FC2ブログ

新・遠野物語―栗駒山の幻の名―

栗駒の星 065-2gs
栗駒山天狗岩

ある本に栗駒山に満徳成就寺という幻の寺があったと書いてあった。
安永風土記の平泉村毛越寺書出に金鶏東「金峯社跡」とあり,すでに安永4(1775)には神社跡になっていると書いてある。本尊は蔵王権現,別当は金剛院鳥屋ヶ崎坊となっている。
この金峯社の説明に次のようにある。山伏としての修行を積んだ後,「其後満徳山須川嶽の最上に登り修行成就を表示仕候由満徳山一名は烏帽子形山とも申候・・・」山伏が修行を終えた後,お祝いに栗駒山に登り,頂上で修行完了を報告したので須川嶽つまり栗駒山が満徳山と言われている時代があったということです。このように栗駒山頂上で晴れて山伏になった者は,奥羽二国(仙台藩出羽国)の山伏1萬余人に及ぶ。と書いてあります。

この栗駒山の中腹,「今は山の八分目程に。大石三つあり(昔は二つだったらしいが大地震で三つになったらしい)この大石二つを大日石と言う。其故に山を大日嶽と云るとぞ。」栗駒山を大日嶽というのは秋田側の栗駒山の呼び名です。そして山の下に成就寺という天台宗の寺があったと言います。

栗駒の星 068-2gs
天狗岩

まとめます。
栗駒山を満徳山と言った。
山の八合目付近大岩三つ(天狗岩のことでしょう)

多くの山伏達が声を張り上げて栗駒山の頂上で一生を仏に捧げる誓いを立てる様子が目に浮かびます。

スポンサーサイト