FC2ブログ

あの日を忘れない2

DSC_2695-2gs.jpg
あの日を忘れない 気仙沼岩井崎 3/9撮影  画面右端に吹き上げ岩から潮が吹き上げているのが分かる

あの日を忘れない
あの日の話をすると、殆どの人があの日の星空はきれいだったと言う。
そうだったと思うけれど、自分自身は実際よく憶えていない。
あの日、生命の危険を感じた私たちが信じられない世界と対面していた。
雪が激しく降った後に空は黒くこの世に落ちてきた。そして落ちてきた黒い空には信じられないほどの星が輝いていた。呆然として孤立していた私たち一人一人にあの星空が語り掛けてきた。
一体あの日はどんな星が輝いていたのだろうか。

まず地震が起きた午後2時46分の空の様子です。

201131141時46分
2011年3月11日午後2時46分

火星、太陽、天王星、水星、木星が並んでいます。この太陽は地震3時間後の17:39降りしきる雪の中を沈んでいきました。そして雪が収まると晴れて、長く辛い夜が始まりました。この日の月はどうだったのでしょうか。出ていました。月齢6.3の上弦前の月が16:12に雪の中南中を迎えていました。満天の星空となったこの日の夜上弦手前の月は日が変わろうとする23:48に西の空に沈んで行きました。

2011311夜
2011.年3月11日21:40の星空

3/11 17:00から3/12 8:00までの気温の変化
17  0.9
18 -0.2
19 -1.6
20 -1.3
21 -2.6
22 -2.7
23 -2.9
24 -2.8
 1 -2.5
 2 -2.4
 3 -4.1
 4 -4.5
 5 -3.6
 6 -3.7
 7 -2.8
 8 0.6

晴れたことで夜明けは氷点下4.5度まで下がりました。この寒さの中、朝4時頃鋭く光る-4等の金星が昇ってきました。

3/11の長い夜が明けました。
しんしんと光り続けた星の光で冷え切った朝でした。
あの日の話をすると、殆どの人があの日の星空はきれいだったと言います。
生命の危険を感じながら対面した星空。信じられないほどの星が輝いていた。呆然として孤立していた私たち一人一人にあの星空が語り掛けてきた。
あの夜の星の光。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


スポンサーサイト