FC2ブログ

おめでとう。気仙沼線BRT専用道供用記念

DSC_7538-2s.jpg
気仙沼線BRT専用道供用記念式典 今日6/30

今日,気仙沼線BRT柳津駅-陸前戸倉駅専用道供用式典が開かれました。
いよいよ気仙沼線がまた一歩新しい時代に入りました。嬉しいことです。
今まで6年間,線路は曲がったまま,駅は消えたままでした。確かにいち早く震災後には赤いBRTバスが走り始めました。しかし,破線の気仙沼線が実線になることはありませんでした。やっと今日。また実線への区間がつながりました。

DSC_7579-2s.jpg
供用記念BRTウォーキング

気仙沼線BRT専用道供用記念イベントは専用道を歩くウォーキングでした。地元の方を中心に110名以上が参加して,小牛田駅長さんの合図で専用道のバーが上がり,30℃以上の暑さの中をみんなで歩きました。

DSC_7595s.jpg
みんなにこにこでした

鉄道が途絶えて7年経ちました。
あの草むした線路や倒れた駅舎の柱を見て,次々変わっていく景色を見続けてきました。
今年度になって急ピッチでBRT専用道の整備が一気に進んできました。トンネルや橋梁が多い気仙沼線ですが,特に流された鉄橋の架橋工事が一気に進みました。そして今日を迎えました。

DSC_7647s.jpg
皆さん。お疲れ様でした。最高齢は86歳の方でした。すごいですね。

明日専用道を一番バスが通過していきます。
やっと震災の時に柳津-陸前横山で止まったままのあの電車が明日動き始めるような錯覚を憶えます。
どれくらい専用道が通れるようになっているか。明日分かります。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ

2018今年のホタルについて

7日目ホタル-2gs
ホタルの木

この写真は昨日載せたホタルの木ですが,実は2年前にもこの木にはよくホタルが集まってきていて,どうしてこの木なのかと不思議に思っていました。この木にホタルが集まるのには理由があるはずです。この川に沿って木はたくさんあるのにどうしてこの木が目印になるのか。まずこの木は周辺によくあるクルミの木ではありません。桜の木です。並木が少し切れた端の位置にあります。並んでいる木々がこの場所で少し切れて開けた場所に出る所に位置しています。どこでもそうですが,開けた場所に出るとホタルの飛び方は縦よりも横に広がる傾向があります。毎年多く発生して群舞している端の場所に当たります。

7日目のホタル-2-s
2016/6/25 ほぼピーク 観察7日目

この写真が2年前の2016年のピーク時に写したものです。そしてここ2年の内に集中する場所は写真の奥の開けた場所に移動しています。昨年辺りからピーク時に多く集まる場所です。年によって集まる場所は大きくは移動しないのですが,集中する場所は移動するのだなと感じます。

ホタル日曜1-2-3-2s
そして今年このような開けた場所に集中して2年目になります。

今年は初期段階からいきなりピークという前降りなしの感じがしました。観察時期が遅かったのかもしれません。しかし,例年2週間にわたる観察期間が今年は短く,一気に発生して一気に収束していったと感じました。

ここにメモとして今年感じたことを書いておきます。
① 這い回るピークと飛翔するピークがある
② 短期集中型に変わりつつある。温暖化の影響なのか。ホタル自体も集まっていたらそこにまた集中するという傾向で,分散するという感じがしなかった。
③ 今年は月の光が強い期間に当たっていた
④ ホタルの発生時期が雨が少なく川の水量がほとんどない時期だった。
④ 特に例年水田周辺で発生しているホタルにとっては,除草で草むらがなくなりホタルが住みにくくなっているのではと感じた。

これらの観察を10年単位で見ていったら,かなり分かってくる部分もあるのではと感じるようになりました。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