FC2ブログ

仙台市電保存館にて

DSC_6465-2s.jpg
1号車(モハI型)
大正15年9月に川崎造船所で新造された木造四輪単車。大正15年11月25日の市電創業の時から約40年にわたり、仙台市民の足として大いに活躍しました。昭和51年の市電廃止時には創業当時の姿に修復されてお別れ運転を行いました。(仙台市電保存館HPより)

大正15(1926)年11月25日開業した仙台市電。昭和51(1976)年3月31日の廃業まで50年間。
チンチンチンという音。ゴォーッと加速していく音にわくわくした子ども時代。細い停車場で待つと曲がり角からゆっくりと電車は顔を出して近づいてきた。懐かしい。

DSC_6297-2s.jpg
415号車(モハ400型)
昭和38年4月に日本車両製造所で製作された全鋼製二軸ボギー車。仙台市電最後の新造車で、市電廃止まで活躍しました。軽量化と自動車部品を取り入れて保守性の向上を図っていました。

・定員:84人(内座席28人)
・最大寸法:11,900mm(長)×2,200mm(幅)×3,725mm(高)
・自重:13.7t
・速度:23.8km(仙台市電保存館HPより)

さて,大正15(1926)年11月25日開業した仙台市電ですが,その前後に私鉄が次々と開業していきました。
大正10(1921)年10月5日仙北鉄道開業(瀬峰-佐沼)
大正10(1921)年12月17日栗原電鉄開業(石越-岩ヶ崎)
大正11(1922)年10月6日仙台鉄道開業(仙台-中新田)
大正11(1922)年2月4日松島電車(松島駅-五大堂)
大正11(1922)年11月2日松山人車軌道(松山町-千石)
そしてこの時期馬車鉄道として開業していた秋保電鉄や金華山鉄道は馬車を廃して電車やガソリン車になっていった。
ちなみにこの後大正12年関東大震災に見舞われました。
大正14(1925)年6月5日仙台電鉄(仙台-西塩釜)
そしてこの大正14(1925)年7月に大船渡線(一関-摺沢)となり
翌年仙台市電開業となります。仙台市内では既に円タクが走り回っていました。まさに鉄道開業ラッシュの時代でした。仙台市電の開業と歩調を合わせるように仙南の増田から閖上までの増東軌道も開業していました。

DSC_6352-2s.jpg
懐かしい車内

仙台市電が開業した大正15年11月25日辺り,宮沢賢治は学校を辞めた。そして12月は殆ど東京で過ごしていた。大正天皇が崩御されたのはこの年の12月25日でした。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村