FC2ブログ

雲の文様

夕焼け
雲(伊豆沼 7/9)

なにやら不気味なくらい赤かった夕焼けが終わって,沼に立ち寄ると低く立ちこめた雲が文様をつくっていました。何の変哲もない一日の終わりに何か意味があるような光景に出合うと日常の輪郭が変わってしまったように思えます。
何も思い出せない今日という日に重要な意味を見つけ出そうとする自分。

そうだ。庭のシャラの木に一輪だけ白い花が咲いた日だ。

そうだ。いつも一人分しかいれないコーヒーを3人分もいれた日だ。

オオタカの目つきにじっと見入った日だ。

そうだ。犬が素直にだっこできた日だ。(いつもいやがって唸る)

そうだ。飛んでいくカワラヒワの体の黄色の線が妙に鮮やかに見えた日だ。

テレビの星占いが2位で,新しい出逢いがある日だと言っていた。何との新しい出逢いだったのだろうか。

わからない。

ただ,一日の終わりの雲の文様を見て

何も思い出せない今日という日に重要な意味を見つけ出そうとする自分がいた。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事