FC2ブログ

春のきざし

DSC_3179-2gs.jpg
長沼の夜明け

春霞立つ今日の夕ぐれの空を長く編隊をつくった百羽ものハクチョウの群れが夕日を横切って行った
もうさよならの声も届かない遠くだった

DSC_3703-2gs.jpg
高く架かる金星

金星が西の空でだんだん高くなっていると感じる
気のせいだろうか



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

新・遠野物語-竹取の翁の家-

DSC_6785-2gs.jpg
新・遠野物語-竹取の翁の家-

石碑調査を続けていますが,むしろ大きな発見は,人に顧みられなくなって,山の奥に消え去ろうとしている中世の景色に辿り着けるということです。調査の後にいただいた永田地区のおばあさんの「はっと」は本当においしかった。感謝しています。15日のご恩返しには努力したいと思います。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

別れる哀しさ

DSC_2358-2.jpg
帰るハクチョウ達 今朝2/2撮影

昨日の夜は風もなく,ただ星の光ばかりが降り続ける哀しい夜となった。
雁やハクチョウ達が鳴き交わしながら星の光の中を北に向かってしばらくの間飛び続けていた。
渡り鳥が北に向かって帰り始めたのだ。いよいよお別れの時だ。
こう思うと毎年やるせない気持ちになる。
当然のように居た鳥たちがいなくなる寂しさにまた耐えなくてはいけない時期に差し掛かった。雁やハクチョウが飛ばなくなった空はがらんとして虚ろである。静かすぎる時間もまた苦痛になる。雁やハクチョウの鳴き声でつくられていた時空間が無くなってしまう。ただの青空だけが,ただの静けさだけががらんどうの春を連れてくる。

DSC_2086-2s.jpg
昨夕月齢7の月と金星 雁もあまり飛ばなくなった。北へ帰ったのだ

西行の雁の歌を「山家集」から探してみた。
全千五百首ほどの歌に12首の雁の歌があった。

その中の一首に眼が留まった。「寄歸雁戀」というタイトルが附いている。恋の歌である。

つれもなくたえにし人をかりかねのかへる心とおもはましかは
<意訳>連れもなく付き合いも絶えてしまった私だが,かりがねのようにひたすら帰ろうとする心を知っていたならば帰る道も歩けたのに

西行は渡り鳥の雁の帰ろうとする気持ちの力強さに憧れを感じているが,それに引きかえ自分はどうだ。誰も待っていないし連れ添う相手もいないと苦り切っているようだ。人を思うことで恋の歌に入っているらしい。このような雁の帰ろうとする渡り鳥の本能は誰でも知っている。しかし実際雁やハクチョウの飛ばなくなった空や夕焼けはただ虚ろに美しいだけである。どこか耳の遠くに聞こえていた彼らの声が静寂の見えない底に沈んで行くことは懐かしい景色がなくなってしまうように感じる。つくづく彼らの声が,つまり音が私の世界をつくっていてくれたと改めて思い知らされるのもこの時期だ。「枕草子」で,嵐や台風の後の無造作に散らばった庭を見て,去っていってしまったものが残していったものに特段愛着があるわけではないのに何か妙な寂しさを感じるあの思い・・・。

DSC_2324-2s.jpg
長沼の朝 今朝2/2撮影

理由無く生まれ出たものは見る夢も思い出せず一体どこに帰ればいいのだろう。
こう自分自身に尋ねてみると,夜に星の光を燈台として,星の光をまたたきにして山を越える雁やハクチョウ達の野生の帰巣本能の素晴らしさがつくづく理解できる。
彼らに大きく大きく手を振る。空から彼らの最後の声が降ってくる。青空に溶けて見えなくなるまで手を振り続ける。
自分の心の憂鬱をむりやりに掻き消すかのように空の果てに手をぶんぶんと振り続ける。

DSC_2266-2gs.jpg
雁やハクチョウ達が消えていった空 今朝撮影


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村