FC2ブログ

キツネに会いに

冬休み1227 645-2s
キツネの巡回

星の撮影が終わった後,長沼小鳥を見に行った。
ホオジロ,ベニマシコ,シジュウカラ,エナガ,アオジ,カワラヒワ,モズ,木の上にはオオタカ,カシラダカも一気に増えた。
よかった。
やっと小鳥たちも来てくれた。
飛び回る小鳥たちで冬を知る。

おや。キツネがいる。
3日前のことだ。

長沼 1132-2s
歩くコースは決まっている。

出会ってから二日目には,少し早い時刻に行った。
起きて来るなり伸びをして,日が出て少し暖まった土手に残る雪の上で寝そべったり,ごろごろしたりしている。かゆくなった所を雪にこすりつけたりしている。

おもむろに立ち上がるとキツネは沼の氷の上を歩いて獲物を探る。
しかし,あまり捕る気はなさそうだ。一通り歩いた後,土手沿いの道に戻った。

冬休み1227 532s
大体回るコースは同じである。立ち寄る所もほぼ同じ。立ち寄る場所ではゆっくりと匂いをかいだりする。たまに魚か何かがいるのか,そろえた前両足で地面をたたく動作をする。ネコがよく同じしぐさをすることを思い出した。双眼鏡で見ると優しい顔をしている。メスだろうか。車の音に立ち止まり,様子を伺っている。多分150m程離れている私にも気づいていると思う。しかし,無視している。

天気の良い今日は遠出をしたようだ。小一時間ほど待っても戻ってはこなかった。

長沼 1137-2s
しかし,レンズがよくない。輪郭が取れないほどだ。500mmF4.5というが,微調整してもだめだったみたいだ。300mF2.8×2テレコンバーターの方がずっと解像度がいい。
せっかく知り合ったキツネだ。きれいに撮ってあげたいのに。

今日も星がきれいだった。
そしてきれいな夜明けだった。マガンの飛び立ちもよかったし,ハクチョウたちの鳴き交わす声もさわやかに聞こえた。
鈴を鳴らしたようなシジュウカラやエナガの声もきれいだった。

しばしの休み,この世の人間時間からは離れて,星や鳥や生き物の時間に浸っていたい。

今日の本
キツネの話ということで椋鳩十の「金色の足あと」などはどうでしょうか。
私は椋鳩十の中では「マヤの一生」の次くらいに好きです。
金色の足あと―椋鳩十名作選 (椋鳩十名作選 3)金色の足あと―椋鳩十名作選 (椋鳩十名作選 3)
(2010/08)
椋 鳩十

商品詳細を見る


今観察しているキツネにいつか子どもが生まれたら,「金色の足あと」のような親になるだろうなと思います。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

混沌への序章

天皇誕生日 071-2s
12/23伊豆沼のガンの飛び立ち

今まで何度か「混沌への序章」とか,「マッス(かたまり)に挑む」というタイトルで記事を書いてきました。いずれもガンの飛び立ちの瞬間をかたまり(マッス)ととらえたり,混沌ととらえて,息詰まる瞬間を狙ってきました。
しかし,残念ながら成功したと言える写真は一枚もありません。何度もその場面にいながら,圧倒されてしまうのです。その瞬間で一蹴されてしまうという敗北感も味わってきました。ぶれてしまったり,スピードにカメラがついていけなかったりもう0.1秒だけ早かったらとか,秒速8コマでもコマとコマの間に永遠の一瞬があったりして逃してばかりなのです。
勿論背景や光の状態,躍動感,画面の中でのひしめき具合とか条件はたくさんあり,それらの条件が一致することはめったにありません。
今シーズンこそはと鼻息を荒くして出陣しますが・・・。

栗駒 108-2gs
混沌への序章

天皇誕生日の朝
12/23伊豆沼のガンの飛び立ち

混沌への序章
蕪栗沼 ガンの飛び立ち

夕暮れ 409s
12/23 夕方ガンの塒入り 月齢1の細い月と南に金星を添えて

夕方のガンの塒入りはえんえんと暗闇になるまで続きます。

つくづく鳥という生き物の自由さを一羽一羽の着水までに繰り広げられる落雁の中に見いだすことができます。
旋回,ひるがえり,落下,もつれあい,直立,急降下,模倣,鏡飛行,背面飛行。
すべてE難度の技ばかりです。
すばらしいの連発です。

追記
蕪栗沼の情報です。これらの情報は次のプログにありました。(詳しくは こちらへ ) 
マガン  39,000羽
オオヒシクイ  797羽
オオハクチョウ 330羽
コハクチョウ    2羽
シジュウカラガン  0羽
その他にもオジロワシやアカゲラそしてジョウビタキなども見られるそうです。

化女沼の情報です。
マガン    9,958羽
亜種ヒシクイ   643羽    
オオヒシクイ    63羽
シジュウカラガン 920羽

化女沼のシジュウカラガン920羽というのはすごいですね。
めったに見られるものではありません。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村