FC2ブログ

桜咲く-一本の八重桜-

DSC_8641-2s.jpg
咲き始める

今年はこの調子ですから桜の遠征も出来ずにいます。
そんな中,近くのあの一本の八重桜が咲き始めました。
早くから咲く桜が一段落してひと息付いた頃にこの桜が咲き始めます。
これまでの映像も一緒に載せます。

DSC_9618-2ver2gs.jpg
お誕生日おめでとう 2018/4/27撮影

DSC_9343-2gs.jpg
3.11の冬の最後の満月

夕方 2013-02-13 011-2gs
夕暮れ

予行 252-2s落日の桜
 道には山吹の花が続き,桜は八重桜に変わりました。2012.5.9掲載

夕陽夕陽
2011.4..6 夕陽

夕方326 061-2s
「春色の・・・」
2012/3/26夕方撮影 画面上からスバル,金星,月齢4の月,木星と四つが縦に並んだ夜でした



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

来たるべき咲く日のために

DSC_7976-2gs.jpg
来たるべき咲く日のために

来たるべき咲く日のために
陽はまた昇り
星はまたたき
大地は君を支え
褒めたたえるだろう
一生懸命に咲けばよい
そのために
生まれて来たのだから


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

桜咲く-漂う-

DSC_6830-2gs.jpg
漂う

雨が降れば霧が立ち,雨が上がれば霧が動く。
山が迫っている谷の景色ほど変化に富んだものはありません。
いつまでも見ていたいと思わせます。
空気はどのように谷を動いていくのか。靄はどの辺りで大気と溶け合って消えていくのか。
私たちの知らないでいることがたくさんあります。
このが谷の自然の営みを教えてくれます。

DSC_6772-2gs.jpg
朝靄漂う


非常事態の折,外出も自粛しています。
そこでしばらくの間,今までのの写真からマイアンソロジーとしてお送りします。ご理解願います。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

マイ アンソロジー「桜写真集2014」

非常事態の折,外出も自粛しています。
そこでしばらくの間,今までの桜の写真からマイアンソロジーとしてお送りします。今日は2014年の桜から選びました。ご理解願います。

桜2 062-2s
春の雪 2014.4.20

桜の咲いている時期はいつも通り6時にこの桜の場所に居て,日の出のファーストライトが桜のてっぺんに当たるのを見ます。
この日は俄かに暗くなり空はかき曇り,雨の後に程なくして雪になりました。満開の桜に降る雪。急に暗くなったのでシャッター速度を落とすと降りしきる雪は白い線となって写りました。

星桜 365-2gs
星の桜 2014.4.23

晴れました。桜はまだ八分咲きといったところです。
この写真を撮っていたらカモシカが私の横を猛スピードで走り去っていきました。

星桜 405s
桜。その夜のシルエット。流れ星添え 2014.4.22

4/22こと座流星群の極大の夜

流れ星がよく流れました。
大きな流れ星が流れると辺りがさあーっと明るくなったのでした。

yamagata sakura 194s
桜散る 2014.5.2

家族で行った山形。桜巡りでの一枚。


種まき桜428 334s
山王の桜 2014.5.2


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

桜咲く-桜もうひとつの楽しみ方-

DSC_6494-2s.jpg
昨晩の嵐で花びらの多くが散った一本

昨夕のニュースによるとこれから見頃を迎えるの名所は,駐車場がすべて閉鎖され,道路脇も駐車禁止として一切車で来る人の花見ができないようにしたと報道していた。なんという心寒くなるニュースだろうと思った。

さて今日はそんな花見禁止にめげず,の楽しみ方を考えてみた。
多くの場合,花見は「きれいねー」と言って歩きながら,せいぜい10分程度で終わることが多い。好きの私からするともっともっとを見てほしいと思っている。ではどのようにして・・・。そこで愛おしく見るための視点を設けたら誰もが立ち止まり,そして鑑賞するの種類や特徴も理解できるのではないかと考えた。
ぜひ桜の幹や花に触れて,桜の花を裏返し,今まで一生懸命生きてきた桜の人格を理解し褒めてほしいと思う。
それではまず「エドヒガンザクラ ソメイヨシノ オオシマザクラ」と三つ並べた写真を見て,萼(がく)の様子から種類によって違うことを確かめていきましょう。
桜がく比べ
桜の萼(がく)比べ

実は三つならべたのはソメイヨシノがエドヒガンとオオシマザクラの交配によって生まれたということからこの三つを並べることでソメイヨシノの花は,エドヒガンとオオシマザクラどちらの特徴を引き継いだのかという比較にもなります。
これを見ると花一輪で見ると萼に毛が密生していますからソメイヨシノはエドヒガンの特徴を引き継いでいることが分かります。

では次にめしべだけを比べて見てみましょう。落ちていた花の萼を切り開いて子房部分から見えるようにしました。
桜めしべ比べ
桜のめしべ比較

めしべに毛があるのがエドヒガン,ソメイヨシノです。一方オオシマザクラのめしべには毛が生えていません。
これによってもソメイヨシノはエドヒガンザクラの特徴を引き継いでいることが分かります。

この他にも比較できることはいっぱいあります。表にしてみましょう。
種類エドヒガンソメイヨシノオオシマザクラ
咲き方花だけ。葉はあとから花だけ。葉はあとから花と葉同時に出てくる
蜜腺葉のへりに付く葉の付け根に付く柄に付く
葉の幅の広い場所真ん中が一番広くなる一番広いところが葉の上半分にある一番広いところが葉の上半分にある

まとめますと,ソメイヨシノはどうやらエドヒガンザクラの良さを多く引き継いだ品種だと言えるかもしれません。しかし蜜腺や葉はオオシマザクラのよさを引き継いでいます。
どうでしょう。確かめたくなりましたか。
もし確かめたくなったらすぐ近くの桜で調べてみて下さい。桜が喜んでくれると思います。そしてあなたも一層桜のよき理解者になっていくでしょう。それは桜好きの私にとっても嬉しいことです。相手(桜)の生き方を深く理解することは私たちに同じ生きているもの同士としての優しい感情を芽ばえさせてくれます。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村