FC2ブログ

大土ヶ森に登る

DSC_0336s.jpg頂の標柱
 また栗駒山とお思いでしょうが,栗駒山の周辺のもまたいいのです。
 今日のは大土ヶ森です。標高は580.3mです。
 この大土ヶ森は栗駒山の東南にある山で,遠くから栗駒山を見たいという人にはいい山でしょう。しかしその形も秀麗で,特に形よく見える栗駒文字(もんじ)地区からは「文字富士」と呼ばれています。
 栗駒山に深く雪が残る時期,春を感じたいなあと思うとき,こんな里山を歩くのもいいものです。
DSC_0396s.jpg
 登山口からすぐ沢に下りると,雪が少し残る中両岸にはオウレンが白くかわいい花をつけていました。
DSC_0374s.jpg
 道はカタクリやニリンソウの咲く沢コースを選びましょうとガイドブックに書いてありました。そんな花の時期にはまだまだですが,明るい水の音を聞きながら歩くのは気持ちがいいものです。
DSC_0063s.jpg
観察広場から大土ヶ森を望む

 道はアカマツの林の中を辿ります。松ぼっくりがいっぱいです。私は松ぼっくりの道と名付けました。
 不思議です。名付けると身近な友だちのように感じます。名は呪であると言いますが,ものや人は呪されるさだめにあり,その名付けられた名に束縛されることにはなりますが,他の世界への通路が開かれるわけです。
 松ぼっくりの道。
DSC_0145s.jpg
やがて熊落とし坂,鼻こすり坂という急登に入ります。雑木林に入ると空が明るく感じます。紅葉の季節はまたきれいでしょう。尾根に出るとまだ雪が残っています。規則正しい雪の解け方です。この樹を丸く囲む残り雪がまた去っていく冬を名残惜しいものにしています。
DSC_0163s.jpg
夏道はないんでしょうが,残る雪が道をつくってくれています。どうぞいらっしゃいと言っているようです。さくさくと進みます。
DSC_0257s.jpg
 雪の上には去年のおみやげが残されてあります。よく見るといろんな色できれいです。
DSC_0269s.jpg栗駒山を望む
 栗駒山がとても大きく見えます。手前は深山牧場です。

 あっ。エナガが飛んできました。こちらを見ています。
 歩いていると,蝶がびっくりしたように飛び立ちます。そしてすぐ戻ってきます。ヒオドシでした。色が少ないこの季節,ヒオドシチョウの鮮烈な緋色(ひいろ)に春の喜びを感じます。
 
DSC_0392s.jpg
下りてきてまた見るオウレンの花

この後は文字地区に下りて,正藍染めを見て,秋田越えの街道にある柿の木御番所跡を見つけました。
伊豆沼は若干残っているハクチョウが友だちを探すかのように広い沼を泳いでいました。やっとフクジュソウが咲いて,スイセンやウメはまだ咲いていません。サクラの蕾は少しずつ膨らんではきています。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

栗駒山へのスノーモービル乗り入れについて

2013-03-17 475s
栗駒山のウサギちゃん
3/17のことでした。栗駒山はすっかり晴れて,わたしもゆっくりと歩いて春の山を楽しんできました。
ウサギちゃんを発見して少しずつ近づいていきました。あまり逃げる様子もありません。向きを変えて雪の陰にの方に入っていました。ゆっくり注意深く近づきながら止まるごとにシャッターを切り続けました。
2013-03-17 698s
栗駒山南面(栗駒山のピークは画面外れて右にあります。)

ところがすさまじいエンジン音が山に響き渡りました。どうやら栗駒山南面の奥の方から近づいてきます。
私が近づいていたので逃げるチャンスをうかがっていたウサギもその音にびっくりしたようで,私が足を動かそうとしたときウサギちゃんは猛スピードで走り去っていってしまいました。

