FC2ブログ

今シーズンの伊豆沼を振り返る

朝1.10 2013-01-10 244s
1/10朝
写真は1/10。今年の寒の底はこの週に訪れました。例年にない早さでした。寒さが前倒しされた形でやってきたのです。
10・11月はどうだったかというと,寒さで朝靄が立つ「けあらし」の現象が少なく暖かく進み,年を越して急に寒さが訪れたという感じがします。マガンの訪れは例年通りの9月17日辺りだったのですが,当地は夏の暑さが遅くまで残っていたのでした。
そして例年,立春を境に少しずつ暖かくなるのですが,今年は雪が消えず寒さの底が2月中旬まで続いた感があります。
朝1.10 2013-01-10 156s
今シーズンの鳥見の特徴は?と聞かれると,コミミズクは来なかったし,タンチョウヅルも来ませんでした。何か見どころが少なかった盛り上がりに欠けるシーズンだったかもしれません。マガンは少し多め,ハクチョウは3000強,毎年増えつつあるのが実感できました。そういえば11月に台風に乗って,クロハラアジサシが大群でしばらく沼にいました。
朝1.10 2013-01-10 111s
シジュウカラガンは確実に増えているそうで,化女沼方面では200を超える群れになっていたそうです。ハクガンは確認されませんでした。その代わりと言っては何ですが,小鳥たちが目立ちました。ミヤマホウジロも内沼ではよく見られました。
朝1.10 2013-01-10 247-2s
沼にはまだガンがいくらか残っています。こんな時期まで残っているのは少し珍しいと言っていいでしょう。これから伊豆沼にどんな鳥が渡りの途中で寄ってくれるのか,楽しみです。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

Re: タイトルなし

自然は嘘をつかないんです。待っていると必ず見せてくれる。待つ心と慕う心があれば最高のものを見せてくれると思います。

今年の伊豆沼では、新たな発見がたくさんありました。「道」「神社」「寺」「遺跡」・・・
もちろん、色々な鳥達とも会えました。
そして、これから会える鳥や動物たちにも期待しています。
非公開コメント