FC2ブログ

読む写真 宮本常一の手法-地割り-

陸羽東線 115-2gs
春の気配 陸羽東線 最上駅を出て

「賢治と鉄道」の宮沢賢治の樺太行きについては,中途半端な点もありましたが一旦終わりとして,今日から写真について話したいと思います。題して「読む写真 宮本常一の手法」と,いつも題名だけが格好良く中々中身が着いていきません。

宮本 常一(みやもと つねいち)は,1907年8月1日 - 1981年1月30日73歳,民俗学者と紹介されている。戦前から全国各地を廻り,聞き書きを続けました。その最たるものが『忘れられた日本人』(昭和35)で岩波文庫で今でも読めます。

忘れられた日本人

聞き書きしたこれらの作品は,いずれも昔の日本人の姿を映し出していて,興味深く読めます。
彼の徹底した追究の姿勢の特徴は,足で稼ぐ聞き書きと写真にあります。彼は聞き書きをしながら,十万点以上の写真を残しています。これらの写真が実は宮本民俗学を理解するにも,写真が学問にどうつながっていくかという手法を知るにも重要に思えるのです。
私は彼を「歴史民族学の絵解き師」と呼びたいです。絵解き師とは昔,常民に仏法を理解させるために,曼荼羅などの絵を使ったり,物語にしたり,歌にしたりして分かりやすく説法した僧のことを言います。
前振りはともかく早速記録された写真を見ていきましょう。次の写真を見て下さい。

地割り 007-2s
畑の地割りの例  広島県能美島中町(現 江田島市)の背後 1966.12撮影

「地割り」というのは,その土地が分割されている様子を言います。土地割りとも言い,分割線とも言います。
写真を見ると尾根に沿って道路が通っていて畑がモザイク模様のように美しい形で並んでいます。そしてその起伏に沿ってたてのラインが一軒の農家の持ち分です。つまり短冊状に土地を分割していった歴史があったと思われます。土地を平等に分けていく考えがあったのです。ですから,この場所はもともと地主がいて,それが先着順に譲られていった形ではないでしょう。もしお金を出して譲っていったのであれば,畑には大小が生まれ,水の取りやすい場所が取られ,もっと不規則になったはずです。
どうやら集団でこの場所に移り住み,みんなで平等に分けたのです。例えばこのような平等性の結果を,宮本は漁民が陸上がりして集落をつくった場合にこのような地割りになるのではないかと推測するわけです。このようにその地形から集落ができる過程を考えるのです。
 このたった一枚の写真から集落を形成する集団の土地分割や土地利用の歴史を読み取ることができるのです。
これは興味深いことです。もっと近くで,このような地割りの例を見ましょう。次の写真を見て下さい。

地割り 018-2s
横浜市周辺 1968年12月 新幹線の車窓から 
起伏に沿って縦に分割した線がはっきりと分かります。
一軒について縦に区切られた線の中の土地が自分の土地になります。
一番上に山があります。燃料の木を切り出したりするのでしょう。また山の手前に灌木か,何かが植えられています。家畜などの餌にするものを取る場所かもしれません。畑には様々な物が植えられています。地割りの考え方は自給自足を最大限まで効率的に進める考え方が現れ出ていると写真を読むわけです。このように,その土地にやってきて,開墾して自分の土地となり,定住していく歴史があったと読めます。中世の名田の考え方でしょう。
次の写真は地割りの典型的な例です。

地割り 027-2s
東京都府中市の新田土地割りの図

道路に沿って短冊状に土地が割り振られています。そして一軒一軒の土地をよく見ると,その土地の中に宅地,畑,雑木林,墓地があるのです。このような土地の構成の仕方は,最も合理的で無駄がない形でしょう。現代で言えば,畑付き土地分譲建て売り住宅の販売のようなものでしょうか。
実際このような土地割りであっても貧富の差が出てきて,退転したりする農家も出てきたことでしょう。そして土地が売りに出され,地区に関係のない者がその土地を買ったりすることもあったと思います。また,分家して新しい土地を開墾したりすることもあったでしょう。このようにして素封家や旧家や地主が形成されたのかもしれません。