 何の音だろう。私は望遠レンズをつけて,爆音のする方角を探し,果たして見つけました。

 コースにすれば天狗の相撲取り場からお室,虚空蔵山に向かうルートの尾根上にスノーモービルが3台。登りでエンジンを全開にさせてゆっくり登り続けていたのです。

2013-03-17 819s
この写真だとわかるでしょう。画面左にスノーモービルが3台連なっているのが。

 それにしてもすごい音なのです。登りなのでエンジン全開,もう悲鳴をあげているような機械音がしばらく続きました。そしてその音が山々にこだまするわけです。

2013-03-17 818s
等倍にしたスノーモービルの写真

正直言って不快でした。
静かな山に行って,暴走族のようなけたたましいエンジン音を聞くとは思いもよりませんでした。

 こんなこと初めてのことです。
で,思い出したのが,例えば伊豆沼にモーターボートを持ってきて飛ばしていいのかということです。レジャーボートは禁止されています。船は漁業組合の船だけが漁のために出ています。
ラムサール条約に指定されている伊豆沼では自然公園法と同じように環境に対する人工的な負荷が制限されます。ですから伊豆沼畔に温泉施設をつくるという話が持ち上がりましたが結局温泉施設建設は禁止になりました。

 国定公園である栗駒山にスノーモービルを縦横無尽に走らせてはだめだという法律は今のところはないかもしれません。しかし,国定公園内の常識としてはどうなのでしょうか。

 北海道ではすでにこのスノーモービルの規制区,規制区外にかかわらず悪影響がでないよう「スノーモービル対策ネットワーク」が立ち上げられ,目撃情報や遭難の回避,被害の回避に警察も一緒になり取り組んでいます。(スノーモービル対策ネットワークのページは こちら )

静かな山に響くけたたましいエンジン音。
興ざめしたのは私だけではなく,ずーっと前からここに住んでいたウサギちゃんだと思いました。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

仙台の桜はいつ咲くか

桜4.25 023s
登米市南方の桜

 桜の便りが全国から届く今日この頃。
 東北地方でも,宮城でも早く咲かないかなあと待ち遠しく思います。
 そこで今日は仙台の桜の開花を全く自己流に予想してみます。

 以前,ガンの渡り(北帰行)は,日平均が0℃を越えた辺りから始まると考えました。ホタルでも積算温度によって出てくる日にちが特定できると言います。桜はどうなのか。伊豆沼のある宮城県の仙台市で年ごとの桜の開花日と月平均気温(1月から3月)をを調べてみました。
種まき桜4.27 154s
雨の夕方の桜

年ごとの桜の開花日と1月~3月までの3か月の月平均気温をたした温度
開花日月平均気温合算(1~3月)
2013 今までで7.5
2012 4/18    5.2
2011 4/12  8.5
2010 4/13  7.3
2009 4/7 11.6
2008 4/5  9.5
2007 4/6 13.0
2006 4/13  7.9
2005 4/14  6.5
2004 4/7 10.2
2003 4/9  8.8
2002 3/29 14.3
2001 4/16  6.0
2000 4/13 10.0
 見ると1月から3月までの3か月の月平均気温を足して10℃以上になると4月一桁の日にちに桜は開花しています。それだけ暖かいからでしょう。足して8℃台辺りで4月9-12日辺りに開花です。足して7℃台で13日辺りの開花。月平均気温が低ければ寒いということで開花は遅れるという,ごく当たり前のことですが・・・。

星桜 018s
星の桜

すると今年はというと現段階でしか言えませんが1月から3月までの月平均気温は,足して7.5℃ということです。
この7.5℃という数字を上の表で見ると,2010年や2006年の数字に近いです。4月に入ってからの気温も気になりますが今のところ仙台の桜の開花日は「4月13日」と予想しておきます。

ちなみにウェザーマップでは,仙台の桜の開花は4/8。
日本気象協会でも仙台の桜の開花日は4/8。
ウェザーニュースでは4/6-10という予想でした。

さあ,どうなるでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村