FC2ブログ

2/26今日の伊豆沼

目をつけて 2013-02-26 050s
2/26 -5℃くらいの寒い朝が続いている伊豆沼です。
2/22日にマガン羽数調査が行われました。その結果です。

        伊豆沼・内沼   蕪栗沼      化女沼
2013/02/22  46,726   43,462   8,346
少しずつ減ってきていますね。
ところで「雁風呂」という話を知っていますか。いいお話だなあと思います。
日本に秋に飛来する雁は、木片を口にくわえ、または足でつかんで運んでくると信じられていた。渡りの途中、海上にて水面に木片を浮かべ、その上で休息するためであるという。日本の海岸まで来ると海上で休息する必要はなくなるため、不要となった木片はそこで一旦落とされる。そして春になると、再び落としておいた木片をくわえて海を渡って帰っていくのだと考えられていた。旅立ちの季節が終わりもう雁が来なくなっても海岸にまだ残っている木片があると、それは日本で死んだ雁のものであるとして、供養のために、旅人などに流木で焚いた風呂を振る舞ったという。 (wikiより)

目をつけて 2013-02-26 036-2
沼の小道

 今日は子どもたち相手に「友だちになろう」というワークショップを開きました。
 身の回りにあるものに「めだま」を付けて,新しい友だちをつくってみようというものです。案外と盛り上がりトイレにまでめだまを付けていました。
下の写真は,まどに目をつけたものですが,よく見ると窓の向こうの雲や太陽や青空に目がついているようでおもしろくなってパチリ。
目をつけて 2013-02-26 168s
北天の桜
単純だけど目玉を付けるとにわかに友だちに見えたり,友だちになってしまうというそんな気軽さがほほえましく感じられました。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

Re: タイトルなし

踊るヘンテコリンさん。元気でやってますか。仕事が忙しく大変でしょう。区切りがあったらと思いますが,余裕なく過ぎていくものですね。そのうちに一緒に山にでも行きたいですね。

Re: タイトルなし

> 忘れていましたけれど、「雁風呂」って言葉、聞いたことがありました。
> 帰れなかった雁たちへの供養として、浜に落ちていた木片で風呂を焚き、旅人にふるまう…
> なんて優しいのでしょうね。
> 同じ日本人として、この繊細な優しさを誇らしく思いました。
> わたしも、誰か大切な人に教えてあげたくなりました。

この話のガンたちももそろそろ帰り支度のようです。分散を始めました。

忘れていましたけれど、「雁風呂」って言葉、聞いたことがありました。
帰れなかった雁たちへの供養として、浜に落ちていた木片で風呂を焚き、旅人にふるまう…
なんて優しいのでしょうね。
同じ日本人として、この繊細な優しさを誇らしく思いました。
わたしも、誰か大切な人に教えてあげたくなりました。

 こんばんは。御無沙汰しておりました。春を感じる日差しになってきましたね。窓の目は、大自然が生み出す空の表情とのコラボレーション作品ですね^^
非公開コメント