FC2ブログ

新・遠野物語-村人の生活-

DSC_8226-2s.jpg
沼のほとり

「新・遠野物語」は,写真と歴史から埋もれていく昔の良き風景を記録しておきたいとスタートしました。
今日は村人の一年の生活を追ってみたいと思います。この村人の一年の生活暦を知ることで当時の人々の生活や考え方,信仰を知ることができるからです。

1月16日  お墓参り
1月17日  お蒼前さま 馬頭観音に豆粉餅を上げて,馬にご馳走する。
1月23日  二十三夜さま
1月24日  愛宕さま お精進をして愛宕さまをまつる。
1月25日  のの岳さま祭
1月26日  月待ちの夜(二十六夜か)

一月は年の初めということもあり,自分たちの正月の後は御先祖のお正月,そして馬のお正月,お月さまのお正月,愛宕さま,のの岳さま(箟峯寺白山祭)と続きます。「お蒼前さま」は馬の神様,二十三夜,二十六夜は月待ちの習わしでしょう。そして愛宕さまは火伏せの神様です。

3月12日  山の神講 嫁達の講で,小牛田の山の神にお詣りして集まり,お精進をする。(正月,三月,九月)
3月19日  鱒淵観音の日お詣りの日。講中から二人ほど馬に立派な仕度をさせてお詣りする。
3月28日  古峯神社祭 火防の神様
5月     初田植え 田の神,お蒼前さまにお供え
6月16日  虫送り 津島神社祭 神社で祈祷してもらい,お札をいただく。
7月16日  お弥勒まいり
   24日  愛宕さまのお祭り
8月15日  八幡さまお祭り

そして女達によってつくられていた講,山の神。馬頭観音を祀っていた鱒淵観音の日お詣りの日。 古峯神社祭は火防の神様として知られています。田の神,津島神社のお祭り,お弥勒まいりは上沼の弥勒寺のことです。愛宕,八幡様参りと続きます。無事に田植えが終わり,稲が順調に育ってほしいことがいかに大切かがうかがい知ることができます。


DSC_7612-2s.jpg
雪降った日

9月9,19,29日 みく(三つの九日)断ち 明神さまの屋根の葺替え
10月12日 山に入らない
    16日 虫供養
11月    軍馬購買 栗原,本吉,岩手方面から1800頭の馬が集まり,購買官がよい馬を買い上げていった。一市,横丁の両側にすべての馬が並んだ。
12月    出羽三山講最後の精進日
    12日 山の神の年取り
    16日 お蒼前さま馬の年取り 餅を搗いて馬にご馳走する

こうして一年の村人の生活を書き出していくと,信仰が生活を支えていると強く感じます。特に天候に左右されて三年に一度収穫できればよいという程厳しい自然にさらされていた昔の村の生活は,心の拠り所としての信仰を生活の支えとすることで成り立っていたのでしょう。

DSC_8291-2s.jpg
差しかかる光

一つ一つが無事終わる毎に村人は「良かった。良かった」と喜び合っていたと思います。普通が一番。いくらかでも米ができれば収穫ゼロよりはましだ。「良かった。良かった」

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村