FC2ブログ

にぎわい

鱒淵2020620-18-2s
にぎわい 6/28撮影 比較明合成124コマ

にぎわいといっても124コマも合わせればこのようににぎわっているようには感じるものだ。
連続写真を撮るのはホタルの出方などが後から確かめられるかなと思っているからだが,案外一コマずつチェックしていっても新しいことが簡単に見つかるわけでもない。
ただ,ホタルが一匹動き始めるとそれに反応するように葉陰に留まっているホタルが光り始め,また後を追うように飛び始めるたりすることは確かなことだ。わたしは今,沢の岸のメスらしいホタルが留まっているところに椅子を持ってきて腰掛けているが,飛んでいるホタルが視界に入ると留まっているホタルは呼応するように強く光ったりする。それを見て,飛んでいるホタルが近づいて来る。この呼応する時の光り方が大切らしい。でもその光り方に規則性があるようには思われない。私にはただ強く光ったということが分かるだけである。とすると光の信号は待っているホタルが定期的,自発的に点灯させている(数打ちゃ当たる的)わけではなく,あくまで相手が近づいた時点で光り始めるという反応の仕方らしい。光って飛んでくるホタルにこちらから少し暗くした懐中電灯の光を向こうと同じように点灯するとやはり私の所に近づいて来る。とにかく留まっている光でも動いている光でも近くまで行って相手を確かめている。
また下流に飛んでいったホタルはしばらくすると上流に向きを変え,引き返してくる個体もけっこういる。ということは彼らの活動範囲が何㎞もあるわけでもないらしいことも伺える。とにかくホタルは奥が深い。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村