡252c下書(四))
ここには宇宙原理は善である。自然は善である。自然は悪を行わないという基本的な大枠があります。ここに賢治の汎神論的一元論というスタンスがあります。野も山も草花も虫も人も自然の成果ですからみな平等であり,かけがえのないものです。つまり自然に対する絶対的な信頼に基づいています。太陽を中心としたこの銀河系の法則〈宇宙原理〉に逆らうことはできないということです。これらの考えは世界に存在するものに差別化を好まない幼少期に仏教によって育まれた賢治の性格と一致するでしょう。
「四次元の賢治-完結編-」のラストで「私はわたしであって私ではない」と何回か繰り返されます。
このようなセリフを聞くと私は「インドラの網」という賢治の作品を思い出します。ちょっと最後の方を引用してみます。
百千のその天の太鼓は鳴っていながらそれで少しも鳴っていなかったのです。私はそれをあんまり永く見て眼も眩くなりよろよろしました。
「ごらん、蒼孔雀を。」さっきの右はじの子供が私と行きすぎるときしずかに斯う云いました。まことに空のインドラの網のむこう、数しらず鳴りわたる天鼓のかなたに空一ぱいの不思議な大きな蒼い孔雀が宝石製の尾ばねをひろげかすかにクウクウ鳴きました。その孔雀はたしかに空には居りました。けれども少しも見えなかったのです。たしかに鳴いておりました。けれども少しも聞えなかったのです。  そして私は(三人の天の子供に会いながら)本統にもうその三人の天の子供らを見ませんでした。
 却って私は草穂と風の中に白く倒れている私のかたちをぼんやり思い出しました。
どうして賢治はこのような現実ではないような夢うつつのような書き方をするのでしょう。見たものは本当は見なかった,聞いたがあれは幻聴だったと打ち消していく。話自体が確かに眠っていての夢の話であることは確かなのですが・・・。
私はここに賢治の実際に見えているものへの心細さ,つまり今見えている現象自体が幻であるとしてしまう虚ろさや空しさを感じ取ってしまいます。つまり仏教の空論を賢治はどう考えていたのだろうと思わされるのです。そこで私が「銀河鉄道の夜」で理解しがたい箇所としたあの文章に行き着きます。
そのひとは指を一本あげてしづかにそれをおろしました。するとジョバンニは自分といふものがじぶんの考といへものが、汽車やその学者や天の川やみんないっしょにぽかっと光ってしぃんとなくなってぽかっとともってまたなくなってそしてその一つがぽかっとともるとあらゆる広い世界ががらんとひらけあらゆる歴史がそなわりすっと消えるともうがらんとしたたゞもうそれっきりになってしまふのを見ました。だんだんそれが早くなってまもなくすっかりもとのとほりになりました。
ぽかっと光っては見え,また消えるという明滅は「春と修羅」を思い出させます。「わたくしといふ現象は/仮定された有機交流電燈の/ひとつの青い照明です/ (あらゆる透明な幽霊の複合体)/ 風景やみんなといつしよに/ せはしくせはしく明滅しながら/いかにもたしかにともりつづける/因果交流電燈の/ひとつの青い照明です/ (ひかりはたもち、その電燈は失はれ) 」
賢治は今自分に見えているものが限定的で,真実を見ているとは限らないと思っていたのではないでしょうか。その普遍性のない特殊な自分にしか見えていない映像を「心象」つまり「メンタルスケッチ」と言うしかなかった。実に徹底しています。

賢治のこうした視覚や思考のどこか科学的でない「心象」の成果をどうにかして「虚無」ではないようにしていきたいという意志がありました。私は賢治のそうした科学的な姿勢で文学を昇華させていこうという態度を,良識的な文化人が持つ「謙虚なる最高の自由への旅人」と呼びたくなります。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

新・遠野物語-一人一文字「雨ニモマケズ」4-

風ニモマケズ
風ニモマケズ

写真の「雨ニモマケズ」の作品は子どもが一人一文字ずつ書いたものです。
宮沢賢治の「雨ニモマケズ」は298文字全55行からできています。子ども一人が一文字ずつ好きな色で書いていくと総勢298名の子どもの手によって完成した作品になります。文字も行替えもすべて:賢治が「雨ニモマケズ」を残した手帳通りにしました。子どもたちは時に真剣に,時に楽しく,時に笑いながらこの作品を書いてくれました。思い出多いこの作品を写真として残したいと思い,新遠野物語シリーズとして「一人一文字雨ニモマケズ」を始めることにしました。

今日は朝の光の中で撮った「雨ニモマケズ」です。

DSC_2105-2s.jpg
桜散って「雨ニモマケズ」

小学生に上がる前の子どもの「雨ニモマケズ」の暗唱を聞いたことがありました。幼いながらもしっかりとした暗唱に驚いたことがありました。
今日は「雨ニモマケズ」の途中部分についてお話ししたいです。次の箇所です。
・・・
アラユルコトヲ

