FC2ブログ

冬桜ふたたび-『舟を編む』-

冬桜 053s
朝日に冬桜

わたしたちは広い海をたった一人で進んでいる。
だから不安や不吉なことを始終考えながら一人であることにも耐え,希望をつくり,豆だらけになった手をみつめながらひたすら櫂を握り,進んでいく。過去の言葉を支えとして,未だ来ない未来の言葉を探しながら進む。

錆び付いた言葉だけが自分の心から発せられる。
うまくいかない。だめかも。あきらめよう。このままじゃ。あきた。だるい。わかってもらえないだろう。

しかし,そんなマイナスイメージの言葉を吐き切ると,やがて明るい言葉が自分の灰色の脳から出て来るらしい。あるカウンセラーが言っていた。
錆び付いて詰まってしまった言葉を吐き出すことで,元気だった時のようにどんどん明るい言葉が自分の中にも流れ始める。その明るい言葉が自分を浄化したり,健康にする。

三浦しをんの『舟を編む』は,人が人生の大海を進むための灯台となる言葉をつくりだす辞書編纂の仕事の話だった。しみじみと楽しく読んだ。いい本だった。

舟を編む舟を編む
(2011/09/17)
三浦 しをん

商品詳細を見る


たしかに何かを生み出すためには言葉が要る。
発見にも言葉が要る。自分の立て直しにも言葉が必要だ。曖昧さの中から一筋の光が現れる。それが魂の言葉となる。
「男」という言葉を辞書で引く。「女ではない性」ではリアルではない。そのような否定で始まらないもの。それがそれで,しっかりとした輪郭を伴って現れ出てくるリアリティー。それが辞書の中から生み出されてこなければ言葉の海でわれわれは途方にくれるだろう。

冬桜 011s

この本の中には,すてきな言葉やすてきなシチュエーションがたくさんあった。
アマゾンに寄せられたこの本に対する書評を読むと,結構批判的な意見も目立つが,自分のことはさておいてないものねだりをするのが人の常だと思えば,もっと素直にこの物語の舟に乗り込んで一緒にオールを漕ぐことを臆さなければ楽しめるのではないかと思う。

下弦の夜 053s

錆び付いた心から批判的で,とげのある言葉を出し切ろう。
そして明るい言葉が自分の身体からほとばしる瞬間を待って肯定してみよう。
松本先生は静かに言った。
「言葉は,言葉を生み出す心は,権威や権力とはまったく無縁な,自由なものです。また,そうあらねばならない。自由な航海をするすべてのひとのために編まれた舟。『大渡海』がそういう辞書になるよう,引き続き気を引き締めてやっていきましょう。」

その通りだと思った。

追伸 いやー。アイソン彗がこうなろうとは誰も予想できませんでしたね。がっかりしました。
   でもまだSOHOの画面を見てみると,見えていますよ。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村