FC2ブログ

竹藪の思い出

DSC_5656_7_8_tonemapped-2s.jpg

私の家の西側に竹藪が広がっていた
西日を受けて竹藪を通したちろちろと光がよく奥の障子や畳の上を踊っていた。
雪が降って晴れた朝は天井を見ると,すぐ雪が降ったと分かった。朝の勢いのある光が雪面に反射し,回って家の隅々を明るく輝かせている。しばらく西側を見ていると雪で重く垂れた孟宗竹が障子に重く映っている。見取れていると日の光で解けた雪を勢いよく払いのける竹のすばやい動きが障子に幻灯機のように映る。青竹のはじけた拍子に舞い上がった細かい粉雪が障子全体に降り注ぐ。
風のある夜は竹林のさざめく音で夜の深さを知る。月のない夜は少し重い音で,月の明るい夜は少し乾いた音でさざめいている。
竹のさざめくその音で,風の輪郭を知ることができる。

DSC_7770gs.jpg

その竹林の中に一週間ほど蒲団を敷いて泊ったことがあった。
とても強い地震が起きたときのことだ。後で知ったことだが私が三歳の時だった。竹林の下は根がよく張っており地震の時でも安全だと言うことだった。夜の風を頬に受け,蒲団に潜り込み上を見ると,星々を交互に消すように高い竹の先が揺れていた。そうして眠りに就いた。

「 その夜から私たちと隣の寺の家族とは、つい前の孟宗藪に寝た。
 さうして簡素な竹林の生活が初まつたのである。
 月が消え、雨がふり、闇にも人人が棺をかついで来た。
 後には夜だけ裏の竹林に移つた。傾いた、壁も戸も無い私の庵室に支柱をして、兎に角私たちは辛うじて安きを得た。掛を引きはがして来て夜風をふせいだ。
 昼間は前の竹林にゐた。私たちは卓子や曲木の椅子や、籐の寝椅子やをその中に据ゑた。
 誰やらが、竹のひとつに壊れた六角時計を掛けた。青銅の仏の面を掛けてくれた人もあつた。
 その竹林からはよく海が透いて見えた。
 私は笑つて、私の竹林生活がいよいよ簡朴になることを思つた。」北原白秋「竹林生活」から

満月-2s
今夜の月 満月

こんな冬枯れた景色の中でも竹林は蒼く,芯のある風に揺れている。
ただ揺れている竹林が立てる音は外側からでは聴くに堪えない。竹の音は是非竹林の中でこそ味わってほしい。冬の竹は乾いた音を立てる。地面に落ちて揺れる木漏れ陽に呼応する音は高く晴れた空には昇らず折り重なるように次の音にかき消されてしまう。

DSC_6785-2gs.jpg

竹林の中は下生えがなくまっすぐに縦に伸びる竹の間隔を見ながら屈む必要もなくただただ歩きやすい。
林の底に広がる少し湿った竹の葉は足に優しく,狐か狸かが踏み通った獣道は奥に心地よい曲線を描いて消えている。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村