FC2ブログ

風土記の桜『安永風土記』

米谷の桜5朝靄を迎えて 米谷南の沢の種まき桜
米谷の桜朝靄たなびく 米谷南の沢の種まき桜
米谷の桜2近くからの威容 米谷南の沢の種まき桜
米谷の桜3ウメと桜
米谷の桜4薄日を浴びて

 4/29昭和の日。雨の中。朝6時。一年ぶりの再会。米谷南の沢の「種まき桜」。七分咲き。
 沢の流れ急。やがて薄日差す。朝靄流れて浮かび上がる桜。写した写真170枚。

今日は私の桜の好みの2回目になりますね。勝手な私の好みは,ソメイヨシノより山桜。そして山桜の中でもエドヒガンザクラ。そして桜並木よりも一本桜。山あいの幾分高いところにひっそりとそびえるように立つ桜。こんもりとまろく,控えめながら力強い樹幹。力強い枝の曲がりと軽やかなひろごり。いわゆる古木のたたずまい。
 ただ,ため息をつき,遠く,近く,桜の下で,見晴らす丘で,坂の途中で,うろうろ,うろうろと歩き続けます。二年前などは,この桜を見て,夜を明かしてしまいました。絶えず沢の音や鳥の声が,この谷あいに鳴り響いています。ごゆっくりとご覧ください。

今日の本
『安永風土記』「宮城県史」より
桜を自分のテーマにしたとき,調べてみたのが「風土記」です。安永年間(1777)の風土記なので安永風土記です。今から,233年前の記録です。風土記は,いわば江戸時代の国勢調査のようなもので,克明に村の人数,身分,田畑,河川,堀,寺院に至るまで書き込まれています。この風土記の最後に名所旧跡の項が設けられていて,古木と言われるものが記録されています。この古木の中にある,特に「桜」を撮影しようと考えたわけです。この撮影はまだ続いています。映画で例えるならば,桜版「舞踏会の手帖」みたいなものです。古くてたとえにもなってませんね。
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村