FC2ブログ

栗駒山の「ことなし草」-夫木抄-

20131102-栗駒星 407gs
栗駒山の松(ハイマツ)

栗駒山の文献を漁っていたらちょっとおもしろそうな言葉を見つけたので,今日はそのことを話します。
その言葉とは「ことなし草」という植物です。一体なんの植物なのという話です。

夫木抄には「みちのくの栗駒山のほうのきのまくらはあれど君が手まくら」という歌があってこの歌は有名です。六帖には人丸と作者が載っているそうです。

この歌がある「夫木抄」は36巻からなる17370首の歌を集めた歌の風土記のようなもので藤原朝臣長清が自撰したそうです。成立が延慶2年というから1309年のことです。

以前菅江真澄の訪ねた栗駒山を紹介した時に,どうも歌われていたホオノキは栗駒山特産のホオノキのようだという話をしました。その記事を引用します。


 文化十一年と言いますから,1814年のこと。菅江真澄は五月から秋田県南部の雄勝郡にいました。そして翌年三月までの間,この栗駒山に登ったりしたようです。「駒形日記」には東成瀬村から現在の国道342号を南下して栗駒山に辿り着いた日記があります。引用します。
--------------------------------------------------------------------------------
檜山(雄勝郡東成瀬村)の高橋の家を出て,朴木台(ほおのきたい)という萱原をはるばると行った。むかしこのあたりはみな陸奥の国であって,柿本人麻呂の「みちのくの栗駒山の朴木の枕はあれど君が手枕」とよんだ朴木も,ここから産したのであろう。だから栗駒山の麓に,このような朴木台の地名もあるのだろうか。ある医師(くすし)が言うには,もろこし(中国)から渡来した厚朴(ほお)に似た厚皮(くすり)になる木がここにある。同じ朴木の種類であるが他所の朴木と違い,この駒岳(こまがたけ栗駒山のこと)でなければない朴木だと言っていた。そのようなわけで古くから,この木皮を採って薬とし,幹では木枕をつくって献上したのだろうか。
--------------------------------------------------------------------------------
つまり栗駒山のホウノキは特別な効能のある薬となっていたということです。

「みちのくの栗駒山の朴木の枕はあれど君が手枕」
ホオノキの枕。なんておしゃれなプレゼントでしょうか。(引用おわり)


この「夫木抄」を先日読んでいたら,この他にも栗駒山を歌った歌が三首ありました。
その中の一首を読んでいて目に止まりました。

世界谷地 017-2s
立ち待ち月昇る夜の世界谷地ニッコウキスゲロード

「栗駒の松にはいとど年ふれとことなし草そおひそめにける」
訳すと「栗駒山の松は本当に長い年月の間生きてきたのだから無事という名を持つことなし草が松の上には生い茂っているのだよ」となるでしょうか。(この訳は「歌語の輪郭-ことなし草をめぐって-」木下華子 参照)

「ことなし」を辞書で調べてみますと,「①無事である。何の障りもない②やさしい。容易である③欠点がない非難すべき点がない」と載っています。①の無事であるという意味にとれるでしょう。ただことなし草とはどんな植物なのでしょうか。いろいろぐぐってみると,忍草(しのぶぐさ)と同じ,壁にはうように,軒先に無事を祈って飾るというようなイメージがあるのです。そこで忍草って何ということになり調べますと「ノキシノブ」という植物になります。

「栗駒の松にはいとど年ふれとことなし草そおひそめにける」この歌の松は待つという意味を掛けていますから,栗駒山の松と同じように(わたしも)長く耐えてあなたを待っているよという意味にもとれます。
この歌はよみ人知らずの項にあったので,だれが詠んだ者かはわかりませんが,枕草子の第六十六段「草は」では
ことなし草【不詳】は、思ふ事をなすにやと思ふもをかし。
 しのぶ草【ノキシノブ】、いとあはれなり。
と分けて書いているところをみると,ことなし草と忍草は別の植物だと区別されるかもしれません。

実は今日の写真はニッコウキスゲの写真なのです。

「わすれ草を忍草とや言ふ」考え方があるそうです。するとわすれ草は「カンゾウ」のことを言うそうですから,ニッコウキスゲの仲間になってきます。

ことなし草(不詳)=忍草(ノキシノブ)=わすれ草(カンゾウ)と見ると,世界谷地に咲きそろうニッコウキスゲのことを知っている人であれば,ことなし草にニッコウキスゲの意味を付けたとしたらこれまたおもしろくなります。

ニッコウキスゲ

強引すぎる意味ですが,栗駒山のことを知る人であるならば,栗駒山とニッコウキスゲを結びつけたくなる気持ちになったとして読んで見ましょう。なんだか不思議にぴたっとはまる気持ちになります。

「栗駒の松にはいとど年ふれとことなし草そおひそめにける」
この歌を曲解すると,「栗駒山の松と同じように(わたしも)色も(気持ちも)変わらず長く耐えてあなたへの思いを持ち続けるけれど,ことなし草(カンゾウ,ニッコウキスゲ)が一日咲いては枯れてまた一日咲いては枯れる花で覆い尽くされそうだわ」という悲恋のミステリーな意味合いにもとれるわけです。むりやりだな。

世界谷地7.1 086s
世界谷地のニッコウキスゲ

世界谷地 035-2s
栗駒山 世界谷地星夜(6/25撮影)


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事