FC2ブログ

白い鳥

DSC_7946-2gs.jpg
白い鳥(宮沢賢治による「白い鳥」)

   二疋の大きな白い鳥が
   鋭くかなしく啼きかはしながら
   しめつた朝の日光を飛んでゐる
   それはわたくしのいもうとだ
   死んだわたくしのいもうとだ
   兄が来たのであんなにかなしく啼いてゐる
     (それは一応はまちがひだけれども
      まつたくまちがひとは言はれない)
   あんなにかなしく啼きながら
   朝のひかりをとんでゐる
     (あさの日光ではなくて
      熟してつかれたひるすぎらしい)
   けれどもそれも夜どほしあるいてきたための
   vague(バーグ)な銀の錯覚なので
     (ちやんと今朝あのひしげて融けた金(キン)の液体が
      青い夢の北上山地からのぼつたのをわたくしは見た)
DSC_9016-2s.jpg

   どうしてそれらの鳥は二羽
   そんなにかなしくきこえるか
   それはじぶんにすくふちからをうしなつたとき
   わたくしのいもうとをもうしなつた
   そのかなしみによるのだが

      (ゆふべは柏ばやしの月あかりのなか
       けさはすずらんの花のむらがりのなかで
       なんべんわたくしはその名を呼び
       またたれともわからない声が
       人のない野原のはてからこたへてきて
       わたくしを嘲笑したことか)

DSC_5125-2s.jpg
   そのかなしみによるのだが
   またほんたうにあの声もかなしいのだ
   いま鳥は二羽、かゞやいて白くひるがへり
   むかふの湿地、青い芦のなかに降りる
   降りやうとしてまたのぼる
     (日本武尊の新らしい御陵の前に
      おきさきたちがうちふして嘆き
      そこからたまたま千鳥が飛べば
      それを尊のみたまとおもひ
      芦に足をも傷つけながら
      海べをしたつて行かれたのだ)
   清原がわらつて立つてゐる
    (日に灼けて光つてゐるほんたうの農村のこども
     その菩薩ふうのあたまの容(かたち)はガンダーラから来た)
   水が光る きれいな銀の水だ
   (さああすこに水があるよ
    口をすゝいでさつぱりして往かう
    こんなきれいな野はらだから)


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村