FC2ブログ

月齢2.5の月と金星の接近『詩歌朗読ベストキング』

月と金星船の中の水たまりに映った月と金星
月と金星2 50mmF1.2で撮ってみました
月と金星3近づいてみると・・・
月と金星4もう地平線に沈みます

 今日は月齢2.5の月と-3.9等の金星の接近の日です。随分近いですね。0.9°の間隔ですから本当にすれ違うときにぶつかりそうな雰囲気です。それもそのはず,東南アジアではこのまま金星が月に隠れる金星食が起きてるんですね。昨日も同じ時間に見ましたがかなり離れていました。昨日の月の出と今日の月の出の時間差は52分ですから,50分の差というのは本当に大きいものですね。今夜は星もきれいです。天の川もきれいに見えるでしょう。

今日の一枚
『詩歌朗読ベストキング・ベストセレクト・ライブラリー2009』
随分と長いタイトルのCDですね。で,選ばれた詩歌は40です。
詩歌朗読 ベスト詩歌朗読 ベスト
(2009/07/08)
朗読岸田今日子

商品詳細を見る

1. 雨ニモマケズ 2. 開墾 3. 初恋 4. 大漁 5. 秋刀魚の歌 6. 少年の日 7.花のある杜 8. 落葉松 9. 失はれたるモナ・リザ 10. 親の家 11. 君死にたまふことなかれ 12. 乳母車 13. 赤光 14. 冬が来た 15. 春と修羅 16. 稲作挿話 17. 小景異情より 18. こほろぎのうた 19. 秋の祈 20. 邪宗門扉銘 21. 石竹の思ひ出 22. 秋風の歌 23. あらたま 24. 水辺月夜の歌 25. 旅に立つ 26. 烏 27. 湖上 28. 僕は 29. 一点鐘二点鐘 30. 死にたまふ母 31. 私と小鳥と鈴と 32. 接吻の時 33. 道程 34. レモン哀歌 35. 初めて「カラマゾフ兄弟」を読んだ晩のこと 36. 千曲川旅情の歌 37. 春は来ぬ 38. おかる勘平 39. ひとり寝 40. あどけない話
なるほど・・・。でもわからない詩も結構あります。例えば「おかる勘平」ってどんな詩なんだろう。朗読が間寛平じゃないだろうな(笑)宮沢賢治の詩も4編入っていますね。すごい確率です。
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

夕暮れの田んぼの色『春と修羅』

夕暮れ田んぼに水が入り,空の色を写すようになりました
夕暮れ2田植えが始まりました。水を張った田んぼが遠くまで続きます
夕暮れ3木々の間から水田を見れば,明るく輝きます。

 いつもとはちょっと違う夕暮れを見てみたいと思い,山のてっぺんに行きました。
 田んぼにはほとんど水が入り,薄暮の空の光をそのままに写していました。改めて高いところから見ると,ここは穀倉地帯なんだなと感じさせられます。夕闇の果てまでも水田が広がっています。減反があるとはいえ,人間というのは本当に勤勉で,空いている土地を少しの無駄なく使おうとする態度に頭が下がります。そんなことを考えていたら,美しい水田の風景が瞬く間に夕暮れに沈んでいきました。

今日の本
『春と修羅』宮沢賢治
このところずっと宮沢賢治の作品を取り上げていますが,今日は『春と修羅』です。それも賢治は稲や田んぼをどう描いていたかを確かめながら読んでみました。すると「あれ!」と思うことに行き当たりました。賢治の詩に,あんまり田んぼや稲についての喜びが感じられないんです。むしろ田んぼや稲が苦労の元みたいに賢治は書いているんです。なんか賢治は農業を目指しながら好きじゃなかったんじゃないかと思われもしてきます。というのも,田んぼにいて気持ちいいとか,野良仕事をしながら,ちょっと休んだ田んぼの自然に癒されている感じの詩がほとんどないからです。
稲穂の擦れ合う音や水田に渡る心地よい風とか,黄金色に輝く穂波とか,嬉しさや豊作を期待させる希望の稲作の様子などが謳われていないからです。

豊かな稔りを願へるままに/二千の施肥の設計を終へ/
(「野の師父」作品1020)
確かに旱害,凶作が多かった時代ではありました。そして賢治もがんばりました。教員も辞めました。しかし野良仕事のしばしの天からの恵みを安らぎとして感じなければ,賢治自身も辛い仕事もやりきれなかったのではないでしょうか。これほどに数が多い『春と修羅』の作品群に天の恵みを謳う作品が少ないことは残念にも思います。こんなところに賢治の農業への考え方が浮き出て見えているような気がしています。

新編宮沢賢治詩集 (新潮文庫)新編宮沢賢治詩集 (新潮文庫)
(1991/07)
宮沢 賢治天沢 退二郎

商品詳細を見る

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村