FC2ブログ

6月のさんぽ道「読者が選ぶこの一冊」後半

いろいろ 176s
わたしのさんぽ道6月
さんぽ道も久しぶりです。もうクワガタムシも出てるかなと思って行ってみました。まだでした。チョウを見ていたらジャノメチョウが目立ちます。なんだか変です。まるで盛夏のようなチョウのラインナップです。ヒカゲチョウもいたりします。
いろいろ 101s
こんもりと茂った緑

さて,今日は岩波文庫の「読者が選ぶこの一冊」の後半ですね。

第6位「論語」どの話が印象に残るかという気軽な読みもまたいいものです。
第7位「寺田寅彦随筆集」(全5冊)
岩波文庫でしか読めない話もあって,ちょっとの合間に読むにはいいかも。
第8位「坊ちゃん」夏目漱石
なんと夏目漱石でトップテン入り2冊,岩波文庫だからできるひいきですね。昔,岩波文庫というと何かインテリの入り口みたいなあこがれを持っていました。安いということもありましたね。だから本棚には岩波文庫がいっぱいあります。
第9位「武士道」新渡戸稲造
世界から見た日本人を定着させるという試み。日本人の繊細な面とまじめさ。そこに通底しているものは何か。
いろいろ 066s
雨の伊豆沼

そして,第10位「モンテ・クリスト伯」(全7冊)
これ,まだ読んでいないんです。でも名作中の名作だと言うことは知っています。
ベスト10の中で唯一の外国作品ですね。もっと外国作品があってもいいですよね。トルストイやドストエフスキーとかね。
いろいろ 156s
イチモンジ

ちょっと出てこないものから,自分の好みで選び出してみましょう。勝手にですよ。
あんまりアカデミックだけに走らず,堀辰雄や武者小路実篤なんかもあっていいですね。シェークスピアも入れたいですね。ゲーテやトーマス・マンも入れたいですね。ラテンアメリカ文学もボルヘスあたりを入れておきましょう。
いろいろ 139s
スイカズラも咲き始めました。辺りには甘い香りが漂います。

経済学からも入れるとマルクス,ケインズあたりでしょうか。
そうそう,社会科学分野のマックス・ヴェーバーの「プロテスタンティズム・・」も入れておきましょう。
いろいろ 072s
沼のほとりに咲いていたニッコウキスゲ。山に咲くニッコウキスゲとどう違うのでしょう。いろいろ比べてみたんですが,同じでしたよ。
雄国沼の昨年のニッコウキスゲは当たり年だったようですね。今年はどうでしょうね。
栗駒山の世界谷地のニッコウキスゲは昨年は7/1辺りがピークでしたね。しかし,晴れなかったなあ。梅雨の真っ最中ですから。
いろいろ 056s
ところでこの写真。伊豆沼の水面にでできたハスの葉なんですが,なんとこんなに広がるんですね。両端で6-8メートルくらいはありますよ。まず最初に伸びる部分がもっとも遠くまで伸びていく。水生植物の領地を取るための作戦なんですね。頭いいですね。

あっ。読者が選んだベスト10。これは投票ですからね。販売部数ではありません。ちなみに岩波文庫の販売部数でみると,第1位は「ソクラテスの弁明・クリトン」プラトンです。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事