FC2ブログ

理容店にて

DSC_8878-2-2gs.jpg
霧立ち込める

どうも自分は人とのコミュニケーションの取り方で悩む性質(たち)だといい歳をして薄々と感じてはいたがやはり気になることがあった。コミュニケーションなので相手が悪いわけでもなく,自分が悪いと言うことでもない。ただ交わされる言葉の意味疎通が互いに大きくずれてしまうのだ。そのずれがどうしても不快になってしまう。

先日娘の結婚式に参列するために理容店に行って髪を切りそろえた。
「結婚式に出るので少しはっきりとした感じにしたい」
普段は何も言わずおまかせでやってもらう私だが今回だけは結婚式なのでそう言ってみた。
「どこをどうしたいのですか」と若い男はハサミを持ちながら鏡の中の私に言った。
正直私はとても驚き,言葉が詰まった。明らかに鏡の中の若い男の「どこをどうしたいのですか」という返事には柔らかな拒否が感じられたからだ。「どこをどうしたいのですか」,普通そのような返事はしないだろう。私は髪のプロに結婚式向きのカットを注文したのである。髪のプロが結婚式に参列するという客の言葉を聞いて一体どのような点に気を付けてカットすればよいかは理解できるのではないかと私は予想してそれも幾分下手(したて)に注文したのだ。いや,少なくても髪のプロだったらそれくらいは知っているだろうという勝手な値踏みを私もしていた点に落ち度があるということなのか。ところが何度も言うが髪のプロフェッショナルからの返事はこうだった。「どこをどうしたいのですか」だ。
正直私はその返事にとても驚いた。二の句が継げないほどだった。しまったと思った。こんな若造にこんなことを言うんじゃなかったと思った。大きな鏡の前に人生のフィナーレの黒い幕がするすると下り始めた思いだった。返事の言葉自体に明らかな拒否が感じられた私には次の瞬間,むらむらと湧き上がって来るものを感じた。「どこをどうしたいのですか」という無礼な言葉に対して,それを受けて立つ正統的で紳士的なやり返す言葉だ。私は自然と鼻息が荒くなるのを抑えて言った。
「例えば生え際をきれいにそろえるとかさ・・・。」私は自虐的な照れ隠しのような笑みを浮かべていった。ところがこう言った。
「それは顔そりがやります。どこをどうしたいのですか」
(言葉ではっきりと自分の考えを言え。そうでなければやらんぞ。)こう言われているような気持ちになった。それも少なくても100字以内で簡潔に要点を押さえて言うこと,そんなテストを受けているようだ。

DSC_9052-2s.jpg
赤い朝

仕方なくこう言った。「短めの髪で六対四くらいの分け方。後ろは軽く刈り上げるように」(これじゃ。普段通りじゃないか)
「承知いたしました」若い男は言われたように切り始めた。そして顔そりの係の男には「結婚式だそうです」も何も伝えはしなかった。自分の仕事は言われたようにやった。顔そりの同僚も仕事に自信を持っているから客がサミットに出ても結婚式に出ても恥ずかしくない顔そりをするだろうと思っているのだろうか。だから客の情報も伝えないのか。とんでもねえ思い違いをしてねーか。若者っ。成人式もう終わってるよな。
私は負けたのである。最後のセットの係の男が私の結婚式出席を知り,仕上げのスプレーをまるごと一缶使うように吹き付け,私の髪の毛は硬い針金のようになった。
そうか。これが結婚式用の仕上げなのだ。私は泣きそうになりながら思った。
私は若い髪のプロ集団に負けたのである。

DSC_5509-2gs.jpg
この頃ぱらぱらとしか飛ばなくなった蕪栗沼

私は少なくとも次のような心が満たされる会話を夢見ていた。

私「結婚式に出るので少しはっきりとした感じにしたい」
店「そうですか。おめでとうございます。それでは結婚式ですからはっきりと(髪を)分けましょうか。後ろは少し刈り上げた方が印象がいいですね。丁寧にやらせていだきます。」
私「ああ。頼む」

いずれにせよ。コミュニケーションの難しさをいやと言うほど感じさせられた理容店だった。
次の日,太い針金のような髪で私は娘とバージンロードを歩いた。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村