FC2ブログ

賢治は『青の詩人』

棚田にかかる天の川棚田にかかる天の川

 晴れない日が続いています。すっきりしないかなあ。

『春と修羅』第一集全詩語句検索
『春と修羅』第一集は70編の詩,文字にして4万弱にのぼります。賢治は1922年から丸二年かけてこの詩集に打ち込んできました。妹とし子の死を乗り越えながらの挽歌群は歴史に残るレクイエムといえます。さて,わたしは先回,『銀河鉄道の夜』の語句を検索し,賢治がこの作品で一番用いた色は何色なのかを突き止めました。結果は「青」でした。84回出てきていたのでした。その記事はこちらです。
 そこで考えました。『銀河鉄道の夜』は,やっぱり夜を舞台としているから,当然「青」がたくさん使われて当たり前じゃないのと思ったのです。そこで,賢治の感覚が最も鋭く立ち現れてくる詩の言葉を吟味してみることにしたのです。
 語句の検索方法は同じです。『春と修羅』のテキストファイルをPDFファイルに変換し,アクロバットリーダーで開いて全語句を検索する方法です。以下が,その結果です。
青 124回
白 70回
黒 57回
赤 50回
銀 34回
金 31回
黄 29回
緑 24回

やっぱり「青」なのです。それも群を抜いています。平均すると「青」という語が使われる頻度は1.8。つまり一編の詩に1.8回は「青」という語を賢治は用いていたことになります。これはかなりの頻度といえます。賢治は『青の詩人』と言っていいかもしれません。興味ついでに他の語も検索してみました。特に頻度が多かった語を載せます。
雲 129回
風 89回
光(ひかり)86回
山 72回
そら 65回

これは自然と賢治の眼がどこに向いていたのかを明確にさせます。つまり賢治は自然の「何」をよく見ていたかという答えになるでしょう。そして最後にとても重要なことがあります。群を抜いて現れてきた語の第一位は「わたくし」なのです。143回もでてきています。これらから賢治の詩作の方法は,「わたくし」という中心から,雲や風やひかりに眼を向けながら変換された感覚を言語化していく過程そのものだったのです。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村