   ジブンヲカンジョウニ入レズニ

   ヨクミキキシワカリ

   ソシテワスレズ・・・
この箇所の「カンジョウ」ですが,「感情」なのか「勘定」なのか。

もうお分かりですね。
正解は「勘定」です。
つまり「自分のことは勘定に入れずに,まず最初に他の人のことを考えてあげること」という意味です。利他主義に徹することという意味ですね。従って音読する場合には「カンジョウ」を「勘定」と読むイントネーションが必要になりますね。「感情」の場合には平滑なイントネーションになりますが,「勘定」の場合には幾分「ジョウ」に力が入ります。「カンジョウ」 となりますかね。いずれも声に出してみると納得できるでしょう。


DSC_1872-2s.jpg
八重桜もそろそろ終わり

暗記するときに私が迷うのは「 ヒデリノトキハナミダヲナガシ

   サムサノナツハオロオロアルキ 」の箇所です。「ヒデリ」と「サムサ」を入れ替えて思い込んでしまうのです。ですから「サムサノトキハナミダヲナガシ/ヒデリノナツハオロオロアルキ」と誤って読んでしまうのです。以後,ヒデリだから水がほしい,その水こそ自分の涙で潤すのだと連想できてからは間違えることが少なくなりました。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村



新・遠野物語-一人一文字「雨ニモマケズ」3-

DSC_0731gs.jpg
ロゴ入り「雨ニモマケズ」

写真の「雨ニモマケズ」の作品は子どもが一人一文字ずつ書いたものです。
宮沢賢治の「雨ニモマケズ」は298文字全55行からできています。子ども一人が一文字ずつ好きな色で書いていくと総勢298名の子どもの手によって完成した作品になります。文字も行替えもすべて:賢治が「雨ニモマケズ」を残した手帳通りにしました。子どもたちは時に真剣に,時に楽しく,時に笑いながらこの作品を書いてくれました。思い出多いこの作品を写真として残したいと思い,新遠野物語シリーズとして「一人一文字雨ニモマケズ」を始めることにしました。

DSC_1633-2s.jpg
大川小学校の教室で「雨ニモマケズ」

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」は戦前に教科書に載ったことで全国に知られるようになりました。谷川徹三は「雨ニモマケズ」を二十世紀で最高の詩と高く評価しました。私自身も「雨ニモマケズ」は大好きですが,世間的な評価としては賛否が分かれている所でもあるようです。
「雨ニモマケズ」はまるで東北の,どこか日本人の精神の骨格をそのまま表現したような孤高さを漂わせています。この骨太さ。そして清貧なる孤高さはむしろはっきりと人間的な弱さから滲み出ているようです。まるで星を仰ぎ見て感じる切々とした細い希望を諦めない図太さまで貫通しています。開墾や開拓に明け暮れた先人の姿まで見えてきます。この「雨ニモマケズ」の精神性は私には日本文学の持っている仏教説話領域の高い完成度を示す証拠と見ています。古来から日本の説話文学は仏教の教えを民衆に平易な形で伝えるという意義を負っていました。今昔物語も,宇治拾遺物語等もどこか教導的で,仏教の教えと結びついて成熟していった所があったのです。説法や説話はどう教えを的確に分かりやすく人々に伝えられるかに収斂していきました。文学でのそういった領域を教導文学とも言ってきました。僧,山伏,廻国僧達は多分渡り歩いた日本各地で言葉で,絵で紙芝居にして,的確なエピソードを入れ「絵解き」や説法を行ったはずです。文学の歴史は少なからず「語り」そのものの完成度を高める歴史だったとも言えると思います。

DSC_1360-2s.jpg
大川小学校の壁画と「雨ニモマケズ」

こうした長い日本の説話文学の現代的な大成の一つを宮沢賢治の「雨ニモマケズ」が成し遂げたと言えるのではないでしょうか。
小難しげな言葉を並べ立てましたが何のことはない賢治の活動を振り返って見ればすぐ分かります。賢治の書いた童話とは何でしょう。実にオーソドックスな説話文学の流れのまっただ中にあると思いませんか。そうなのです。賢治は現代的な伝道者の一人に数えられるでしょう。89年前の不作に揺れた昭和六年の寒くなった時分に書かれた「雨ニモマケズ」をコロナに苦しむ現代にもう一度読み返してみましょう。


 11.3.

