FC2ブログ

今年の栗駒山の紅葉はどうだろう

晴れの栗駒10.9 420-2gs昨年10/9(頂上直下から東を望む)
昨年の栗駒山の紅葉は,吹雪に見舞われたことを思い出します(10/2)。
 日に日に紅葉はふもとへ下りていきます。そこまで見届けると季節は12月に入ろうとしていたのでした。
栗駒10.23 221-2s昨年10/23(湯浜峠から)
 何でもそうですが,最後まで見届けてあげることは,とても難しいものでしょう。ずっとそこに居なくてはいけません。それは無理なことです。
 しかし何回でも通うことで見えてくることもあります。そう思うと幸せになります。自分にとってこの紅葉のどこが愛しいと思えるのか,浄化されて見えてくることがあったからです。
栗駒10.23 399-2s昨年10/23ブナ林を歩く
 一回で本質を見極めることはわたしにはできません。ていねいに自然を見たいと思いますが,まだまだ知識も技も足りません。
栗駒10.23 372-2sブナ林を歩く
まずその場に居合わせることが大切だと思ったのは,自分には不足が多いと知ったときからでした。
 雨でも,風でも,雪でも・・・。その場に行ってみること。
 それが見届けることだったのでした。それだったら今のたりない自分にもできる。
 今年も明るい気持ちで紅葉を見届けることができそうです。
栗駒11.23 265-s昨年11/23 雪に閉ざされた
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村 

さんぽ道-秋-

9.29 129-2gs林のへり
 この1枚目の写真は林のへりを撮ったものですが,すごく微妙です。それも美しく撮っているわけでもなく,夏の終わりの光が手前の緑を引き立たせていて暗くなった林にホオノキの落葉した白がかすかに見えるというだけです。それでも載せるのは感じ取った風景に何かの可能性を感じたからなのかもしれません。
 これはこれで陳腐なのかもしれませんが,当たり前ゆえに見逃してはいけない風景に思えるのです。

 尚,今日の撮影はすべて30年以上前のレンズで撮影しています。デジタル用レンズにはない大胆な省略と階調が欲しくなることがあります。
9.29 156-2sヒガンバナが咲き始めました
 やっとヒガンガバナが咲き始めました。前の日曜日には全く芽も出ていなかったのです。こんなに遅いのも記憶にありません。サルスベリがまだ咲いています。
9.29 090-2sさんぽ道稲刈り終わる
 さんぽ道に行ってみました。稲刈りが終わっていました。ここ何年かイナゴを見ません。農薬で全滅したのでしょうか。
9.29 262-2sヒガンバナは台風通過後一気に咲くでしょう。
朝1003 306-s台風が心配
 まだ稲刈りが終わっていない田んぼが多くあります。夜通し稲刈りをしたり,明日一気に稲刈りする農家が多いでしょう。台風通過は明日深夜です。気を付けましょう。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

伊豆沼寸景

朝9.27 067-2s日の出前
朝9.27 018-2s
ハスの船着き場

 彼岸花はまだかなあ。
 
 海からぬっと出て,昇ってくるオリオン座が見たいです。

 
お詫び 先日アップした「伊豆沼いまどきの鳥」の2枚目は「クイナ」でした。お詫びして訂正致します。

伊豆沼の本が出ました。
「ハクチョウ 水べにいきる」
ハクチョウ 水べに生きる (つながってるよいのちのWA!)ハクチョウ 水べに生きる (つながってるよいのちのWA!)
(2012/09)
嶋田 哲郎、伊藤 利喜雄 他

商品詳細を見る


新聞の記事は こちら 

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村