FC2ブログ

「天から音が舞い降りてくるとき」

春の光春の光
 先回の記事の1枚目の右側に写っていた木をアップしたのが,この写真です。水面(みなも)が春の穏やかな光に輝いていました。
ハクチョウの休みハクチョウの休み
 がらんとした沼にハクチョウたちが休んでいました。見た目よりも青味がかって写っています。背景が霞がかかったようにヘイズがかかっています。
ウ
 これはシルエットになってますが,ウですよね。4羽ほどいました。

 こちらは,ウメの花が大きくなってきました。あと3日くらいで咲きそうです。
 仕事や会議で過ごしているうちに,あっと言う間に3月も中旬になろうとしています。
 ところで,毎日新聞の日曜版に「音のかなたへ」という音楽エッセイを梅津時比古氏が書いています。私はこれを読むのが楽しみで,このコーナーができてからのファンなのです。そしてこのエッセイをまとめたものが,今日の本です。

天から音が舞い降りてくるとき―音楽の彼方にあるものに〈2〉 (音楽の彼方にあるものに (2))天から音が舞い降りてくるとき―音楽の彼方にあるものに〈2〉 (音楽の彼方にあるものに (2))
(2006/07/01)
梅津 時比古

商品詳細を見る



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村