FC2ブログ

清水眞砂子が語る

清水眞砂子 008s
9/29仙台文学館で「清水眞砂子と語る〈今〉の文学」と題された清水眞砂子氏のレクチャーがあって,それに出てきた。

 もう20年も前になるか,彼女の「子どもの本のまなざし」を読んで以来,ことあるごとに思いだし,今自分が生きている現実を引き受けるとはどういうことなのかという問いに自分なりに向き合ってこようとした。その試みは答えが出ないままずるずると生きながらえ今に至ってしまっている。
 どうも答えが出そうもない問いを自分に課してきてしまったが,清水氏はこのような自分の満足しない現実の中で,違和感も感じながら,格闘しながら這いずり回っている人が「ねずみ女房」のように鳩に乗って飛び立たなかったことを「自分の今の満足しない現実を引き受けて」あこがれとし,「そのあこがれのために,あんなに遠くの星まで見えるようになった」と言える自分になることは美しいことだと述べた。

子どもの本のまなざし子どもの本のまなざし
(1992/01)
清水 真砂子

商品詳細を見る


ねずみ女房 (世界傑作童話シリーズ)ねずみ女房 (世界傑作童話シリーズ)
(1977/03/20)
ルーマー・ゴッデン

商品詳細を見る


清水眞砂子 013s
 実際清水氏の話やその面持ちを知ると,私は唐突ながら女優の杉村春子を思い出した。なぜか昔の人の背筋が伸びた凛々しさのようなものを感じた。杉村春子はもういないが,こまつ座の旗揚げ公演(1984)だったかで背筋がしゃんと伸び,よく響く芯のある声に感心させられたことを思い出した。二人は年の差こそかなりあるが,どちらも戦前派でありお二人とも何か妥協しない強さというものを感じさせられた。それは戦前という時代の空気を吸った気概と言われるものかもしれない。
 「ゲド戦記」等,たくさんの翻訳をされている清水氏だが,翻訳の極意を目に見える氷山の一角だけをつなげても訳にはならない。水面下の氷山の隠れた部分を理解することと言われた。それはその通りだが,作品に対する真摯さや深い読みの姿勢は厳格そのもので,その清水氏の姿勢そのものが杉村春子を思い出させたのだと思う。

清水眞砂子 014s

何にも寄りかからず,毅然として自分の運命を引き入れて生きる強さを感じた。
清水氏はこう言った。
「生きる覚悟ができていない人がいます。この本読みました。あの本読みました。しかし読んだだけで自分のものになっていない人がいます。」
改めて,本を読むことは生き方を追究すること,現実を引き受けると言うことは命がけのことだが,失敗し,笑い,泣いて,へまをするのも人間。そういう人間とは滑稽な生き物でもあるが,あこがれを持ち,愛おしいものだ。

最後に子どもに合う本の選び方はという質問に答えてこう言った。
「子どもに合う本という考え方はしない。いい本は子どもでも大人でもいいのだ。」
全くである。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

稲刈りスタート

伊豆沼土曜 132s
ガン飛び立つ

一気に稲刈りが進んでいるこちら宮城伊豆沼・内沼周辺です。
台風20号が冷たい北の空気を巻き込みながら去っていった土曜の朝は気温が9℃まで下がりました。マガンも次々と越冬のために風に乗って伊豆沼・内沼,そして蕪栗沼を訪れています。その数はガン・カモ類羽数合同調査で10月初旬に発表されるのですが,現在推定1万羽を超える勢いです。

伊豆沼土曜 077s
ちなみに今までの10月の調査結果を並べてみます。
毎年10月の第1回ガン羽数合同調査の結果(過去5年間)
ガン羽数調査日
2012年48477羽10/7
20114847710/7
20103322210/8
20093260110/7
20083773010/10
2012年と2011年の数が同じというのはちょっとと思いますが,一応公式発表されているものですから・・・。

見るとここ2年間は伊豆沼・内沼に一極集中されてきているというのが予想できます。蕪栗沼も同じ傾向にあるようです。
裏返して言えば,越冬できる地域が一極集中型になり,他地域での越冬が難しくなっているということかもしれません。えさ場になる水田地帯や積雪量,気温などが関係します。

伊豆沼土曜 029s
稲刈りの機械に驚かないサギの群れ

稲刈りする回りにサギたちが群れています。
すぐえさが見つかるので,大型の稲刈り機械も恐れません。
伊豆沼土曜 009s
美しい水田

しかし,稲刈りした後に立ち並ぶ自然乾燥させる稲架けの美しいこと。
農家の人の美意識を感じさせます。本当にきれいです。私は自然に対する人間の最高の芸術だと思います。この丁寧さが自然に対する人間のマナーだと思います。

以前,佐渡の農家の人のこんな話を聞きました。
伊豆沼土曜 264s
ムクドリのえさゲット

「トキ(学名 ニッポニア・ニッポン)が田んぼに入ると稲が倒れてしまう。
 稲が倒れてしまうと,見かけがわるくなる。そのことだけが気がかりだ。」

農家の人たちの美意識の強さを感じる言葉です。
稲は美しく作る。
自分のつくる田は最後まできれいにしておく。
感心させられました。農家の人の気概を感じさせられる言葉です。

このきれいにした水田にガンはやってきます。

ぜひ「田んぼの生物多様性向上10年プロジェクト」に自分のできることで十分ですら参加していきたいものです。
田んぼの生物多様性向上10年プロジェクトについての記事は こちら
田んぼ_1s

「田んぼの生物多様性向上10年プロジェクト」の「ラムサール・ネットワーク」HPは こちら 。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

9/27今朝の伊豆沼

伊豆沼朝 481-2s
朝靄立つ

車の温度計は9℃。
伊豆沼はきれいな朝を迎えました。
頭上には今年最小だと書いてあった下弦の月が高く白く輝いていました。
伊豆沼朝 040s
サギたちの朝

次々とガンたちが飛び立ちます。
もうガンの数は3000を超えているかもしれません。
伊豆沼朝 137s
一日だって同じ朝はありません。光が,色が,気温が,湿度が複雑に絡まり合い,化学反応を起こすようにその日の朝をつくりだしていきます。
伊豆沼朝 297s
沼には5・6人のカメラマンがいました。
いよいよ2013年シーズンの始まりです。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村