FC2ブログ

新・遠野物語―見ザル言ワザル聞カザル―

12-ことは入り
長野の庚申塔 白馬村で

庚申塔という石碑があります。
庚申信仰の満願を記念して建てるものです。
この庚申塔。全国津々浦々にかなりの数が建てられています。
カレンダーを見ると「庚申(かのえさる)」という日があります。例えば今年ですと7/16をカレンダーで見ると「庚申の日」に当たっています。この庚申の日の夜は寝ている人の身体から三尸(さんし)という虫が抜け出して天帝にその人の悪さをすべてばらしてしまうというのです。これは大変です。そこでこの庚申の日は眠らず勤行に努めたと言います。

そこで庚申塔には「わたしの罪を見ないで下さい,言わないで下さい。聞かないで下さい」と三匹の猿が描かれるようになったと言われています。

12-白馬行き 088str
左から,私の罪をどうか「聞かないでください。言わないで下さい。見ないで下さい。」

さていろいろな庚申塔の三匹の猿を見ていてはたと気付くことがあります。
猿がどういう順番で並んでいて,それには何か意味があるのかという疑問です。そこで三匹の猿だけを並べてみました。上の写真2枚は芦田正次郎著「路傍の庚申塔」慶友社から引用しました。

三猿比較図
上から江戸初期型 延宝五年(1675)東京都北区十条     「見,聞,言」
「」2段目 江戸中期型 宝永元年(1704)東京都北区赤羽北 「言,見,聞」
3段目 享保十三年 宮城県登米市浅水 長谷寺境内    「言,見,聞」
4段目 不明     長野県白馬村                「聞,言,見」
5段目 日光東照宮                          「聞,言,見」

結局これだけではどの並びがどうだ,時代を経るに従いこうなるとは言えません。
ただ並べた三匹の猿を良く見ると足が垂直に立っている江戸初期型と宮城の享保十三年。時代が経つと足と手のラインが菱形に変化する江戸中期型,後年更にバリエーションが増して長野のようにあぐらをかいたり,横を向いたりする並び方も現われてくるそうです。また地域性も大きく表われる部分だそうです。おもしろいですが,もう少し調べる必要があるようです。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

緑の涼しさ―7月のさんぽ道―

DSC_7891s.jpg
わくらば散る

今日は七夕
小暑にもなりました
雨続きのため日曜日の満月から月を仰いでいません。
ホタルの産卵は済んだかしら・・・。次はヒメボタルになるでしょう。
早いハスが咲き始めていました。
庚申塔のまとめをしています。

DSC_7788-2ss.jpg
7月のさんぽ道

もう秋を感じさせる花が咲き始めました。
雨が止んで雲間から少し青空が覗くとヒョウモンチョウが元気に飛び回ります。

DSC_7816s.jpg
カブトムシとり

昔は木を揺すると雨のようにカブトムシやクワガタが降ってきたものです。
でも一匹でもいるととても嬉しくなります。

DSC_8002s.jpg
キノコの季節

DSC_8040s.jpg
そっとイトトンボ

トンボ類もどんどん出てきています。今日はノシメトンボが多かったなあ。

DSC_7907s.jpg
林の中



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

ネムノキ咲き始めて

ネムの木 010s
ネムノキ

それは夏の始まりのことだった
空は青ではなく眩しすぎる白だった
広い校庭の方に窓や扉は開け放たれている
見れば校庭には人影はひとつもない
その広く物音ひとつしない校庭から
一筋の風が吹いてきて
教室にかすかな風の渦ができたように思えた
そして薄められてはいたが輪郭の立ったよい香りが
一瞬漂って沈んでいった

その香りの正体を探すために目をやると
相変わらずじりじりとした広い校庭を囲むこんもりとした森に
一点だけ赤いものが見えた
ゆだった空気を通してゆらゆらと見える赤は満開に咲いたネムノキだった

その年のその日は梅雨明けの日となったと思う
ネムノキの花を見るとそんな光景を思い出す

DSC_0061s.jpg
ネジバナの咲く

ネジバナもちらほらと咲き始めた
さてここでまた問題です。この写真のネジバナは右巻でしょうか。左巻でしょうか。
ググってみるとネジバナには別名「ひだりまき」と言われていると書いてあってびっくりした。私が今までで右手,左手で確かめると半々に近いものだと思った。確かに論文にもそう書いてあったように思う。
正解は左巻だと思います。
さて右巻き,左巻きで考えるとフジは?アサガオは?とつなげて考えると何か法則性があるんでしょうか。
マメ科のフジはS巻き(左手、左ねじ)だが、ヤマフジはZ巻き(右手、右ねじ)であり、この違いは種の同定する時の判別ポイントの一つとなる。
S巻きの植物の例マツブサ科マツブサ、マメ科フジ・ナツフジZ巻きの植物の例ツツラフジ科ツヅラフジ・コウモリカズラ・アオツヅラフジ、アケビ科アケビ・ミツバアケビ、マメ科ヤマフジ、ヒルガオ科アサガオ
他にはキキョウ科ツルニンジン・バアソブ、タデ科ツルドクダミのように、同一個体が両方の巻きを取り得るものもある。
と書いてあった。
かつて高校生だった頃マーチン・ガードナーの「自然界における左と右」という本が本棚にあった。読んでみてもよく分からなかったが,渦の出来方が右なのか,左なのかという話があったように記憶している。低気圧や高気圧,台風の渦の出来方など,何か右,左について興味があったのだと思う。その時にお風呂の水を抜いたときにできる渦は右巻なのか,左巻なのかと真面目に悩んでいた。風呂の排水口は真ん中ではないので水の渦の出来方は偏っているだろうという勝手な考えで確かめることをやめてしまった。あれからン十年も経っている。しかし毎年ネジバナを見るといまだにお風呂の排水口にできる渦が頭の中に浮かんで来てめまいさえする。そして自分の考えも高校時代からちっとも進歩することはなく,かえって渦を巻くめまいとして止まっていることにまためまいを憶える。たしかヒッチコックの映画の中に原色の渦が出てきてめまいを起こす場面の映画があった。あの時にヒッチコックの映画の魅力っていつの間にか渦のような何かに巻き込まれている不条理さにあるんだなと思った。自然界には不思議なことがいっぱいあるといつも思う。

伊豆沼 325s
コシアキトンボ

伊豆沼 439-2s
ウラナミアカシジミ

IMG_5866トホシカメムシsトホシカメムシ

伊豆沼 112s
コフキトンボ♀ ♂もいっぱいです。

今日は写真いっぱいですが,最後に一枚だけ二宮金次郎さんの銅像を見て気付いたことを見ていただいて「落ち」とします。

IMG_5903-2s.jpg
二宮金治郎さんの視線に注目して下さい

何と二宮金治郎さん,手元の本を読んでいないのです。
びっくりです。今までずっと二宮金次郎さんは本を読んでいたと思い込んでいました。だから刻苦勉学に励んだことで銅像になったと思っていました。
今このことを書きながら自分ながら「ちょっとくだらない」と恥じ入っています。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村