宮本常一は写真からこのような日本全国の土地の歴史を丹念に読み取っていたのです。写真が学問の最強の武器となることを自覚していた宮本常一の手法は素晴らしいと思います。

この話は続きます。


にほんブログ村

にほんブログ村

コノテーションブルー

伊豆沼121 332-2s
コノテーションブルー

「コノテーションブルー」
「コノテーションブルー」なんていう言葉はありません。
私が勝手に名付けたものです。
「コノテーションは」内示的な意味のこと。例えば「青空」という言葉は字義通りでは正に「青い空」のこと。しかし青空と聞いて,清々しさ(すがすがしさ),爽やかさ,また希望などを連想します。この副次的意味は個人によって生成されています。言葉から生まれてくる想像や感情,感覚があります。これがコノテーションです。

日常生活でも,写真でも,聞いたまま,見たままに,字面(じづら)通りに受け取ることと同時に,副次的に個人の中で豊かに解釈が施される部分でコミュニケーションが成り立っていることも確かです。会話でも普通は言ったとおりに相手が受け取ることでコミュニケーションが成立していますが,さらに副次的に連想することでさらにリアルに人間関係も実感できるというものです。しかし,こんな場合はどうでしょう。

母「お風呂見てきて」
子「はーい。」
(お風呂はもうあふれていた)
子「(お湯も止めずに)見てきたよー」
母「ありがとう」

この「お風呂(あふれていないかどうか)見て」きてという母の意図は伝わらず,本当にただ見てくるという,「伝わらなさ」をコノテーションブルーとわたしは言います。

妻「洗濯物取り込んでてね」
夫「はいよ」
取り込んだだけでたたむことはしないでいると,後で妻が「たたんでくれていたっていいじゃない」と怒り出します。
夫「取り込んでというから取り込んだんだよ」と夫も反撃して火に油をそそぎます。
後は・・・。

このように,発せられた言葉に込められた意味と,受け取る側に解釈された意味が乖離してしまうことはいくらでもあります。
その「伝わらなさ」を私はコノテーション・ブルーと呼びます。
いわば言葉を発することで,その言葉に込められた副次的な意味までを受け取る側が豊かに解釈できるのかという問題があるのです。

日常ならず,表現芸術の分野の詩,小説,絵画,写真では,隠喩,メタファー,イコン等,コノテーションのオンパレードです。これを読み解くことで作品をよりより理解することができます。つまり隠し味がいっぱい詰まっているのがゲイジュツ作品と呼ばれるものです。その隠されたものをコノテーションの力によってどう相手の意味を深く読み取ることができるのかが大切になります。深く読み取れば読み取るほど,相手(作者)の意図を深く愛情をもって受け止めることができるのです。

私は写真を毎日載せていますから例えば次の写真を見て下さい。

ゆらぎs

今年の桜の写真です。敢えてタイトルは伏せておきます。
しかし「隠し味」があります。
この写真の部分を拡大するとよく分かります。

ゆらぎ
タイトルは「ゆらぎ」です。

写真を見ている人が作品の細部まで読み解いているか,観察しているかという解釈の練習的な面もありますが,実は作品はよく見てあげなくちゃという礼儀に当たる部分も言っています。大体において作品に込めた作者の表現の意図というのはよく伝わらないことが多いのです。私はこわくてコンテストにはあまり出さない方ですが,写真の表面だけで判定されることもあるかもと考えると芸術のこわさでもありますね。
まさに「コノテーションブルー」です。「伝わらなさ」のこわさです。
しかし,この「伝わらなさ」の苦しさにまみれながら,作品を出し続けることが写真が好きであることの証なのでしょう。
必ずや自分の作品を,丁寧になぞり,作品から得られるコノテーションの「隠し味」をきちんと読み取る人も世界にはいるはずです。
新たなる自分への挑戦は続くでしょう。



