FC2ブログ

春を感じて『ヤナギランの花咲く野辺で』

かたくりかたくり
さくら昌学寺のさくら

 ひなたぼっこでもしたいですね。ゆっくり春を感じる時間がほしいです。
 当たり前の景色にこそ安らぎを感じるものです。何も遠出して絶景の中にいなくてもいいです。田舎の林のへりにできた木漏れ日がつくるれんげ畑の中に寝転がっていたいです。ふーっ。

今日の本
『ヤナギランの花咲く野辺で』ハインリッヒ
少年のような好奇心で自然を眺め続ける著者の心温まるエッセイの数々。こんな生活したいと思います。世俗的なことに心奪われていると自然との対話ができなくなるのだというスウェーデンボルグの言葉を思い出させるほどに,ただ純粋に自然と対話する著者の喜びが伝わってきます。
ヤナギランの花咲く野辺で―昆虫学者のフィールドノート (自然誌選書)ヤナギランの花咲く野辺で―昆虫学者のフィールドノート (自然誌選書)
(1985/10)
ベルンド・ハインリッチ

商品詳細を見る
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
クリックしてね↑