FC2ブログ

コーラ

海沿いにて 010-2gs
朝の海 荒浜海岸

コーラ

それはたゆたうように在る
しかしその存在は証明されたことはない
それはちょっと変わった形である
だいたいが形があるかどうかも分からない
だれも見たことはないし
確かめたこともない
あるなと感じてもそれは次元が違うところにいるようにも思える
近くだけれど反り返った世界であってこの世ではない
とらえどころのないものなのだ
だから名前すらない

コーラ
まるで触媒のように立ち現れてくるのだ
それ自身では場所を持たない
あるものが存在しようとするときに
その場所を提供するだけだ
生成することを
この世にあらんとすることを・・・ただ許している
意志するとかすかに世界のどこかで反応する
小さな灯をともすように
しかし考える対象にするとたちどころに形容されることを許さない

目的なんてない
そもそも言葉や思考の文脈ではつかまらない
「コーラこそは、みずからを刻印するありとあらゆるものの記入の場を象るものなのだ」

コーラ
とある公園に椅子がある
その椅子は誰かが座るようにつくられている
しかし誰も座らない
誰かのために作られたが誰れのためでもない
その公園に辿り着いた者などいないからだ

コーラ
すべての意味ははぎ取られている
「これでもなくあれでもないようにみえ、同時にこれでありかつあれであるようにみえる」
接近すると消え
しかし大胆に存在しているがおよそ権威というものは持たず
平然としている
イノセントでありながらすべてを許す

場所であって空間ではない
まよいが

あるいはカフカの「掟の門前」の開かれることのない門


海沿いにて 278-2gs
海沿いにて 石巻線 沢田-浦宿  万石浦に年の瀬の陽がきらきらと輝いていました


コーラとはプラトンのティマイオスに出てきた不思議な言葉です。
およそ概念化できず,実に可変性の高い,可塑性の高いものです。
何にでも変化可能で実体をもたないものです。強いて言えば「場所」と訳されていますが,とらえどころのないものです。それは永遠につかまらない蝶のようなものでもあり,永遠につかまらない蝶の存在をこの世に許すもののようにも受け取れます。あるものが形づくられようとするときに同時に現れるけれど,決して自分自身では形をなさないものです。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ
スポンサーサイト



「星と写真の部屋」の写真術-仕上げ編-

1228iss仕上げgs
雪煙巻き上げて夜明けの光 12/28未明  

昨日の記事は,今朝(28日)早くにこんな写真を撮りたいという記事でした。

木星と火星の接近とそのペアに虹を架けるようにISSが飛ぶという設定です。そこに始発電車がやってくるという構図です。

さて早起きして行ってきました。ISS通過が5:17です。
ところが,起きてみると天気予報に反して吹雪でした。現地に着くと吹雪は一向にやまず,セットしたカメラは雪だるまのようになりました。しかし,天気というのはわからないものです。今までの経験上殆ど見込みがなくても一瞬星が出る事ってあるんです。

星やISSはかすれるように雲間に一瞬だけ出てきました。
従って今日の写真は4秒ずつ撮って写っていたISSをつなげ一枚にまとめ,かろうじて木星と火星が写っていた一枚を整え,そして始発電車の一枚と比較明合成をしてなんとか仕上げました。本当になんとかかろうじてという感じです。ですから画像にも少し無理があります。とりあえず宣言して撮影したものですから結果はお知らせしないとと思いました。

結果的に見ると,何も撮影を予告しなくてもよかったなと思いました。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

「星と写真の部屋」の写真術

天の川電車-2-2s
天の川電車 今年6月撮影 石巻線

何と言ってもこの頃の星のニュースで見逃せないのは,来年2018年は元日からいきなり最大の満月から始まることでしょう。
そして月初めに満月であれば,もう一つの楽しみ,そうひと月に2回目の満月,つまり31日にブルームーンもあるのです。しかもその2回目のブルームーンが皆既月食なのです。このニュースは見逃せませんね。もう今から楽しみですね。

さて明日で仕事も一段落で,やはり明日朝は撮影かと意気込んでいます。
テーマは夜明け前の「木星と火星の接近」とISSを組み合わせ,さらに太陽と始発電車も組み合わせるという合わせ技の極致を目指します。そこでどんな見え方をするのかをシミュレーションしてみたのが下です。

1228合わせ-2
12/28未明の星とISSと日の出の位置

さてどう写るのか,楽しみです。その場所が1枚目の写真です。始発電車は写真のように写るはずです。

天皇誕生日 2017-12-23 017-2gs
沈む冬至の太陽

電車をいつも取っている場所で冬至の太陽の位置を確かめたらこんなに南にきていました。画角で60°くらいも違うのです。
景色の中で確かめると改めて驚きました。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