     〔雨ニモマケズ〕   

   雨ニモマケズ

   風ニモマケズ

   雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

   丈夫ナカラダヲモチ

   慾ハナク

   決シテ瞋ラズ

   イツモシヅカニワラッテヰル

   一日ニ玄米四合ト

   味噌ト少シノ野菜ヲタベ

   アラユルコトヲ

   ジブンヲカンジョウニ入レズニ

   ヨクミキキシワカリ

   ソシテワスレズ

   野原ノ松ノ林ノ蔭ノ

   小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ

   東ニ病気ノコドモアレバ

   行ッテ看病シテヤリ

   西ニツカレタ母アレバ

   行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ

   南ニ死ニサウナ人アレバ

   行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ

   北ニケンクヮヤソショウガアレバ

   ツマラナイカラヤメロトイヒ

   ヒデリノトキハナミダヲナガシ

   サムサノナツハオロオロアルキ

   ミンナニデクノボートヨバレ

   ホメラレモセズ

   クニモサレズ

   サウイフモノニ

   ワタシハナリタイ


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

新・遠野物語-一人一文字「雨ニモマケズ」-

DSC_0750-2s.jpg
雨ニモマケズ

写真の中の「雨ニモマケズ」の作品は子どもが一人一文字ずつ書いて出来上がったものです。
宮沢賢治の「雨ニモマケズ」は298文字全55行からできています。子ども一人が一文字ずつ好きな色で書いていくと総勢298名の子どもの手によって完成した作品になります。文字も行替えもすべて手帳通りにしました。子どもたちは時に真剣に,時に楽しく,時に笑いながらこの作品を書いてくれました。折角書いてくれたこの作品を写真として残したいと思い,新遠野物語シリーズの一環として「一人一文字雨ニモマケズ」を始めることにしました。

DSC_1201-2s.jpg
雨ニモマケズ


ご存じのように宮沢賢治の「雨ニモマケズ」は小さな手帳のP51から9ページにわたって記されていたもので,死ぬ二年前の賢治35歳,1931年11月3日に書かれたものと言われています。賢治の死後,例の革のトランクから出てきたものです。文は後で推敲した跡があまりないようなので殆ど書かれたままの文章と言われています。

ここで覚書程度に手帳に書かれていた「雨ニモマケズ」の特徴を記しておきます。

OIP.jpg

・全文は鉛筆書きですが,冒頭の日付「11.3」は青鉛筆で書かれている。
・「雨ニマケズ/風ニマケズ」と書いてどちらにも「モ」を挿入させている。
・「ヨク分カリ」と書き,後に「ミキキシ」を挿入させて「ヨクミキキシワカリ」とした。
・「南ニ死ニサウナ人/アレバ/シヅカニ行ッテ/コハガラナクテモ」として「シヅカニ」を消した。「行って」が赤鉛筆。
・「ヒドリ」と書いてある。これは「ヒデリ」の誤記だと入沢康夫は考えた。これは「ヒデリ」なのか「ヒドリ」なのか論争になった。
・「ミンナニ/デクノボート/ヨバレ/〈マタ〉/ホメラレモセズ」と記され,〈マタ〉という語句が入っていた。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

白い鳥

DSC_7946-2gs.jpg
白い鳥(宮沢賢治による「白い鳥」)

   二疋の大きな白い鳥が
   鋭くかなしく啼きかはしながら
   しめつた朝の日光を飛んでゐる
   それはわたくしのいもうとだ
   死んだわたくしのいもうとだ
   兄が来たのであんなにかなしく啼いてゐる
     (それは一応はまちがひだけれども
      まつたくまちがひとは言はれない)
   あんなにかなしく啼きながら
   朝のひかりをとんでゐる
     (あさの日光ではなくて
      熟してつかれたひるすぎらしい)
   けれどもそれも夜どほしあるいてきたための
   vague(バーグ)な銀の錯覚なので
     (ちやんと今朝あのひしげて融けた金(キン)の液体が
      青い夢の北上山地からのぼつたのをわたくしは見た)
DSC_9016-2s.jpg

   どうしてそれらの鳥は二羽
   そんなにかなしくきこえるか
   それはじぶんにすくふちからをうしなつたとき
   わたくしのいもうとをもうしなつた
   そのかなしみによるのだが

      (ゆふべは柏ばやしの月あかりのなか
       けさはすずらんの花のむらがりのなかで
       なんべんわたくしはその名を呼び
       またたれともわからない声が
       人のない野原のはてからこたへてきて
       わたくしを嘲笑したことか)

DSC_5125-2s.jpg
   そのかなしみによるのだが
   またほんたうにあの声もかなしいのだ
   いま鳥は二羽、かゞやいて白くひるがへり
   むかふの湿地、青い芦のなかに降りる
   降りやうとしてまたのぼる
     (日本武尊の新らしい御陵の前に
      おきさきたちがうちふして嘆き
      そこからたまたま千鳥が飛べば
      それを尊のみたまとおもひ
      芦に足をも傷つけながら
      海べをしたつて行かれたのだ)
   清原がわらつて立つてゐる
    (日に灼けて光つてゐるほんたうの農村のこども
     その菩薩ふうのあたまの容(かたち)はガンダーラから来た)
   水が光る きれいな銀の水だ
   (さああすこに水があるよ
    口をすゝいでさつぱりして往かう
    こんなきれいな野はらだから)


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村