FC2ブログ

朝もやけむる『黒死館殺人事件』

朝1朝もやの道
朝2葦原に日昇る
バンオオバン
朝4船留め場
 今朝はきれいな朝でした。光がもやを通ることで,気持ちが休まる色あいが広がりました。

今日の本
小栗虫太郎『黒死館殺人事件』
黒死館殺人事件 (ハヤカワ・ミステリ 240)黒死館殺人事件 (ハヤカワ・ミステリ 240)
(1976/01)
小栗 虫太郎

商品詳細を見る

これほどめまいを感じた本もありません。迷路であれば,天地ははっきりしていますからいいんですが,小栗虫太郎の描く世界は異次元の干渉によって幾重にも重なり合うものですから,どこが基準なのかわからなくなるのです。わたしは最初『白蟻』を読みました。不思議な空間でした。閉じ込められている中に繰り広げられる息苦しさを感じさせます。しばらくたって,ヘルツォークの映画を観ているときに同じようなめまいを感じました。今,この本を読みきる自信は,はっきり言ってありません。
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村