FC2ブログ

新・遠野物語-春蚕の出荷-

IMG_5617-2s.jpg
繭の美しさ

宮城県内でも,もう十軒ほどしか残っていない蚕農家の一軒を登米市石越町に訪ねています。
スケジュール通りに蚕は生繭のまま出荷されていきました。80キログラム弱の生繭は,一個一個丹念にチェッされていました。中の蛹が死んでいる繭は出荷できず,取り除かれていきます。透過光でチェックすると中の蛹が死んでいると,黒くなっているので選別できるのだそうです。しかし取り除かれる繭は百個に一個くらいだけで殆どがOKです。繭研きをした後の繭は美しい楕円状で肌ざわりがとても良く,光に透かしてみると梅雨空の暗い雲の下で一際白く輝いていました。ここの蚕農家さんでも半分ほどに規模を縮小して,更に春蚕(はるさん)と秋蚕(あきさん)しか行わなくなったのだそうです。規模を縮小したとはいえ,三齢終わりで入荷した蚕の幼虫は卵にすれば60000個弱になります。これが繭になった場合約100キログラムになります。この100キログラムの内20%程の20キロ弱が生糸になります。あとの80キログラムが蛹の重さというわけです。蛹は蛹で加工され,鯉の餌や肥料になりますが,最近6/29日付けの日本農業新聞によれば九州大で蚕がコロナワクチン開発の可能性と出ていました。従来より蚕から薬を取るという事実がありましたから大いに期待したいです。

DSC_7484-2s.jpg
出荷前の選別作業  透過光でチェックすると中の蛹が死んでいると,黒くなっているので出荷せず取り除かれるのだそうです。しかし取り除かれる繭は百個に一個くらいだけで殆どがOKです。

私は今回この蚕農家の見学をしてつくづく感じたことがあった。遠野で有名な「オシラサマ」というのは「お白さま」のことで,蚕のことだと合点がいったのである。幼虫も繭も白く美しい。美しい糸をつくる御蚕様(おかいこさま)と呼ばれるのも納得できる。ここで柳田國男の遠野物語の「オシラサマ」の項を改めて読んで見ましょう。
六九 今の土淵村には大同(だいどう)という家二軒あり。山口の大同は当主を大洞万之丞(おおほらまんのじょう)という。この人の養母名はおひで、八十を超えて今も達者なり。佐々木氏の祖母の姉なり。魔法に長じたり。まじないにて蛇を殺し、木に止とまれる鳥を落しなどするを佐々木君はよく見せてもらいたり。昨年の旧暦正月十五日に、この老女の語りしには、昔あるところに貧しき百姓あり。妻はなくて美しき娘あり。また一匹の馬を養う。娘この馬を愛して夜になれば厩舎(うまや)に行きて寝ね、ついに馬と夫婦になれり。或る夜父はこの事を知りて、その次の日に娘には知らせず、馬を連つれ出して桑の木につり下げて殺したり。その夜娘は馬のおらぬより父に尋ねてこの事を知り、驚き悲しみて桑の木の下に行き、死したる馬の首に縋すがりて泣きいたりしを、父はこれを悪にくみて斧をもって後うしろより馬の首を切り落せしに、たちまち娘はその首に乗りたるまま天に昇のぼり去れり。オシラサマというはこの時より成りたる神なり。馬をつり下げたる桑の枝にてその神の像を作る。その像三つありき。本もとにて作りしは山口の大同にあり。これを姉神とす。中にて作りしは山崎の在家権十郎ざいけごんじゅうろうという人の家にあり。佐々木氏の伯母が縁づきたる家なるが、今は家絶えて神の行方ゆくえを知らず。末すえにて作りし妹神の像は今いま附馬牛村にありといえり。
いなくなった娘を案じて,父は娘を探して大いに嘆いていたところ,父の夢に娘が出てきてこう言ったという。「お父さまよ。心配されるな。私も今達者に暮らしています。明日の朝,馬を吊した桑の木の下を見て下さい。桶の中に沢山の蚕を置いておきます。これを育てて私が働けなくなった分の収入に充ててください」と夢で告げたという。これが蚕の始まりであり,桑の木と蚕との関係である。実際に学説ではどう解明されているのかは分からないが白い蚕や繭が「オシラサマ」であることは私には腑に落ちた。

DSC_7518-2s.jpg
繭を切ってもらった 蛹はもう少しでカイコガになるという手に持ってみたらくねらせるように動いた

繭を出た成虫としてのカイコガは,飛べないし,そのまま死んでしまうと言う。究極まで家畜として改良され続けた結果である。自分でカイコガを育て卵を取ることは種苗法という法律によって禁止されているという。専門の機関でしか採卵や孵化は行えないという。今年配蚕(はいさん)されたカイコは「春嶺×鍾月」で糸の生産性が高い品種だという。すべて専門の機関で研究,交配されたものがスタンダードとして各蚕農家に配られるわけである。ただし産卵した卵は一年しかおけず,毎年更新され続けていくという。それも苦労なことだと感じた。

DSC_7554-2s.jpg
袋に詰められた蚕の生繭は買い付け専門指導官が計量し,製紙工場へ送られていく。

今年の作柄を聞くと,暖かい気候で順調だったという。温度管理が大切な時期に暖かく24℃という管理温度を保ちやすかった結果良い作柄になったと言っていた。

何よりも毎年ながら出荷までやり終えて,ご夫婦は一安心したようです。毎日毎日おいしい桑の葉を与え続け,温度管理に気を遣い立派に蚕を育て上げたご夫婦のきまじめさにまた百姓の底力を感じて感銘を受けた。

尚,秋蚕は9月初めに配蚕されるそうなので9月にまたこの記事を続けたい。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村