FC2ブログ

「おきなぐさ」の場所

4月の晴れ4.6 004-2s
長沼の夜

マガン羽数合同調査結果です。でも今週末最新の調査が行われるでしょう。 
伊豆沼・内沼蕪栗沼  化女沼
2013.2.842.01265.1028.022

こちらはだいぶ日の出も早くなってきましたし,夕方,ガンたちが帰ってくるのも午後5時過ぎになっています。
しかし寒い日が続いています。

たねまき桜4.29 160-2s桜花散りてほの明るく

 昨晩(20日)のテレビ番組「80年後のKENJI」を楽しみに観ました。いくらCGが発達したといっても賢治の作品の雰囲気は変わらないんだなあと納得してしまいました。

最近こういう記事を見つけました。
【文化庁eBooksプロジェクト】宮澤賢治「四又の百合」:表題作等8篇を収める短編集、賢治と同じ東北出身の棟方志功の版画「雨ニモマケズ」など貴重な装丁を電子書籍で。紀伊國屋書店特設サイト
このページを見ると,無料でダウンロードできるようです。
k-kinoppy.jp/kinokuniya/bunka/ … #bunka_eBooks #mext

花もて語れ 6 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)花もて語れ 6 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
(2012/11/30)
片山 ユキヲ、東 百道 他

商品詳細を見る

さて,先回紹介した漫画「花もて語れ」の6巻目には,宮澤賢治の「おきなぐさ」と「注文の多い料理店」が入っています。最初に出てくるのが「おきなぐさ」ですが,主人公のハナと満里子は賢治が見た「おきなぐさ」の景色を見に行くという設定です。作品の中では
それは小岩井農場の南、あのゆるやかな七つ森のいちばん西のはづれの西がはでした。かれ草の中に二本のうずのしゅげがもうその黒いやはらかな花をつけてゐました。
という記述から七ツ森の中の生森山(おおもりやま)ではないかと見当をつけるのです。果たしてすっかり記述通りの景色をみつけるようです。

いずれにしても賢治はここより西にある御明神という場所に行く途中で立ち寄ったとする記述があるそうですから。(御明神に何をしに行ったのかという疑問も残りますが・・・。)


春になったら,七ツ森や小岩井農場辺りを歩いてみたいものだと思いました。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

Re: タイトルなし

花巻,北上川と宮澤賢治との関係からいろんなアプローチが考えられそうですね。時間があれば調べられるんですが・・・。

賢治、見ました。見ているうちにどんどん引き込まれましたよ。あっという間の時間経過!良かったです~。(やっぱり、外付けHDを買おうかなぁ・・?)
昨日、さっそく「喚山神社」に行ってみました。やっぱり、河川管理は大事業ですね。近くの広い耕土にガン達が群れていました。
非公開コメント