にほんブログ村

にほんブログ村

冬の栗駒山-幻想文学わがまま自撰傑作撰その二-

栗駒1123 149-2gs
ブナ林の雪景色

今日は昔の11/23の栗駒山の写真にのせて,「幻想文学わがまま自撰傑作撰」のその二をお送りします。
栗駒山の方はどうやらいわかがみ平への道路は雪のために通行止めになっている可能性があります。ハイルザームなどに問い合わせてから行った方がよいと思われます。昔にこの時期の栗駒山に行ったはずだと写真を探してみました。3連休晴れると行ける可能性がありますね。

さて昨日の記事を書きながらもっとあるはずだと思っていました。ノートを見たら「これもだ」と気付いた作品がありました。今日はその作品を追加するということです。

栗駒1123 116ss
唐松林から

まず昨日リストアップした作品が次のような作品です。
フリオ・コルタサル「続いている公園」
E.A.ポー「催眠術の啓示」「メエルシュトレエムに呑まれて」
芥川竜之介「塵労」
泉鏡花「高野聖」
昔話「地獄のろうそく」落語の「死神」
小栗虫太郎「黒死館殺人事件」
小泉八雲「耳なし芳一」「菊花の約」
ホルヘ・ルイス・ボルヘス「伝奇集」
谷崎潤一郎「美食倶楽部」
梶井基次郎「闇の絵巻」
アガサ・クリスティ「うぐいす荘の謎」
小栗虫太郎の「黒死館殺人事件」を除いてはいずれも短編で読みやすいものです。小栗虫太郎は造語の名人でもあり,その詳しい解説は極めて難しいものだと第一人者の松山俊太郎氏が『幻想文学講義: 「幻想文学」インタビュー集成 2012/8/23発行 東雅夫編』の中でやはり言っていました。稀代の奇書と言われる「黒死館殺人事件」でしょう。私はどこかポーのゴシックホラーを思わせる雰囲気だけで,建物の構造とか,物語の内容がよく分かりませんでした。またラテンアメリカ文学からコルタサルとボルヘスが出ていますが,これもガルシア・マルケスの「百年の孤独」が出た1972年頃のあの時代とマッチしていたと思います。ガルシア・マルケスが10年後の1982年にノーベル賞を取ったものですから,またラテンアメリカ文学がよく売れるようになったのかも知れません。
フリオ・コルタサルの作品が1992年に岩波文庫になって出た時にはびっくりしました。「コルタサルが岩波文庫かよ」と,ちょっと隠れ家的な穴場が一般紙で特集組まれちゃった的ながっかり感も正直ありました。「続いている公園」はほんの数頁ほどの分量しかありません。しかし凝縮された結末への展開とどんでん返しには今までになかった快感があったことは確かです。なお彼の「石蹴り遊び」は短い章で成り立っていて,途中の章を飛ばしてめくった好きな章に飛んでも小説自体が成り立つという斬新な構成と大胆さで話題をさらいました。彼のこんなアイディアはどこから来るのかといつも思います。「追い求める男」はジャズのサックス奏者のチャーリー・パーカーの話です。まさに知的で,スタイリッシュ。おまけに幻想文学にふさわしい作家と思って一番最初に挙げました。

栗駒1123 177-ss
いわかがみ平からの中央コース

さて,幻想文学として他に挙げたい作品にトーマス・マンの「幻滅」という作品があります。この作品は岩波文庫のマン短編集の最初に挙げられていた作品でなんとマンが25歳あたりに書いていた作品ということです。しかし,その現実を凝視する眼に驚きました。やるせない気持ちになりますが,それでも第一級の短編と思って追加します。追加分として次のような作品をリストアップしました。
トーマス・マン「幻滅」
内田百閒「冥途」
向田邦子「鯉」
上田哲農「岳妖」
フランツ・カフカ「掟の門前」
これらはいかがでしょうか。
実はこの他にも日本の古典にも随分と不思議な話がいっぱいあります。「今昔物語」「宇治拾遺物語」「雨月物語」の中から挙げるとまたぐっと増えてくるでしょう。きりがありません。

