FC2ブログ

新・遠野物語―桜を残す―

DSC_5518-2s.jpg
昌學寺

昨晩NHKのETV特集で「ひなたの氷 九二歳 守の遺言」という番組を観た。
守はあの有名な十六代佐野藤右衛門氏のことである。素晴らしい番組だった。

私自身,古いの撮影を大切にしているので,守の人達には学ぶことがたくさんある。
私が随分と幼い頃だった。山の中でぽつんと一人で咲いていた子どものをどうしたわけか,家に植え替えたいと思い,掘り出して家に運んだ。は根付かなかった。悲しい思い出である。私が桜にこだわるのはこうした桜を死なせてしまったことへの贖罪の気持ちが心の奥底にあるせいかもしれない。

それにしても長年見てきた古い桜が朽ちて行くのをただ見ているのは辛い。
石越昌學寺の不老桜がそうだった。何かしら命果てる時の兆しが花が咲く美しさの中に溶け込んでしまっていたのだろう。次の年はもう痛々しくなっていた。なぜ気付いてあげられなかったかと思う。後年,平成26年に材木遺伝子銀行に受け入れてもらったことを知り,とても安心した。早く里帰りをしてくれないかと楽しみに待っている。

h26材木遺伝子銀行
材木遺伝子銀行

DSC_6570-2遮那桜s
遮那桜

特に古い桜を撮影していて,もう一つ心配している桜がある。
北方にある名桜「山王の桜」である。安永風土記にも二丈一尺と偉容を誇っていた桜だ。北条時頼もやってきて見たという伝説もある。朽ちても尚端々から新しい枝を伸ばしている。小さなかわいい花を付けるが驚くべき生命力を維持している。できれば今のうちに材木遺伝子銀行に預けて「山王の桜」を里帰りさせてあげたいものだ。

DSC_4846-2s.jpg
大島桜

ところで番組の中の佐野藤右衛門さんはこの頃の桜を見て,「異様だ」と断言する。
桜が寒い時期に活動を止めて内部に養分を蓄積する活動がなくなってきたと言う。だから花芽が急かされるように暖かさにつられて活動を止めることがない。次の花に備えての寒い時期に行われる準備期間がなくなっているそうだ。確かにそう感じる。こちらは結局冬に雪が降らなかったのだ。冬の最低気温が確か-5℃程度で終わってしまった。マガンは一月中旬には伊豆沼ではいなくなっていたのだ。いなくなってから日本海側に寒気が入り数百羽がまた伊豆沼に戻ってきた。あれあれと言う間に事態は深刻化していることなど,自然の世界にはざらにある。いろいろな所で赤信号が点滅しているのに人はそれを変化の範囲内として見逃すことが多い。実は今年のホタルは今までにないほど出ませんでした。ゲンジボタル保存会のカウントで最高31匹です。残したい物は確実に守ってあげなければ消えてしまうのです。意識して守る活動を行わなくてはいけないのです。

DSC_6772-2gs.jpg
いつもの桜

なんとか「山王の桜」を守る手立てを考えたい。
以前に伊豆沼の獅子ヶ鼻堤防の電柱撤去を実現しました。ハクチョウがひっかかりやすかったからです。誰かが言い出すと意外と周囲で理解してくれる人もいます。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



桜咲く-一本の八重桜-

DSC_8641-2s.jpg
咲き始める

今年はこの調子ですから桜の遠征も出来ずにいます。
そんな中,近くのあの一本の八重桜が咲き始めました。
早くから咲く桜が一段落してひと息付いた頃にこの桜が咲き始めます。
これまでの映像も一緒に載せます。

DSC_9618-2ver2gs.jpg
お誕生日おめでとう 2018/4/27撮影

DSC_9343-2gs.jpg
3.11の冬の最後の満月

夕方 2013-02-13 011-2gs
夕暮れ

予行 252-2s落日の桜
 道には山吹の花が続き,桜は八重桜に変わりました。2012.5.9掲載

夕陽夕陽
2011.4..6 夕陽

夕方326 061-2s
「春色の・・・」
2012/3/26夕方撮影 画面上からスバル,金星,月齢4の月,木星と四つが縦に並んだ夜でした



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

来たるべき咲く日のために

DSC_7976-2gs.jpg
来たるべき咲く日のために

来たるべき咲く日のために
陽はまた昇り
星はまたたき
大地は君を支え
褒めたたえるだろう
一生懸命に咲けばよい
そのために
生まれて来たのだから


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

桜咲く-漂う-

DSC_6830-2gs.jpg
漂う

雨が降れば霧が立ち,雨が上がれば霧が動く。
山が迫っている谷の景色ほど変化に富んだものはありません。
いつまでも見ていたいと思わせます。
空気はどのように谷を動いていくのか。靄はどの辺りで大気と溶け合って消えていくのか。
私たちの知らないでいることがたくさんあります。
このが谷の自然の営みを教えてくれます。

DSC_6772-2gs.jpg
朝靄漂う


非常事態の折,外出も自粛しています。
そこでしばらくの間,今までのの写真からマイアンソロジーとしてお送りします。ご理解願います。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

マイ アンソロジー「桜写真集2014」

非常事態の折,外出も自粛しています。
そこでしばらくの間,今までの桜の写真からマイアンソロジーとしてお送りします。今日は2014年の桜から選びました。ご理解願います。

桜2 062-2s
春の雪 2014.4.20

桜の咲いている時期はいつも通り6時にこの桜の場所に居て,日の出のファーストライトが桜のてっぺんに当たるのを見ます。
この日は俄かに暗くなり空はかき曇り,雨の後に程なくして雪になりました。満開の桜に降る雪。急に暗くなったのでシャッター速度を落とすと降りしきる雪は白い線となって写りました。

星桜 365-2gs
星の桜 2014.4.23

晴れました。桜はまだ八分咲きといったところです。
この写真を撮っていたらカモシカが私の横を猛スピードで走り去っていきました。

星桜 405s
桜。その夜のシルエット。流れ星添え 2014.4.22

4/22こと座流星群の極大の夜

流れ星がよく流れました。
大きな流れ星が流れると辺りがさあーっと明るくなったのでした。

yamagata sakura 194s
桜散る 2014.5.2

家族で行った山形。桜巡りでの一枚。


種まき桜428 334s
山王の桜 2014.5.2


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村