FC2ブログ

「ケリのトホホ」

写真展3.29 324-2s
 昨日は,23年度末の最後の日。仕事の面でもケリ(鳧)が付いた方もたくさんいらっしゃると思います。そこで今日は伊豆沼にいるケリを撮ってきました。
 このケリは,伊豆沼・内沼サンクチュアリーセンター新田館で開催中の写真展「伊豆沼の野鳥と自然」で,すでに伊藤孝喜さんの子どもを守り威嚇するケリの姿が展示してあります。すばらしい写真です。一夫一妻主義のケリが子どもを守るために人間にまで鋭く威嚇する姿は,自然からのメッセージとして私たちは覚えておかなければいけないと思います。
 さて今日はまた紙芝居風にお伝えします。題して「ケリのトホホ」。
写真展3.29 132sあるきれいな夕方でした。ケリのカップルが田んぼの中で沈む夕陽をいつまでも眺めていました。(ケリはストップモーションが得意なんです。)
「夕陽がきれいだね。」
「そうね。」
写真展3.29 137s
すると突然彼女の言葉
「それじゃ。私,行くから。」
「えっ。どこに。」
「もう。あなたとは終わりだと思ってたの。」
「どうして・・・」
男は呆然と立ち尽くした。あまりに唐突な別れの言葉に・・・。

注)ケリは雌雄同色のためどちらが♀かは私にはわかりませんでした。
写真展3.29 126s「それじゃ。」
「ち,ちょっと・・・。」
男は呆然と立ち尽くした。(ケリはストップモーションが得意なんです。)
写真展3.29 291-2s「どうして。どうして,こんなことに・・・。」
ケリはおろおろとただ歩き回るしかありません。追いかけることも考えつきませんでした。
写真展3.29 327s「トホホ。これからどうすればいいんだ。」
春先の田んぼには,日が沈んだ後の残り日がかすかに漂っていました。
「トホホ。」
「トホホ。」
「トホホー。」

注)これはフィクションであり,登場するケリが本当にこのようになったのではありません。
  一夫一妻制のケリは絆が強く,子煩悩であるという事実は変わりません。

クリックしてね。
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村