栗駒1123 305-s
秋のなごり

私自身が幻想文学に入れ込んだのは古本屋から買った「ポー全集」です。確かセットで当時9000円だったと思います。もう,ん十年も昔のことです。私が生まれて初めて買った全集がポーでした。そしてロマン主義にあこがれ,ダビット・カスパー・フリードリヒの絵にあこがれ,フリードリヒの自伝を書けたらと妄想し,ロマン派全集購入をもくろみ挫折したあの時代。

栗駒1123 265-s
届けられた冬

改めて今思い出すと,暗く鬱屈したあの青春時代に出会った幻想文学は,まるで私の中で鉱物のように永遠に停止したままで,結晶化されたように冷たい光を放ち続けています。



にほんブログ村

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

幻想文学の扉-わがまま自撰傑作撰-

伊豆沼霧の金曜 557-2gs
朝靄の日の出

幻想小説といってもすぐお化けが出てきたり,血が出てくる話は好きではありません。
暇つぶしに本を読んできて,先日図書館から借りてきた『幻想文学講義: 「幻想文学」インタビュー集成』 を読んで面白かったのです。そこで自分の遠い記憶を呼び戻して幻想文学のどんな本が印象に残っているかをリストアップしてみようと思いました。

フリオ・コルタサル「続いている公園」
E.A.ポー「催眠術の啓示」「メエルシュトレエムに呑まれて」
芥川竜之介「塵労」
泉鏡花「高野聖」
昔話「地獄のろうそく」落語の「死神」
小栗虫太郎「黒死館殺人事件」
小泉八雲「耳なし芳一」「菊花の約」
ホルヘ・ルイス・ボルヘス「伝奇集」
谷崎潤一郎「美食倶楽部」
梶井基次郎「闇の絵巻」
アガサ・クリスティ「うぐいす荘の謎」

こう並べると自分の嗜好がよく分かるものですね。
難解,不思議,混乱
もちろん,「遠野物語」も幾編か入るし,モーパッサンもモームも,トーマス・マン「幻滅」も入れたいと思うし,忘れているものもあります。どちらかというと当時から欲しかったのはロマン主義全集でした。そういった傾向がわがままに出ていると思います。

内沼月曜16 036-2s
猫の午後

機会があれば,各作品の説明を入れておきたいと思います。
芥川竜之介の「塵労」を入れたのは,彼の破綻していく精神がまざまざと見えて,怖かったからです。

なにせ怪奇大作戦を見ている年代ですから・・・。
以上,nitta245のわがまま幻想文学撰をお送りいたしました。



にほんブログ村

にほんブログ村

最近おもしろかった本-幻想文学講義-

内沼雨の日曜15 450-2gs
11/15ハクチョウ離陸

最近暇つぶしに読んだ本が実に面白かった。

幻想文学講義: 「幻想文学」インタビュー集成 2012/8/23発行 東雅夫編
幻想文学講義

雑誌『幻想文学』に掲載されたインタビューを集めたものです。
話し言葉だから気軽に読めます。今は亡き作家の貴重な話もまるで今語り掛けているようです。

私が読書の楽しみを知った時代は,幻想文学と言われるジャンルは密かに楽しむ,アウトロー的な意味があって,随分はまり込みました。ミステリー,幻想文学,短編,ミステリー,幻想文学というくらい中学校の木造校舎のはずれの図書館に行きました。おおざっぱに辿れば,幻想文学の大きな流れとしては,平井呈一から紀田順一郎を経て荒俣宏という流れと澁沢龍彦,種村季弘,堀切直人というラインの中で紹介され,ゴシック建築のように不気味に成長してきたという感じがします。

 この本を読んでからというもの,そう言えばどんな作品が自分を幻想文学にひきづり込んで来たのかという履歴書を書いてみたいと思っています。「新・逃走論」も続けたいのですが,「幻想文学アンソロジー」も書いてみたいと思います。

いわかがみ平 025_6_4_fused-2s
光差して



にほんブログ村

にほんブログ村