FC2ブログ

夜の風景『物語の構造分析』

街灯沼のふち ぽつんとした街灯
昇るさそり座もう夜半前にはさそり座が昇ってくるようになりました。手前に田んぼが入っています
月昇る田んぼに19の月が映ります

 19の月が昇る頃,散歩をしながら撮った写真。一番気を遣うのが「ホワイトバランス」です。オートで撮ると光害で赤くなってしまうのです。これではいけません。そこでホワイトバランスや色温度を変えるわけですがなかなか合いません。簡易的な白色ナトリウム混合灯,水銀灯,昼白蛍光灯等いろいろ選んで撮ってみますが,合いません。じゃあ,色温度を変えて5000^もっと下げていってと時間のほとんどをホワイトバランスの合わせ方に費やしてしまいます。ふと見れば,月はどんどん高くなってきて余りに明るくなってしまいます。ふーっ。

今日の一冊
『物語の構造分析』
「読む」という行為になにやら礼儀があるのではないかと感じた昔。曲解したり,ある部分だけ持ち出して批評したり,自分もそのことを気をつけないとと反省していました。その「読む」ことの礼儀にあたる部分に悩んだときに読んだのが,この本でした。1979年の出版ですが,論文そのものは1966年から1971年までのものです。もう40年前の作品なんですね。

物語の構造分析物語の構造分析
(1979/11)
ロラン・バルト

商品詳細を見る

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村